ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECがけん引する国内SDN市場

公開日:
IT専門調査会社 IDC Japan は8月16日、国内SDN市場のベンダーシェアを発表した。それによると、ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECの3社が他を圧倒してシェアを獲得していることがわかった。
ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECがけん引する国内SDN市場

注目を集めるSDNとは

SDN (Software Defined Networking)とは、 ソフトウェアによって仮想的なネットワークを作り上げる技術のこと。

富士通によると、スマートデバイスの普及に伴う利用者環境の変化、クラウドサービスの業務利用、コミュニケーションツール(メール、音声、映像など)などサービス提供環境の変化を背景として、企業ネットワークにおける「即時性」・「運用性」・「信頼性」・「最適化」・「性能」の課題を解決する技術として注目されているという。

この調査では、SDN市場の主要構成要素であるSDNコントローラー市場を、ソフトウェアライセンスとして提供されるNVO(Network Virtualization Overlay)ソフトウェアとSDNコントローラーアプライアンスに分けて分析し、2017年の市場におけるベンダーのシェアを調査した。

その結果、市場ではヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECが突出していることがわかった。

ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECが市場をけん引

出典:「国内NVOソフトウェア市場/SDNコントローラーアプライアンス市場 ベンダー別分析、2017年」IDC Japan

まず、2017年の国内NVOソフトウェア市場は、ヴイエムウェアが70%以上のシェアを占めている。その理由として、「強固なサーバー仮想化の顧客基盤」「データセンター自動化の過程への適切な位置付け」「マイクロセグメンテーションという武器」という3つの戦略的理由があるとIDCでは分析している。

次に、国内SDNコントローラーアプライアンス市場は、シスコシステムズとNECが市場をけん引し、シェアを2社で分け合う状況になっている。シスコシステムズは、データセンターSDNのCisco ACIが2017年の成長をけん引した。同社のデータセンター向けイーサネットスイッチに対する高いロイヤルティと、ACIの持つポリシーの一貫性やデプロイメントの容易さが評価されているとIDCではみている。

一方、NECは、最初にSDN製品を市場に投入したベンダーの一つだ。国内SDN市場、特に企業ネットワークSDN市場を孤軍奮闘しながらけん引してきた。同社のSDNソリューションは、企業ネットワークを中心に、マルチテナントネットワーク仮想化やセキュリティ防御を得意領域としている。2017年は、「自治体ネットワーク強靭化」に伴う需要増加に加えて、製造業の次世代工場ネットワークソリューションなど新たな領域への展開を進め着実に実績を上げてきているという。

IDCでは、SDNについて、市場はデジタルトランスフォーメーション(DX)時代の柔軟性や迅速性を実現する次世代ネットワークを求め始めていると予測している。この市場の変化に、SDNベンダーはどう対応すべきか。

IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーである草野賢一氏は次のように述べている。

「DX時代に求められる「次世代ネットワーク」という旗印の下で、現在のSDN技術に加えて、クラウド管理型ネットワークやAIを活用したネットワークソリューションを早急に再構築すべきである」(草野氏)