金融関連サービスは「オンラインバンキング」が最多、利用経験4割―MMD研究所

最終更新日: 公開日:
MMD研究所は「金融関連サービスに関する調査」を実施、8月24日にその結果を発表した。それによると、金融関連サービスで利用経験が多いのは「オンラインバンキング」だった。また、女性よりも男性のほうが利用に積極的なこともわかった。
金融関連サービスは「オンラインバンキング」が最多、利用経験4割―MMD研究所

テクノロジーの進化が巻き起こした金融の変革の波

テクノロジーやインターネットの進化は金融業界にも革命を巻き起こしている。キャッシュレス決済は、いよいよ各社が本格的に動き出し、競争が激化している。

インターネット上で振込や口座残高を確認できる「オンラインバンキング」や、オンラインバンキングをスマートフォンで行えるアプリなど、利用者にとっては便利なツールが続々と登場している。

そこで、MMD研究所は、その実態を把握するため「金融関連サービスに関する調査」を実施した。対象は15歳~69歳の男女5,000人、期間は2018年7月31日~8月1日である。

その結果、金融関連サービスで利用経験が多いのは「オンラインバンキング」で、男性の方が女性よりも積極的に活用していることがわかったという。

利用経験最多は「オンラインバンキング」、認知度最高は「仮想通貨取引所」

出典:プレスリリース

まず、調査対象者全員に、金融関連サービスについて聞いたところ、利用経験がもっとも多かったのは「オンラインバンキング」で41.0%、次いで「銀行アプリ」20.9%、「クレジットカードアプリ」15.9%となった。

一方、利用経験が5%未満だったサービスは「ロボアド投資」「iDeCo(イデコ)」「仮想通貨取引所」「ソーシャルレンディング」と、比較的新しいサービスが並んだ。

利用経験者を除き、認知度だけ見ればもっとも高かったのは「仮想通貨取引所」52.2%、次いで「NISA」47.4%、「家計簿アプリ」47.3%であり、「ロボアド投資」や「ソーシャルレンディング」は認知度に関しても低かった。

認知度が高いサービスは、メディアなどで話題になることが多いものだ。特に「仮想通貨取引所」は、コインチェックの流出事件が大きく報道され認知度が高まったものの、利用経験は3.5%と実際に利用した人は少なかった。

【男女比較】男性が金融関連サービス活用に積極的

出典:プレスリリース

金融サービスの利用経験を男女別(男性n=2,514、女性n=2,486)で比較してみると、利用経験が多いのは「オンラインバンキング」「銀行アプリ」「クレジットカードアプリ」の順で同じであった。

また利用経験者全体でみると、男性の方が女性より金融関連サービスを積極的に利用している傾向がうかがえる。

女性が男性よりも多く利用していたのは「家計簿アプリ」(男性9.8%、女性11.9%)のみであり、主婦の女性を中心に利用者が多いことが要因だと考えられる。

【年代比較】10代が「銀行アプリ」、20代~60代が「オンラインバンキング」の利用が最多

出典:プレスリリース

また年代別に利用状況を比較したグラフをみると、それぞれ特筆すべき特徴が見えてくる。

10代は、PCよりもスマートフォンの利用率が高い世代でもあり、アプリ利用率の高さがうかがえる。しかし働いている人の比率が少ないこともあり、全体として金融サービスの利用率は低い。

20代は、ロボアド投資、仮想通貨、ソーシャルレンディングの利用経験者が他世代よりも多く、新しい金融サービスへの意欲がもっとも高いといえる。

30代はオンラインバンキングや銀行アプリなどはもちろん、新しいサービスへの意欲も20代に次いで高く、広く幅広くサービスを利用している。

40代は傾向としては30代と似ているが、20・30代と比較すると、ロボアドや仮想通貨など、新しい金融サービスの利用率は30代と比べて急に低くなる傾向だ。

また50代になると、家計簿アプリの利用は減り、NISAで老後の備えをする人が増えはじめる。NISAの利用経験者は60代がもっとも多いという結果だった。

「楽天銀行」が利用率トップ

出典:プレスリリース

続いて、利用している各金融サービスを聞いた(複数回答可)。その結果、オンラインバンキングの利用上位3サービスは「楽天銀行インターネットバンキング」がトップで38.3%、次いで「ゆうちょダイレクト」が30.7%、「三菱UFJダイレクト」が27.2%となった。

出典:プレスリリース

また、銀行アプリの利用上位3サービスは「楽天銀行」がトップで34.4%、次いで「三菱UFJ銀行」が30.2%、「三井住友銀行」が26.7%となった。

オンラインバンキングやアプリ、QR決済などの利便性だけではなく、未来にむけて自分でお金を増やすための投資サービスも、今後は増えていくだろう。