通信事業者向けネットワーク機器市場 5Gへの投資が回復のカギ

IT専門調査会社 IDC Japan は9月4日、通信事業者向けルーターと通信事業者向けイーサネットスイッチからなる通信事業者向けネットワーク機器市場の2017年実績と予測を発表した。これによると、2017年の国内通信事業者向けネットワーク機器市場は、前年比成長率マイナス7.0%の898億8,600万円となった。しかし、2018年の市場は3年間続いた低迷から抜け出すと予測している。。

通信事業者向けネットワーク機器市場 5Gへの投資が回復のカギ

低迷続く国内通信事業者向けネットワーク機器市場

出典:「国内通信事業者向けネットワーク機器市場 支出額実績と予測、2008年~2022年」IDC Japan

調査によると、2017年の通信事業者向けネットワーク機器市場は、前年を大きく下回り成長率マイナス7.0%、898億8,600万円だった。

これは、IDCが同市場に関する調査を始めた2008年以降、もっとも低い水準であり、LTEサービス向け投資が一巡した2015年以降、3年間低迷は続いているという。

しかし一方で、明るい兆しもあるという。増え続けるトラフィック増加と5Gサービス開始だ。

トラフィックとはネットワーク上でやりとりされるデータ量のこと。総務省の情報通信白書平成29年度版によれば、トラフィック量は年々増加している。

出典:総務省「情報通信白書」平成29年度版

また、5G移動通信システムの2020年導入に向け、産学官連携による活動が進められている。ソフトバンクがモバイル通信のコアネットワークで「セグメントルーティング」を導入したこともあり、こうした次世代技術の実装は、今後も進むものとみられている。

2018年には低迷脱出へ。2019以降も5Gへの投資が加わり市場は回復

このような背景のもと、2018年は2017年を7.5%上回り、3年間続いた市場の低迷から抜け出すとIDCは予測している。

さらに、2019年以降は、2018年の回復基調に5Gサービスに向けた投資も加わる。このため、国内通信事業者向けネットワーク機器市場の2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、6.8%と予測している。

ただし、市場の回復は比較的緩やかだとしてしている。これは、5Gサービス開始時点では、既存LTEサービス用設備の増強が中心になるため、LTEサービス開始時ほどの設備投資が必要ないと考えられるためだ。

また、市場規模も、2022年時点でもLTEサービス向け開始時である2010年と同水準の1,250億2,300万円に留まると予測している。

市場は今後、通信事業者ネットワークの次世代化において、オープン化やネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアを分離するNetwork Disaggregation、さらにはソフトウェアの内製化も現実味を帯びてくるという。