11月3日「文化の日」は無料スポットがたくさん | 意味や由来は?

公開日:
11月3日に定められている祝日「文化の日」は、憲法交付日に由来しています。なぜ憲法交付日が文化の日となったのでしょうか。また文化の日は「文化に親しむ日」として多くの美術館や博物館で入場料が無料となるほか、文化の日は天気が良い確率が高く「晴れの特異日」としても知られています。
11月3日「文化の日」は無料スポットがたくさん | 意味や由来は?

文化の日とは

文化の日とは、国民の祝日の一つです。文化を称えることを目的として11月3日に定められました。文化の日の他にも、文化と関連する「まんがの日」「レコードの日」「文具の日」も11月3日が記念日です。

文化の日には毎年、文化勲章の授与や文化功労者の表彰が行われます。また日本の伝統技術・文化を振り返るイベントが各地で開催されます。

文化の日の意味・由来

国民の祝日に関する法律では、文化の日の趣旨を「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と定めています。

1946年11月3日、日本国憲法が公布されました。日本国憲法では平和と文化を大切にしています。これを踏まえ1948年、11月3日を「文化の日」としました。ちなみに憲法が施行された5月3日は「憲法記念日」と定められています。

文化の日の元々の名称

今でこそ「文化の日」と名付けられていますが、文化の日と命名される以前から、11月3日は祝日でした。元々は明治天皇の誕生日を記念する祝日で、明治期には「天長節」、昭和初期には「明治節」として親しまれていました。

しかし戦後のGHQ統制下で天皇を祀る記念日は廃止され、明治天皇の誕生日は「文化の日」へと改められました。

文化の日は無料イベントがたくさん

文化の日は、文化に親しめるよう多くの美術館や博物館、科学館、ミュージアムが無料解放され、イベントも多数開かれます。

たとえば国立科学博物館や国立西洋美術館は常設展への入場料が、浜松市楽器博物館は入場料が、広島市こども文化科学館ではプラネタリウムが無料となります。他にも、11月3日に無料で入れる施設はたくさんあります。

この機会に文化の秋を楽しんではいかがでしょうか。

国立科学博物館(東京・上野)
国立西洋美術館(東京・上野)
浜松市楽器博物館(静岡県浜松市)
広島市こども文化科学館(広島県広島市)

文化の日のまとめ

文化の日は憲法交付日に由来しており、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日として祝日に定められています。そのため、全国各地で文化に親しめるイベントが開かれます。入場料が無料となる美術館や博物館も多くあります。

そして文化の日は毎年全国的に高い確率で晴れる「晴れの得異日」として知られていて、屋外イベントも多く開催されます。