鉄道の日はいつ?2018年の記念きっぷや横浜でのイベント情報も

公開日:
鉄道開通を記念して制定された鉄道の日には、その記念行事や記念きっぷの発売など、さまざまなイベントが開催され賑わいを見せます。 しかし鉄道の日とは一体いつなのか、どんな由来があるのかなど、知らない方も多いと思います。そこで、本記事では知っているようで実は知らない、鉄道の日にまつわる話を紹介します。
鉄道の日はいつ?2018年の記念きっぷや横浜でのイベント情報も

鉄道の日はいつ?

鉄道の日は10月14日です。

鉄道は開通以来、人や物資の輸送手段として近代日本の発展に多大な貢献を果たしてきました。その功績をたたえ、開通日にあたる10月14日が、鉄道の日として平成6年に定められました。

鉄道の日の由来

日本で最初に鉄道が開通したのは1872年(明治5年)9月12日(旧暦)、新橋~横浜間の約29kmの区間のことでした。新暦では10月14日にあたることから、1922年(大正11年)に10月14日が「鉄道記念日」として制定されました。

「鉄道の日」はこの日を由来とし、1994年(平成6年)に改称され現在に至っています。

鉄道の日記念きっぷ

鉄道の日を記念した「秋の乗り放題パス」および北海道旅行に便利なオプション券がJRより発売されます。

このきっぷは全国のJR普通・快速列車とBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗り放題という、旅好きにはうれしいきっぷとなっています。きっぷの販売期間は2018年9月15日(土)~10月19日(金)、料金は大人7,710円、子ども3,850円で、JR各駅またはJR旅行センターなどで購入できます。

なお、きっぷの利用期間は2018年10月6日(土)~10月21日(日)の中の連続3日間となっています。

鉄道の日のイベント

鉄道の日には、全国でいろいろな鉄道にちなんだイベントが催されます。

中でも有名なのが東京日比谷公園で開催される「鉄道フェスティバル」です。2018年は10月6日(土)~7日(日)の2日間の開催予定で、鉄道アイテムの販売ブースやキャラクターショー、親子で楽しめるゲームなど、大勢の人で賑わうイベントとなっています。

また「YOKOHAMAトレインフェスティバル」も多くの来場者で賑わうイベントです。こちらは10月13日(土)~14日(日)の2日間、横浜新都市プラザ、ポルタ商店街特設会場の2会場での開催予定となっており、クイズラリーやフォトコンテスト展、ステージショーなど、親子や家族連れで楽しめるアトラクション満載のイベントです。

鉄道の日のまとめ

10月14日の鉄道の日は、明治の初期に日本で初めて開通した鉄道を記念して制定されました。記念きっぷを使って、この機会に鉄道の旅を楽しんではいかがでしょうか?