節分の豆まきの由来、正しいやり方と豆まきで有名な神社も紹介

公開日:
「鬼はそと福はうち」と豆をまく節分の豆まき。2月の恒例行事である豆まきですが、日時や豆の食べ方など正しいやり方は意外と知られていません。この記事では豆まきについて正しいやり方を詳しく解説します。豆まきで有名な神社も紹介するので、家の豆まきはもちろん、2月のお出かけスポットもチェックできますよ。
節分の豆まきの由来、正しいやり方と豆まきで有名な神社も紹介

豆まきをするようになった理由

そもそもなぜ豆まきをするようになったのでしょうか。豆まきを行う「節分」とは、季節を分けるということを意味しており、季節の変わり目は邪気が入りやすいと信じられていました。

古代中国では、鬼を払う邪気払いの行事が行われていたといいます。これが奈良時代になって日本に伝わり、もともと日本で行われていた「豆打ち」という儀式が合わさり、豆まきが行われるようになったと言われています。

豆まきの正しいやり方

「豆まきはただ豆をまくだけ」と思われがちですが、実はいろいろなルールがあります。

豆まきで使用する豆は、必ず炒ったものを使います。これは豆で邪気を払うため、その豆から目が出ては縁起が悪いという理由からです。炒った大豆はますにいれ、神棚にお供えし節分に備えます。

豆まきを行う日時

豆まきは季節の変わり目に行われるため、古くは4回も行われている時期もあったそうです。そのなかでも1年の始まりとなる「立春」が特に重要視されるようになり、節分といえば立春の前日を指すようになったのです。現在では2月3日が節分になっています。

また豆まきは夜行います。これは鬼は夜にやってくるとされていたためです。

豆の食べ方・食べる数

豆を食べるのは、豆まきが終わったあとです。豆まきが終わったら、そのまいた豆を自分の年齢よりも1個多く食べます。これは数え年の分食べるためです。

豆まきで有名な神社

豆まきは1年の邪気を払う重要な行事ということもあって、数多くの神社で豆まきが行われます。以下は豆まきが行われる神社の中でも特に有名な神社です。

長泉寺

長泉寺は宮城県角田市にあるお寺で、福男が豆をまいたあと「ごもっとも」と叫んで、豆を拾おうとする人の股間にすりこ木を押し当てます。この豆まきは五穀豊穣や夫婦円満を願うものであり、豆まき当日は多くの参拝客で賑わいます。

浅草寺

浅草寺は「ごもっともさん」という役が鬼といっしょに登場します。この「ごもっとも」とは北海道や長野県、福井県などで受け継がれている風習で、豆をまく後ろですりこぎやしゃもじをもって相槌を打ちます。

浅草寺の「ごもっともさん」は大きなしゃもじを仰ぐことで有名であり、かなり見ごたえがある行事となっています。

豆まきは悪霊払いの行事。正しいやり方で福を呼び込もう

豆まきは古代中国から伝わる行事であり、1年の始まりに邪気を払う重要な儀式の一つです。豆は炒ったものを使う、夜に行うなどのルールがあり、自分の年齢よりも1個多い豆を食べることで1年の幸せを祈ります。

自宅で行う豆まきももちろん、お寺や神社で行う豆まきに参加するのも節分の楽しみかもしれません。もしお近くの神社で豆まきを行っていれば、少し足を伸ばしてみるのも楽しいかもしれませんよ。