いまさら聞けないお歳暮のマナー | お中元との違いから喜ばれる品を選ぶポイントまで

公開日:
お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮。今の時期から話題になり、年末になるとデパートにさまざまなお歳暮が並び、どれを贈ればいいのか迷いますよね。そんなお歳暮ですが、贈る時期や目安となる金額など基本的なマナーがあります。お歳暮を贈る前にこうしたマナーをしっかり押さえてお歳暮を贈りましょう。
いまさら聞けないお歳暮のマナー | お中元との違いから喜ばれる品を選ぶポイントまで

お歳暮とはそもそもどんなもの?

お歳暮とは、日ごろからお世話になっている方々に対して1年の締めくくりにお礼の気持ちとして特産品や酒などのギフトを贈るものです。

もともとの由来は江戸時代盆と暮れの時期に「いつもお世話になっております。これからもよろしくお願いします」という意味を込めて商人が贈りものを持参したのがはじまりといわれています。

お中元との違い

お歳暮と似た風習としてお中元があります。お歳暮とお中元の違いは贈る時期です。

お歳暮

  • 東日本:11月下旬~12月20日前後
  • 西日本:12月13日~20日前後

上記のようにお中元は夏、お歳暮は年末に贈るものであり、東日本と西日本でずれがあります。東日本が新暦の7月15日を基準にしているのに対し、西日本は旧暦の7月15日を基準にしているためです。お歳暮を贈る際には送り先が東日本か西日本かも注意するようにしましょう。

お中元

  • 東日本:7月上旬~15日まで
  • 西日本:7月中旬~8月15日まで

お歳暮の基本マナー

お歳暮といっても「いつ贈ればいいのか」「どんなものを贈ればいいのか」迷う方は多いと思います。以下ではお歳暮の基本的なマナーについて解説します。

お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る時期はすでに説明したとおり、以下のようになっています。

  • 東日本:11月下旬~12月20日前後
  • 西日本:12月13日~20日前後

ただし地域によってはこの時期から少し外れることもあります。いずれにせよ年末の25日以降は忙しくなるので、25日以降にお歳暮を贈るのは避けた方が良いでしょう。

金額の目安

金額の目安としては3,000円~5,000円程度が一般的です。もちろん特別にお世話になった方には1万円以上のものを贈ってもよいでしょう。

どんなものを贈ればいい?

お歳暮で贈るものに特に決まりはありません。地域の特産品や果物、酒など相手が喜んでくれるものを選んで送るようにしましょう。選ぶ際には家族構成や子どもの数なども考慮できるといいですね。

素敵なお歳暮で日ごろの感謝を伝えよう

最近はお歳暮を贈る家も少なくなってきました。それでもやはりお歳暮が届くと、何かとうれしいものですよね。

お歳暮は時期さえ外さなければ、相手が喜んでくれるものなら果物やグルメ、その他何でもOKです。贈り先が一番に喜んでくれるものをお歳暮として日ごろの感謝を伝えたいですね。