年賀欠礼(喪中はがき)を送るマナーや時期、文例まで詳しく解説

公開日:
身内に不幸があったときに年賀状の代わりとして出す「年賀欠礼」。「喪中はがき」という名前の方が聞き覚えがあるという方は多いかもしれません。そんな年賀欠礼ですが、喪中に年賀状の代わりとして出すこと以外にどんなマナーがあるかご存知でしたでしょうか。この記事では年賀欠礼の基本マナーや文例まで詳しく解説していきます。
年賀欠礼(喪中はがき)を送るマナーや時期、文例まで詳しく解説

年賀欠礼(喪中はがき)とは

近しい親族がなくなると、葬儀が終わった後喪に服する「喪中」の期間があります。喪中の期間はお祝いごとを避けるため、年賀状を出すのも控えなくてはなりません。

でもいつも年賀状を交わしていた方から年賀状が来ないと「どうしたのかな」と心配になってしまいますよね。そんな時に年賀状の代わりとして出すのが年賀欠礼です。年賀欠礼は、一般的には「喪中はがき」と呼ばれており、喪中の間に出すことになります。

欠礼を出すのはどんな時?

年賀欠礼は喪中の間に出すと説明しました。この喪中とはいつのことを指すのでしょうか。

喪中は明治7年に出された太政官布告「忌服令」で細かいルールが定められました。忌服令は昭和22年に廃止されたものの、以下のように喪中の日数が定められており、現在に至っています。

続柄 喪中期間
父母、夫 13か月
義父母、祖父母(父方)、夫の父母 150日
妻、子供、兄弟姉妹、祖父母(母方)、伯叔父母、曾祖父母 90日
養子 30日

この喪中期間に新年を迎える場合は、お正月のしめ飾りなども控えますし、年賀状の代わりに年賀欠礼を出すことになるのです。

年賀欠礼(喪中はがき)のマナー

次に年賀欠礼を出す際の基本的なマナーについて確認していきましょう。

年賀欠礼(喪中はがき)は誰に出すのか

年賀欠礼は日ごろから年賀状のやり取りをしている方に出します。また年賀状のやり取りが遠のいているという方であっても、日ごろから付き合いがあり、念のため喪中であることを知らせておきたい、という場合には年賀欠礼を送っておいてもよいかもしれません。

年賀欠礼(喪中はがき)を送る時期

年賀欠礼は「年賀状を出せない、また受け取れない」という状況をお知らせするためのものであるため、年賀状の準備を始める前、11月中に届くようにするとよいでしょう。遅くとも、12月初旬までには先方に届かなければ、年賀状の準備を始めてしまう方もいるので、注意が必要です。

年賀欠礼(喪中はがき)の文例

長い間病を患っていた父が逝去いたしましたので、新年のご挨拶は失礼させていただきます
どうぞご自愛なされて新しい年をお迎えくださいませ

今年 ●(続柄)が他界し喪中のため、年頭のご挨拶を差し控えさせていただきます
皆様には健やかな新年を迎えられますようお祈り申し上げます

本年●月に●(続柄) ●●(名前)が●●歳にて永眠いたしました
長年賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに、明年も変わらぬご厚誼を謹んでお願い申し上げます

年賀欠礼(喪中はがき)が届いたらすること

欠礼状が届いたら、年賀状は出さないようにしましょう。もし何かお見舞いの言葉を送りたいのであれば、寒中見舞いや普通の手紙として出す方が良いでしょう。

年賀欠礼(喪中はがき)はマナーを押さえて

喪中の期間が親等によって異なるため、年賀欠礼を出すのかどうか判断に迷うこともあるかもしれません。しっかりとマナーを押さえて失礼がないようにしたいですね。