残暑見舞いを贈る時期は?暑中見舞いとの違いから覚えておくべきマナーまで

公開日:
暑中見舞いを送るのを忘れてしまった、という場合に送る「残暑見舞い」。でも暑中見舞いとの送る時期の違いやどのような文を書けばいいのかなど、「わからないことが多くて、暑中見舞いを送ったことがない」という方は多いのではないでしょうか。この記事では暑中見舞いとの違いはもちろん、どのようなあいさつを書くとよろこばれるのかなど詳しく解説していきます。
残暑見舞いを贈る時期は?暑中見舞いとの違いから覚えておくべきマナーまで

残暑見舞いとは

残暑とは暦のうえで「立秋」を迎える8月7~8日ごろに暑い日々を送る相手に気遣いの気持ちを送るあいさつ状のことを指します。

残暑のはじまりは「立秋」のあとと決まっています。その一方で、最近は異常気象などで夏が長く続くということもあり、暑さが続く間は「残暑」として残暑見舞いを送るというのが一般的なようです。そのため「9月になってもまだまだ暑い」という場合は、残暑見舞いを送っても問題ありません。

暑中見舞いとの違い

残暑見舞いと似たあいさつ状として「暑中見舞い」があります。暑中見舞いと残暑見舞いの違いはあいさつ状を送る時期で、小暑(7月7日ごろ)から立秋(8月7日ごろ)前までとされています。

この時期を過ぎると暦のうえでは秋に入ったということになるので、「秋に入ったのにまだ暑さが残っていますが、いかがお過ごしでしょうか」というあいさつになるため、残暑見舞いを送るのです。

それぞれ送る相手への地域の天候も関係してくるので、時期は多少ずれることがあります。暑中見舞いにしても残暑見舞いにしても、適切な時期かどうかきちんとチェックしておくようにしたいですね。

残暑見舞いの文例

ここまで残暑見舞いを送る時期について確認しました。

でもいざ残暑見舞いを送るといっても「どんな文章を書けばいいの?」と、不安に思う方も多いと思います。以下は残暑見舞いを親戚に送る場合と友人に送る場合の文例になります。ぜひ参考にしてみてください。

親戚に送る場合

残暑お見舞い申し上げます。
八月も残すところあとわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
こちらはまだまだ酷暑が続いておりますが、おかげさまで家族全員元気で過ごしております。
どうぞご自愛のうえ、お過ごしくださいませ。

友人に送る場合

残暑お見舞い申し上げます。
立秋を過ぎても、相変わらず厳しい暑さが続いていますね。
お元気にお過ごしでしょうか。
また同期で集まって飲み会でも開けたらと考えています。
厳しい暑さが続きますが、どうぞお身体にお気をつけて。

残暑見舞いの文例テンプレート

以下のページでは、暑中見舞いと残暑見舞いを送る際に役立つテンプレートを掲載しています。無料でダウンロードできて、必要な項目を記入するだけで簡単に暑中見舞いと残暑見舞いの文章が作れるので、ぜひ参考にしてみてください。

残暑見舞いは立秋を過ぎた後に

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは、送る時期であり、特に残暑見舞いは立秋を過ぎているかどうかが目安となります。ただ最近は9月になっても厳しい暑さが続くことも多いので、相手の住まいのある地域の天候を考慮して残暑見舞いを送るようにしましょう。

もし残暑見舞いの文例が思いつかないという場合は、テンプレートを使えば簡単に残暑見舞い用の文章が作れるので、ぜひ活用してくださいね。