英会話初心者向け勉強方法とは|英語学習におすすめサービスやレッスンを紹介

最終更新日: 公開日:
最近の英会話の勉強方法はアプリ学習やオンラインレッスンなど、勉強方法が増えてきました。英語初心者の方は、どんな勉強方法が良いのか迷ってしまうかもしれません。 英会話学習には勉強方法がとても重要なので、自分に合った勉強方法を選択して上達を目指してください。 本記事ではそれぞれのメリット・デメリットを解説し、おすすめの勉強方法を紹介しますので、英会話を始めるときの参考にしてください。
英会話初心者向け勉強方法とは|英語学習におすすめサービスやレッスンを紹介

英会話初心者の勉強方法

英語を話せるようになりたいと思っても、英会話の勉強方法がいくつもあるので、何から勉強していいのかわからないという悩みにぶつかります。

独学でする英会話教材やスマホ学習、グループやマンツーマンレッスンが選べる英会話スクール、マンツーマンで受けられるオンライン英会話、その他にも思い切って留学して英語漬けの環境で過ごす方法もあります。

英会話を続けるには、この中から自分に合った勉強方法を選ぶことが重要です。

英会話の勉強方法はたくさんある

まずは、それぞれの勉強方法の違いについて、メリットとデメリットを合わせて説明します。

教材

メリット

  • 自分のペースで進められる
    英会話スクールのように決められた時間に行く必要がないので、時間的な制約がありません。

  • 人の目が気にならない
    いきなり英会話教室で話すとなると、いきなり人前で英語を話すことに抵抗があるかもしれませんが、教材を使えば独学なので人の目は気になりません。

デメリット

  • 疑問がすぐに解消できない
    独学なので、疑問に感じたことを問い合わせ時間差で回答をもらうか、自分で調べなければなりません。

  • スピーキングの練習がしにくい
    人と会話をしないのでスピーキングの練習ができず、英会話の応用力がつきにくいというデメリットがあります。

学習アプリ

メリット

  • 手軽に始められる
    アプリをダウンロードするだけで始められるので、面倒な申し込み手続きがありません。

  • 時間や場所を問わない
    スマホ一つで始められるので、いつでもどこでも勉強ができます。

デメリット

  • アプリでは会話まで練習できない 独学のデメリットとして会話の練習ができないことが挙げられます。

英会話教室ーオンライン形式

メリット

  • 比較的安くレッスンができる
    場所代や人件費が抑えられるため、マンツーマンレッスンでも月額5,000円から受けられます。

  • 自分の予定に合わせやすい
    レッスン時間は、自分の都合に合わせて決められます。また直前の変更やキャンセルにも対応可能なところもあります。

デメリット

  • カリキュラムが対面形式ほどしっかりしていない
    フリートークレッスンが基本なので、生徒一人ひとりの得意不得意に合わせてのレッスンは、講師の裁量によります。

  • 講師の質がバラバラ
    講師は自分で選べますが、講師の知識や経験には差があり、良い先生は人気があるため毎回予約できるとは限りません。

  • リスニングができないと難しく感じる
    講師が話していることを理解できなければレッスンについていけず、難しく感じモチベーションも下がってしまいがちです。

英会話教室ー対面形式

メリット

  • モチベーションの維持しやすい
    教室に通うことで、同じように英会話を学ぶ仲間ができ、モチベーションの維持をしやすくなります。

  • すぐに疑問が解消される
    目の前に講師がいるので、質問や疑問があればすぐに聞き答えをもらえます。理解しきれなければ、日本人講師やスタッフがいるのでレッスン後にフォローしてくれます。

  • カリキュラムが作り込まれている
    日本人の英会話を上達するための体系的なカリキュラムが作られているので、効率的に学べます。

デメリット

  • 価格が高い傾向にある
    グループレッスンにすると割安になりますが、それでも1回のレッスンで3,000円~4,000円なので、オンライン英会話と比較すると費用が高めです。

  • 通う時間や手間がかかる
    レッスン時間だけでなく、教室に通う時間も手間もかかるので、なるべく近場の教室を探した方が良いでしょう。

どの勉強方法が自分に合うか

それぞれの勉強方法のメリットとデメリットを説明しましが、ここからはどのように選べばいいのかを説明します。

超初心者の場合

超初心者は、英会話の基礎から勉強する必要があります。まず文法の理解や基本的な単語は使いながら覚えて理解しましょう。

またリスニングが苦手な場合は、英会話教室やオンライン英会話でスタートしても、相手の話していることが理解できず会話が難しいので、効果的ではありません。ある程度リスニングができるようになってからをおすすめします。

【おすすめの勉強方法】

  • 教材
  • 学習アプリ

初心者の場合

英語の発音やフレーズに慣れてきて、リスニングができるようになってきたら、英会話教室やオンライン英会話など、実際に会話する形式の勉強をおすすめします。

【おすすめの勉強方法】

  • 英会話教室ー対面形式
  • 英会話教室ーオンライン形式

対面形式とオンライン形式のどちらがいいかは、前述したそれぞれのメリット・デメリットを見て、自分に合う方を選んでください。

自分のレベルアップに合わせて組み合わせる

勉強は楽しめなければ続きません。無理してレベルの高い勉強方法をしてもついていけず、モチベーションが下がってしまうだけです。

最初から英語で話すのに抵抗がある場合や、そもそも英語をそれほど勉強したことがない方であれば、まずリスニングの力をつけましょう。

そして自分の英語力がレベルアップするにつれて、勉強方法を変えながら次へのレベルアップを目指していきましょう。

おすすめ英会話勉強サービス

次にそれぞでの勉強方法にあった、おすすめサービスを紹介します。

英文法を深く狭く、英会話のために学べる

「英会話のための英文法G4C」は、英会話に必要な英文法に特化したメール講座です。そのため『学校での英語は得意だったけど、英会話はできない』という方に合った内容になっています。英文法をきちんと理解しているかどうかで、英会話の習熟度が変わってきます。

講座以外にもネイティブの音声や、受講者のサポートがあり、話すための英文法の知識を深められます。

英会話に文法は不要という考え方がありますが、この講座は、本当に英会話を身に着けるには英文法が重要だとして、話すための英会話を学べます。

これなら英語が話せる!聴き取れる!30日間英語脳育成プログラム

言語学博士である御園和夫博士の「英語は耳から始め、耳で仕上げる」理論を実践している教材です。そのためこの教材は、『正しい上達理論』に基づいた、耳で聞くことがメインの学習内容になっています。

「見る」、「聞く」、「話す」を段階的に学ぶことで、聴覚、視覚、発音を一致させられます。最初は何を言っているのかわからなかったリスニングが、30日後には理解でき、会話ができるようになることを目指しています。

6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話

こちらも言語学博士である御園和夫博士が開発した教材です。企業でも採用しているこの教材はTOEIC300点前後をターゲットにしているので、「30日間英語脳育成プログラム」よりも初心者向けの教材です。

CDとテキストを使って、オフィスで使われる表現が盛り込まれた内容を、1日15分間勉強します。上達理論に基づいた教材で、ビジネスで使える表現を効果的に学べ、91%の人が「2週間で英語がわかるようになった」と感じています。

HiNative Trek

英文添削アプリ「HiNative Trek」は、他にはない学習スタイルです。毎日1文、英文作成の課題が届くので、それを英文にし、ボイスメッセージに録音して提出します。

提出するとすぐに模範解答が表示されるので、忘れないうちに自分で確かめられます。添削は翌日までに、ネイティブ講師が添削した文章と音声が届きます。

添削の回答や質問チャットもすべて英語で、「辞書を使えば英語の記事が読めるけど、英語で言いたいことが口から出てこない」レベルの方が対象なので、中級程度の英語力が必要です。

添削では、文章内の背景も含めた考え方や発音も指導してくれるので、ライティングもスピーキングもレベルアップしたい方におすすめです。

スタディサプリENGLISH 日常会話コース

リクルートが運営する受験対策の動画授業で有名スタディサプリは、そのWEB学習サービスのノウハウを活かして、英会話の分野でもサービスを提供しています。

日常会話を中心に、ドラマ仕立てのストーリーからフレーズを、登場人物になりきって発音する『なりきりスピーキング』で英語独特の発音やリズムを学べ、楽しく続けられる工夫がされています。

月額費用980円という安さとゲーム性、アプリでありながら発音指導をしてくれる点が人気です。

スタディサプリENGLISH TOEIC

スタディサプリのTOEIC200点以上アップを目指す、学習アプリです。オンラインの選任講師がつき、3か月コースと6か月コースのどちらかが選べます。TOEICまでの時間で対策として必要な『単語』、『文法』、『リスニング』、『リーディング』、その他にも受験に必要なノウハウまでを学べ、スマホ一つでできる気軽さから人気となっています。

また毎月「実践問題集」が追加更新されるので、最新のTOEIC問題で自分に力を試せます。スキマ時間に、TOEICの勉強をしたいという方におすすめのアプリです。

NOVA

英会話スクールで有名なNOVAが提供するオンライン英会話は『お茶の間留学』は、質の高いオンラインレッスンを受けたい方におすすめです。講師は全員ネイティブスピーカーで、24時間いつでもレッスンを受けられます。

スカイプを使用するオンライン英会話が多い中、NOVAでは高品質な音声と映像を実現するために、NTTと業務提携をしてNOVA専用のアプリを開発しました。音声品質はリスニングやスピーキングで重要ですから、高品質な環境は利用者側には喜ばれています。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習ソフトを開発しているロゼッタストーン社とマンツーマン語学スクール「ディーンモルガン」が協力してできた通学式の学校で、全国に70校ほどあります。

『挫折させない』マンツーマン語学スクールをモットーに、受講者一人ひとりに合ったカリキュラムとサポートがあり、eラーニング用のソフトまでついてきます。

マンツーマンレッスンなので、『他の人ばかりたくさん話していて話せない』ということがありません。しっかりと英会話を学びたい方におすすめのスクールです。

英語力を高めよう!

初心者が英会話を始める場合、その勉強方法が重要です。つまずきやすかったり、ついていけなかったりすると途中で辞めてしまう可能性が高く、自分のレベルに合った勉強方法が一番効率的に学べ、モチベーションも保ちやすくなります。

単語や文法の知識はあっても、会話をすることに抵抗があったり、リスニングが苦手だったりする場合は、まずは教材や英会話学習アプリを使って耳を英語に馴らすなどして、自分に合った勉強法で、英会話の上達を目指しましょう。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。