無駄な会議をなくすとモチベーションは向上する「ジョブ・アサインメント」が重要なワケ

最終更新日: 公開日:

記事公開時点での情報です。

パイプドビッツは9月13日、全国2.4万人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートを発表した。このレポートでは、現場マネージャの「ジョブ・アサインメント」が労働者のモチベーションにどのような影響を及ぼすのかについて分析・検証している。
無駄な会議をなくすとモチベーションは向上する「ジョブ・アサインメント」が重要なワケ

現場マネージャの「ジョブ・アサインメント」が労働者に与える影響とは?

4回目となる同レポート。働き方改革に伴う施策や制度に焦点を当て、労働時間が減少するのか、業務のパフォーマンスが向上するのかなどについて検証してきたという。

今回は「マネジメント」をテーマに、現場マネージャの「ジョブ・アサインメント」が労働者のモチベーションにどのような影響を及ぼすのかについて分析・検証した。

「ジョブ・アサインメント」とは、一般的には「仕事の割り当て」を指す。

しかし、このレポートでは、リクルートワークス研究所が定義した「組織として達成すべき目標を踏まえ、部下に行わせる職務を具体化したうえで割り振り、その職務を達成するまで支援すること」を広義のジョブ・アサインメントと定義。

現場マネージャのうち仕事の振り分けをする役割を担う人を「ジョブアサイン実施者」として、調査を行った。

実施者の6割以上が未実施または実施したかどうか把握していない

調査では、以下の6項目について、実施状況を調べている。

出典:広義のジョブ・アサインメントに該当する調査項目(6項目)」パイプドビッツ

その結果、6項目の実施率の平均は25.4%で、もっとも実施された項目は「ムダな会議や資料をなくす業務見直し」で35.4%となった。

出典:「広義のジョブ・アサインメントに該当する調査項目の実施状況(ジョブアサイン実施者)」パイプドビッツ

一方、ジョブアサイン実施者の6割以上が、未実施または実施したかどうかさえ知らない結果となった。このことから、同社では、多くのジョブアサイン実施者が、適切な仕事の割り当てを行うための業務見直しを行っていないと分析している。

出典:サテライトオフィスの活用有無別フロー状態への影響(労働者)」パイプドビッツ

また、もっとも実施率が高かった「ムダな会議や資料をなくす業務見直し」の実施有無による仕事へのモチベーションの増減効果について、労働者を対象に聞いた。

その結果、「ムダな会議や資料をなくす業務見直し」を実施することでモチベーションが向上した割合は16.7%となり、未実施者5.2%より3.2倍高い結果となった。

その一方で、実施することでモチベーションが低下した割合は17.2%であり、未実施24.2%よりも下回る結果となった。

同社では、この結果により、ムダな会議や資料をなくすことで「やらなくていいこと」を行う必要がなくなり、労働者のモチベーションの喚起につながったと考えられると分析。

業務のパフォーマンスをあげるジョブ・アサインメント、自社の体制を棚卸しぜひ見直しを行ってみてはいかがだろうか。