SBI証券で利用できるロボアドバイザーとは?THEO・WealthNavi・SBIファンドロボ 各特徴を解説

資産運用といえば、高度な専門知識が必要で初心者にはなかなかハードルが高いというイメージがあります。しかし、それを打ち破る仕組みがSBI証券の提供しているロボアドバイザーです。ロボアドバイザーでは、コンピュータによって資産運用を自動化するプログラムを自由に活用できるようにすることで初心者にとっても手軽に資産運用を始められるようになりました。いったいロボアドバイザーとはどういったものなのでしょうか。

SBI証券で利用できるロボアドバイザーとは?THEO・WealthNavi・SBIファンドロボ 各特徴を解説
THEO[テオ] WealthNavi
アプリの使いやすさに定評
2017年にグッドデザイン賞も受賞
預かり資産・運用者数No.1の信頼
世界レベルの資産運用

一般的に資産運用をするとなると、専門的な知識が必要となるため、自身で勉強するか専門のアドバイザーがついて投資や銘柄選択などさまざまなアドバイスをもらい資産運用をしますが、投資初心者にとってはハードルが高いものでした。

しかし、IT技術の発達によってこれまで人間が行っていた投資信託のアドバイスをコンピューターが行えるようになり、手数料などを抑えての資産運用が可能になりました。それがロボアドバイザーです。

この全自動で運用してくれるロボアドバイザーを、大手証券会社SBI証券で利用できます。本記事では、SBI証券ではどんなロボアドバイザーが利用できるのか、それぞれの違いはなんなのか解説していきます。

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、主に投資信託を対象とした自動運用システムの総称で、投資対象の選定や実際の資金配分などを代行するサービスです。投資初心者はもちろん、時間がない人、少額投資を希望の資産運用にも活用できることから、近年利用者が急増しています。

ロボアドバイザーを使う意味

資産運用にロボアドバイザーを使うことは、「高度な知識を習得する必要がない」「自動でやってくれるので時間に縛られない」「ユーザーに合わせて最適な資産配分ができる」といった3つのメリットがあります。

こういったメリットは、さらに従来は資産運用ということに対してハードルの高さを感じていた利用者にも手軽に活用でき、ユーザの拡大につながるというメリットもあります。

SBI証券

SBI証券といえば、オンラインでの証券業務をメインとしながら旧来の店舗型の証券会社に匹敵する月間売買代金を持ち、口座開設数が国内ナンバー1の実績がある大手の証券会社です。同社は非常に幅広い金融商品を扱う投資銀行としても信用に足る企業と言えます。

同社では、現在後述する3つのロボアドバイザーを採用しています。

「THEO」と「THEO+SBI証券」

一つ目は「THEO」です。THEOは、お金のデザインが開発したアドバイザープログラムで投資運用を一任できるものです。SBI証券では、「THEO」と「THEO+SBI証券」 の2つを提供しています。

これらの違いは、「口座開設スピード」と「ログイン方法」です。「THEO」では2営業日かかるところが、「THEO+SBI証券」の場合は最短で翌日開設が可能ですが、SBI証券の口座をすでに持っている必要があります。また、ログイン方法として「THEO+SBI証券」の場合はSBI証券の口座から直接ログインができます。

「WealthNavi」と「WealthNavi for SBI証券」

もう一つは、「WealthNavi」です。WealthNaviも資産運用プログラムですが、SBIでは「WealthNavi」と「WealthNavi for SBI証券」という2つのタイプを提供しています。

これらの違いは主に2点で、「WealthNavi for SBI証券」 では、買い物をしたときのお釣りを投資するお釣り投資サービスのマメタスを使えません。しかし、専門家と直接相談できるGAIAコンサルティングサービスを使えることです。

THEO(テオ)

ロボアドバイザーのTHEOは、お金のデザインが開発したプログラムで、今までは一部の富裕層や機関投資家といった専門的な知識を活用できる人しか利用できなかった高度な資産運用を手軽に行えるものです。THEOでは、香港の株式、米国の債券、不動産、金などさまざまなものに「国際分散投資」させることでリスクの分散と収益の安定化をはかるという方法を採用しています。

THEOのメリット

高度な資産運用を手軽に利用できるTHEOですが、これには具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。

  • 1万円から投資できる
    一般的に株式や不動産など投資といえばある程度の元本が必要です。そのため、なかなか手軽にできないというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、THEOでは、1万円という少額から投資を始められ、まさに初心者にとっても入りやすいサービスとなっています。

  • 手数料は1%
    THEOの手数料は1%となっています。一般的に投資を行う場合の手数料は1〜3%というケースが多いですが、「ノーロード投資」と呼ばれる手数料が無料のものもあります。これに比べると高いように見えますが、全自動のプログラムであることを考えると十分安いのではないでしょうか。

  • 確定申告が必要ない
    通常、株や投資などによる利益には税金がかかるので確定申告が必要です。しかし、THEOでは、「特定口座(源泉徴収あり)」という形で申し込み時に設定することで、税金が自動で払われるようになり、確定申告を不要にできます。

  • いつでも出金できる
    一般的に投資では一度預けるとなかなか引き出せません。しかし、THEOの場合は、24時間365日いつでも引き出せます。これは、なかなか投資に踏み出せない初心者にとっても安心のサービスではないでしょうか。

ロボアドバイザーはTHEO(テオ)を利用すべき?SBI証券で利用できる他サービスとも比較 | ボクシルマガジン
投資初心者でも手軽に資産運用ができるという点からさまざまな種類のロボアドバイザーがリリースされていますが、本記事で...

WealthNavi(ウェルスナビ )

SBI証券で利用できるもう一つのロボアドバイザーがWealthNaviです。WealthNaviは、ウェルスナビから提供されているもので、ノーベル賞受賞者が提唱する高度な金融アルゴリズムに基づいた資産運用を個人で手軽に利用できるものとなっています。

WealthNaviのメリット

高度な金融アルゴリズムが個人でも手軽に利用できるWealthNaviには、他にどういったメリットがあるのでしょうか。

  • DeTAX(自動税最適化)
    他のロボアドバイザーにない機能として、DeTAXというものがあります。DeTAXを使うと、投資をしていて発生する分配金の受け取りやリバランスといった譲渡益に対する税金を自動的に最適化してくれ、税金の負担額を減らせます。

  • 長期割引
    WelthNaviには、利用を続けた期間と金額に応じて手数料が割引になる「長期割」と呼ばれるサービスがあります。投資額が50万円以上なら半年ごとに0.01%ずつ、200万円以上なら0.02%ずつ最大で0.9%まで下げられます。

  • いつでも出金できる
    WealthNaviも先ほどのTHEOと同じように24時間365日いつでも好きな時に出金することができるようになっています。投資の初心者にとって、すぐに出金できるということは投資へのハードルの高さを和らげるために大きな効果があるのではないでしょうか。

ロボアド「ウェルスナビ」特徴とは?始め方・手数料・DeTAX・自動積立 | ボクシルマガジン
最近テレビCMでも放映され、話題となっている「ウェルスナビ(WealthNavi)」。今回はそんな「ウェルスナビ」...