しめ縄・しめ飾りの正しい飾り方とは?意味や由来、時期や処分の方法を解説

正月飾りの一つであるしめ縄やしめ飾り。12月に入るとお店で見かけるようになりますよね。しめ縄やしめ飾りを飾ると正月が来たという実感を感じられるものですが、「正しい飾り方が分からないので、飾ったことがない」という方も多いのではないでしょうか。 何か特別なマナーがあるのではないかと難しく考えがちですが、実はとてもシンプルなんです。この記事ではそんなしめ縄としめ飾りについて詳しく解説していきます。

しめ縄・しめ飾りの正しい飾り方とは?意味や由来、時期や処分の方法を解説

しめ縄・しめ飾りとは

お正月が近づくと通りすがりの家の玄関などで見かけることが多くなる「しめ縄」や「しめ飾り」。見ると「お正月だな」という実感が湧いてきますよね。でもそもそもどうしてお正月にしめ縄やしめ飾りを飾るようになったのでしょうか。

しめ縄の由来

しめ縄は日本神話の一説が由来となっています。太陽の神である天照大神は弟である須佐之男命が乱暴ばかりするので、そのことを嘆き悲しみに天岩戸に隠れてしまいました。太陽の神である天照大神が姿を隠してしまったために、世の中は真っ暗になってしまいました。

そのことに困り果てた神々は天照大神を天岩戸から出すために、岩戸の前で宴会を開きます。宴会の賑やかさに驚いた天照大神はそっと身を乗り出して様子を伺い、ついには岩戸から出て来られます。その後また天照大神が岩戸に隠れてしまわれないよう、しめ縄で岩戸を縛ったのです。これがしめ縄の由来だといわれています。

しめ縄としめ飾りの違い

しめ飾りとは、しめ縄に飾りをつけたものです。しめ縄を輪にして紙垂をつけただけのシンプルなものから、水引や橙、譲り葉などをあしらった華やかなものまでさまざまです。

しめ縄・しめ飾りの正しい飾り方

日本神話の一説が由来であるしめ縄。その由来を聞くと興味が湧いて「今年はしめ縄を飾ってみようかな」と思われた方も多いのではないでしょうか。以下ではしめ縄の正しい飾り方を解説していきます。

飾る場所

まずしめ縄を飾る場所から確認していきましょう。しめ縄は神様が宿る場所に飾るものなので神棚があれば、神棚に飾ります。もし神棚がなければ玄関先でも大丈夫です。またしめ縄は不浄なものや災いを寄せ付けないものともされているので、 車やバイクに飾る方もいるようです。

飾り方

玄関の方を正面として向けて飾り付けするのがよいとされています。お正月は年神様をお迎えするものです。神様がいらっしゃる方向にしめ縄が向いているように飾り付けしたいものですね。

しめ縄の処分の仕方

正月が終わった後、飾っていたしめ縄はどのようにしたら良いのでしょうか。1月15日になると神社では「どんど焼き」という行事が行われます。そのどんど焼きに飾り終わったお正月飾りを持って行き、焼いてもらうのが一般的な処分の方法です。

もしどんど焼きに行けない場合は、紙に包んで他のゴミとは区別して通常のゴミとして出すようにしましょう。

しめ縄やしめ飾りを正しく飾って気持ちの良いお正月を迎えよう

しめ縄やしめ飾りというと、飾るのに何か難しいルールがあるのではないかと思われがちですが、実はそんなに難しいものではありません。これを機にお正月しめ縄やしめ飾りを飾ってみてはいかがでしょうか。