ジューンブライドの意味って?6月の結婚式が幸せになれる由来・日本で広まった理由

最終更新日: 公開日:
ジューンブライドとは、6月の結婚、6月の花嫁を意味し、6月に結婚式を挙げると、一生涯幸せな結婚生活が送れるという、ヨーロッパに伝わる言い伝えです。日本でも広く知られるジューンブライドの由来とは?なぜジューンブライドが幸せになれるのか、なぜ日本で広く知られるようになったのか、雨の日の結婚にまつわる言い伝えとともに紹介します。
ジューンブライドの意味って?6月の結婚式が幸せになれる由来・日本で広まった理由

ジューンブライドの意味とは?

ジューンブライド(June Bride)とは、6月の結婚、6月の花嫁を意味します。ヨーロッパでは「6月に結婚式を挙げると、一生涯幸せな結婚生活が送れる」といわれており、この言い伝えがジューンブライドの言葉とともに、日本でも広く知られるようになったのです。

日本では梅雨の時期にあたり、雨の日が多くなる6月の結婚式が、なぜ幸せになれると考えられているのか。その由来や雨の日にまつわる言い伝え、日本で広まった理由などを紹介します。

6月の結婚式「ジューンブライド」が幸せになれる由来

ジューンブライドが幸せになれるという言い伝えは、古くからヨーロッパで知られていました。その由来には諸説あるようで、どれも信ぴょう性には欠けるようです。ここでは有力とされる説を3つ紹介しましょう。

6月を守護するローマ神話の女神JUNO

ギリシャ神話に端を発するローマ神話では、主神ユピテル(ギリシャ神話ではゼウス)の妻であり、最高位の女神ユノ(JUNO、ギリシャ神話ではヘラ)が、6月を守護する神とされており、家庭・女性・こどもの守護神でもありました。

英語の6月(JUNE)は、JUNOが6月を守護していることから命名されたものであり、6月1日にはJUNOの祭礼も行われていました。このため、家庭・女性・こどもの守護神でもある、JUNOが象徴する6月に結婚すると、その加護で幸せになれるという言い伝えがあり、有力な説として信じられています。

結婚式に最適だった6月のヨーロッパの気候

6月のヨーロッパは雨がもっとも少なく、天候の安定している時期になります。また、ヨーロッパでは復活祭が行われることもあり、6月は祝福ムードが高まる月でした。

このため6月は、結婚式を挙げるのに最適な気候のうえ、多くの人々から祝福を得やすい時期であり、この時期に結婚すれば幸せになれるだろうと考えられた、という説です。

結婚式が解禁される6月

農耕が中心だった頃のユーロッパでは、毎年3月から5月までが農作業で忙しく、その期間は農作業を優先させるため、結婚が禁止されていたという説です。

つまり、結婚が解禁され、待ちわびていたカップルが一斉に結婚式を挙げるのが6月であり、農作業が一段落した多くの人々から祝福されるため、ジューンブライドが幸せになれるのだ、といわれていました。

ジューンブライドに最適な花は?

ウェディングドレスやブーケをはじめ、結婚式には花が欠かせません。古来ヨーロッパの言い伝えでは、花に言及したものは見当たらないものの、ジューンブライドを考えたときに最適だと思われる花を紹介しましょう。

女神JUNOの象徴「ユリ」

ジューンブライドの由来として有力な、女神JUNOを象徴する花がユリです。

6月の結婚式に、その由来となった女神を象徴するユリをあしらうのは、まさにジューンブライドにピッタリではないでしょうか。

6月の花「紫陽花」

6月を代表する日本の花といえば紫陽花です。

小さな小花が集まる紫陽花は「家族団らん」「友情」「仲睦まじい」という花言葉を持ち、結婚式でも人気の高い花です。ジューンブライドに日本の季節感をプラスできるため、おすすめできる花だといえます。

雨の日の結婚式は幸せをもたらす

ジューンブライドの由来に、6月は雨が少なく、気候が結婚式に適していたからという説がありました。それでは、日本のように6月が梅雨の時期と重なり、結婚式が雨になってしまった場合は幸せになれないのでしょうか?

フランスでは「結婚式に雨が降るのは、新郎新婦がこれから流す一生分の涙を、神様が流してくれている」という言い伝えもあり、結婚生活で涙を流すことのない「雨の日の結婚式は幸せをもたらす」といわれています。

ヨーロッパでも、雨の日の結婚式がネガティブなものではなかったのがわかります。

日本でジューンブライドが広まった理由

ヨーロッパを起源としたジューンブライドの言い伝えは、1967年〜1968年頃から、日本でも徐々に知られるようになったといわれています。それでは、ジューンブライドの言い伝えは、どのようにして日本に広まったのでしょうか?

当時の日本では、結婚式の舞台となる施設の空調設備が行き届いておらず、雨になる可能性の高かった6月は結婚式が敬遠される傾向にありました。

そのため、6月の結婚式が幸せになれる言い伝えであるジューンブライドや、雨の日の結婚式がネガティブなものではない事実を広く知ってもらうため、ブライダル業界がプロモーションを展開したのだといわれています。

6月の結婚式は多くない?

ジューンブライドが日本にも浸透したことで、6月の結婚式は多くなったのでしょうか?2010年の調査によると、年間をとおした挙式数を見た場合、6月は5番目に多く結婚式が挙げられていたようです。

ジューンブライドが浸透したとはいえ、6月は祝日もないことや、雨が降った場合の婚礼写真への影響から、誰もが率先して6月を希望するまでには至っていないことが伺えます。

ジューンブライドのまとめ

ジューンブライドの意味が日本で知られるようになったのは、ブライダル業界の努力でもあるため、その根拠に疑問を感じる方も存在するかもしれません。

しかしジューンブライドの由来を知ると、「雨の結婚式も縁起がよいものだな」と感じさせてくれるものです。覚えておくと、結婚式での祝辞や友人代表のご挨拶などでも重宝しそうですね。