盆踊りの意味や起源とは?由来・楽曲・代表的な盆踊り大会を紹介

最終更新日: 公開日:
盆踊りは日本の夏の風物詩であり、広場に組まれた櫓(やぐら)を目にすれば、自然にお盆だと感じられますね。しかし、お盆に盆踊りをする意味とはなんでしょう?盂蘭盆会(うらぼんえ)に由来する釈迦に関連する逸話や、起源となった念仏踊り、J-POPも使われるようになった盆踊り曲の存在や、渋谷・みなとみらいなどで起こる新たな盆踊りの流れなどをまとめて紹介します。
盆踊りの意味や起源とは?由来・楽曲・代表的な盆踊り大会を紹介

盆踊りの意味とは?

毎年お盆の時期になると、各地の広場に櫓(やぐら)が組まれ、そのまわりを取り囲むように踊る「盆踊り」が行われます。日本の夏の風物詩ともなっている盆踊りは、夏祭りのイベントや地域交流の場として、夏の楽しみのひとつともいえるでしょう。

しかし、お盆の期間に行われることからもわかるように、盆踊りには、お盆の時期に帰ってきた先祖の霊を慰めるという意味があります。

盆踊りは、全国的にお盆となることの多い、8月13日から16日の期間に行われます。新の盆が行われる一部地域では、7月13日から16日の期間に行われる場合が多いようです。

以下の記事では、お盆の時期や期間・由来・過ごし方や準備・お供え物を解説していますので、合わせてお読みください。

盆踊りの起源

お盆の時期に盆踊りを行う風習の起源とは、どのようなものだったのでしょうか?

平安時代中期、当時の僧侶である空也(くうや)は、庶民に念仏を覚えてもらおうと考えていました。そこで、瓢箪(ひょうたん)を叩きながら、歌うように念仏を唱える方法を思いつきました。これが「念仏踊り」として広く知られるようになります。

念仏踊りはその後、先祖を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びつき、盆踊りになったといわれています。

盆踊りの由来と盂蘭盆会

盂蘭盆会と結びついた盆踊りの由来には、釈迦の弟子であった目連(もくれん)の逸話も関係するといわれています。

すべてを見通す能力である天眼を持つ目連は、ある日、亡くなった母が天上界に生まれ変わっているかを見通してみました。すると、母は天上界どころか餓鬼道で苦しんでいたのです。驚いた目連が相談すると、釈迦は盂蘭盆会の亡者救済秘法を伝授し、それを施した母親は餓鬼道から救済されたのです。

喜んだ目連は歓喜のあまり踊りだし、これが盆踊りになったといわれています。

盆踊りでの櫓(やぐら)の意味とは?

盆踊りでは、広場の中央に櫓(やぐら)を組み、そのまわりを取り囲むように踊るのが一般的です。では、盆踊りの櫓にはどのような意味があるのでしょうか?

盂蘭盆会、つまりお盆では、先祖の霊を迎え、送るために「迎え火」「送り火」を灯す風習があります。盂蘭盆会に由来する盆踊りでは、櫓に掲げる提灯を迎え火、送り火に見立て、先祖の霊と会話する、楽しむという意味が込められている、ともいわれています。

盆踊りの歴史には衰退期も

平安に起源を持つ盆踊りは、鎌倉時代になると「一遍上人(いっぺんしょうにん)」によって全国に広められ、地方色豊かな盆踊りが誕生したといいます。盂蘭盆会の満月のもとで行われていた盆踊りは、その後しだいに娯楽色が強くなり、江戸時代になると地域交流の場としてのほかに、男女の出会いの場にもなりました。

明治時代になるとこの状況が憂慮され、風紀を乱すという理由のもとに、盆踊りは警察に厳しく取り締まられるようになってしまいました。

一時は衰退した盆踊りも、大正時代末期になると、農村の娯楽として再び奨励されるようになり、現代まで続く庶民の風習として全国各地で定着したのです。

盆踊りで使われる楽曲

日本全国に広まるうちに、地方色豊かな存在となった盆踊りは、踊りに使われる楽曲もまた、地方色豊かなものだといえます。地方に根付いて創作された楽曲などのほかにも、民謡が使われる地方もあり、娯楽色のより強まった現代では、J-POPなどのポップスが使われる場合も多いようです。その一部を紹介しておきましょう。

代表的な楽曲

  • 東京音頭
  • 名古屋ばやし
  • 水戸黄門おどり
  • ゆかた音頭
  • ホームラン音頭
  • 交通安全音頭

民謡系の楽曲

  • 炭坑節
  • 花笠音頭
  • 八木節
  • 北海盆唄
  • 郡上節

ダンシングヒーローなどのJ-POP

近年では、盆踊りにJ-POPが使われるケースも増え、なかでも「ダンシングヒーロー」は、本人の再ブレイクにもつながるほど、盆踊りでの使用が注目された楽曲です。

この傾向は特に愛知で顕著なようです。伝統的な盆踊り曲がなかったため、若い人にも踊ってもらいたいという願いから、名古屋に拠点を持つ日本民踊研究会が振り付けを考案したそうです。ダンシングヒーローのほかにも、およげ!たいやきくん、おどるポンポコリン、恋のダンスサイトなども愛知を中心に使われています。

代表的な盆踊り大会

最後に、日本三大盆踊りといわれる代表的な盆踊り大会とともに、近年盛り上がりを見せている盆踊り大会を紹介しておきましょう。

西馬音内盆踊り(秋田県)

秋田県羽後町で、毎年8月16日から18日に開催され、700年以上の歴史と伝統を持つ盆踊り大会が、「西馬音内盆踊り(にしもないのぼんおどり)」です。

通りに複数設置された篝火(かがりび)を細長く取り囲むように踊られ、仕切台と呼ばれる観覧席からの見物も可能です。「亡者踊り」「がんけ」と呼ばれる踊りも特徴的です。

郡上踊(岐阜県)

岐阜県郡上市八幡町で行われる盆踊り大会「郡上踊(ぐじょうおどり)」は、江戸中期の郡上藩主がはじめたといわれ、念仏踊りの流れを汲んだ盆踊りが見られます。

毎年7月中旬から9月上旬まで、33夜にも渡って開催されるのが特徴で、盂蘭盆会の8月13日〜16日は、午後8時から翌朝4時まで、夜通し踊り続ける「徹夜踊り」が行われます。

阿波おどり(徳島県)

東京高円寺をはじめ、全国各地で行われる阿波おどりのなかでも、400年の歴史を持ち、その発祥の地でもあるのが徳島県徳島市の「阿波おどり(あわおどり)」です。

毎年8月12日から15日まで行われる本番期間のほか、前日の11日には「選抜阿波おどり大会前夜祭」が、期間中も昼間は「選抜阿波おどり大会」夜は演舞場での「阿波おどり」が行われるなど、その規模も日本一です。

渋谷盆踊り大会(東京都)

日本らしい・渋谷らしい文化を楽しめる場を目指し、2017年から開催されているのが「渋谷盆踊り大会」です。

第2回となる2018年7月21日には、スクランブル交差点から文化村通り・道玄坂を歩行者天国とし、多くのゲストが迎えられるなか3万4千人もの人々が来場、思い思いに盆踊りを楽しみました。

みなとみらい大盆踊り(神奈川県)

2018年8月で11回目の開催を迎えたのが、横浜の新たな夏の風物詩「みなとみらい大盆踊り」です。

心地いい海風に吹かれつつ横浜の夜景を楽しめるとあり、年々来場者の増えている盆踊り大会です。地元ホテルの名物カレーが堪能できる屋台や、マスコットが登場する打ち水大作戦など、イベントも目白押しです。

盆踊りのまとめ

盆踊りは、日本人であれば意識せずともその存在を知っている、とても身近な風習だといえる一方で、その意味や由来などは、考えてみたこともないかもしれません。娯楽色の強くなった盆踊りは、夏祭りのイベントに近くなり、楽曲もさまざまなものが使われ、渋谷やみなとみらいのように、新しい形の盆踊りも誕生しています。

今一度その由来とともに盆踊りを見直しつつ、日本ならではの盆踊りを積極的に楽しんでみてはいかがでしょうか。