フードテック(foodtech)とは | 農業・流通・飲食、テクノロジーで食が変わる

公開日:

最新ICT技術を「食」の領域に適用させた「フードテック」。フードテックは、農業生産や流通、外食産業などだけでなく、次世代の食品開発などさまざまな分野で幅広く取り組まれています。人口増によりクローズアップされている世界の食糧問題。今後さらに深刻化するだろう食糧問題を解決する糸口になるのが、フードテック領域の取り組みだといわれています。フードテックとはどういった分野で貢献しているのか。具体的にどんな取り組みがなされているのか。テクノロジーで食の未来を変えるフードテックについて解説します。

注目のフードテック企業5選

ICT技術を活用して食の未来を変えるフードテック(foodtech)。生産や流通から中食や外食などの消費者に関わる領域、そして次世代技術の開発など、フードテックの取り組みは非常に多岐にわたっています。

そんななかでもとくに注目されている取り組みを行うフードテック企業を5つ紹介します。

ベースフード

ベースフードは、健康食の分野で「簡単」「おいしい」「からだに良い」ものを提供し、バランスの良い食事に戻すことで食のトレードオフをなくすことを目指しています。同社のベースパスタはすでに10万食を売り上げるなど順調に業績を伸ばしています。

ルートレック・ネットワークス

土壌環境をモニタリングしAIが自動で液肥供給を判断する「ゼロアグリ」を提供。農業就労者の高齢化や新規就労者の減少が進むなかで、作物の収量拡大や品質向上、省力化の実現を目指しています。

シャープ

調理技術や中食・外食などに関わる部分で、「ヘルシオデリ」というサービスを提供しています。これは、同社のオーブンレンジ「ヘルシオ」向けのプロが作った料理キットを宅配するというもので、温めるだけでプロの味が家庭でも楽しめるようになっています。

ビヨンド・ミート

ビヨンド・ミートは、大豆などの植物性原料で代用肉を作っています。日本進出に際して三井物産が出資するなど、大きな期待が寄せられています。

Uber

Uberが提供するUberEatsは一般の登録者が飲食店の料理を配達するサービスで、日本でも2016年から提供されています。海外でもさまざまな国や地域で使えるようになっており、そのエリアも拡大しています。

注目フードテック企業15選 日本・海外で「食」にイノベーションを起こす企業とは | ボクシルマガジン
フードテックとは情報通信技術(ICT)を食品や飲食業界に適用したサービス。「食」にイノベーションを起こすべく、アメ...

フードテックで食の未来が変わる

テクノロジーで「食」が抱えるあらゆる課題を解決しようとする、フードテック(foodtech)。ICT技術の発展や、世界の人口増を受けて深刻化する食糧問題を背景に、生産から流通までさまざまな領域で取り組みがなされています。

農業の「見える化」を進めるサービス、注文や調理の自動化で飲食店の人手不足を軽減するサービス、冷凍や配送に関わる新技術で流通を効率化するサービスなど、おもにスタートアップが中心となって新たなサービスや製品が生み出されています。

フードテックが活性化すれば食の未来が大きく変わっていくでしょう。