SaaS比較サイト「ボクシル」がカカクコム「価格.com Biz」との提携を発表

公開日: 最終更新日:

幣メディア「Beyond(ビヨンド)」とSaaS比較サイト「Boxil(ボクシル)」を運営するスマートキャンプは10月16日、法人向け購買支援サイト「価格.com Biz」との業務提携を発表した。働き方改革が叫ばれる中、業務効率化や生産性向上のため注目されるSaaS。市場は2021年には約5,800億円(国内)まで拡大すると予測されている。比較サイト2社の提携で、より幅広いユーザーと「SaaS情報」のあらたな接点創出を目指す。

SaaS比較サイト「ボクシル」がカカクコム「価格.com Biz」との提携を発表

拡大するSaaS市場、2021年には約5,800億円へ

SaaSとは「Software as a Service」の略で、これまでパッケージソフトとして提供されていた機能がクラウドサービスとして提供される形態のことである。

スマートキャンプが2018年8月に公開した「SaaS業界レポート2018」によると、SaaS市場は年平均成長率約15%の勢いで急成長を続けており、2021年には2016年の約2倍にあたる約5,800億円へと拡大すると見込まれている。

出典:スマートキャンプ「SaaSレポート2018」

カレンダーやチャット、ワークフローなどの「グループウェア」、見込み顧客のスコアリング、メール配信、マーケティング効果の検証機能などを自動化する「マーケティングオートメーション」などの導入も進んでおり、働き方改革に向けたワークスタイル変革は加速している。

出典:スマートキャンプ「SaaSレポート2018」

SaaS情報の接点拡大へ、比較最大手カカクコムとの提携

一方、増え続けるサービスに対し、自社に合うサービスが探せない、わからないという課題を抱える企業は多い。

また、業務の中で非効率だと感じること、漠然とやりにくいことなどがあっても、まず何から着手すればよいかわからない場合もある。

そもそも「SaaSを導入すべきか」という検討に入る以前に、SaaSとはなにか、SaaSのサービスはどんなものかを知るきっかけ、情報の接点が必要なのだ。

こうした課題解決のため、スマートキャンプ「ボクシル」は、比較最大手カカクコムが運営する法人向け購買支援サイト「価格.com Biz」との提携に至ったという。

具体的には、2018年4月にオープンした「価格.com biz」内の法人向けIT製品選び方・比較ガイドのカテゴリからのサービス送客先に「ボクシル」を設定している。

同社はこの提携で、より幅広いユーザーと「SaaS」情報の接点を創出し、企業の課題解決を後押しする。

スマートキャンプについて

スマートキャンプは「テクノロジーで社会の非効率を無くす」をミッションとして2014年6月の創業以来、BtoBマーケティング領域を中心にサービスを展開している。主なサービスとしてSaaS比較サイト「ボクシル」、インサイドセールスのコンサルティング・アウトソーシングサービス「ベイルズ」、ビジネス情報サイト「ボクシルマガジン」、ラクして賢くなるビジネスメディア「ビヨンド」などを開発・運営。