謹賀新年の意味は?賀正や迎春との違い|年賀状・メール・目上の人に使えるか

新年のあいさつとして年賀状などで見かける「謹賀新年」や「迎春」といった言葉。これらは「賀詞」と呼ばれ、お祝いの言葉として用いられます。賀詞には相手との関係や場面ごとに適切な使い方があり、謹賀新年にも注意した方がよいポイントがあります。ビジネスマナーとしても知っておきたい謹賀新年の意味や、賀正、迎春との違いを解説します。

謹賀新年はいつまで使えるのか

新年を祝う賀詞の一つ、謹賀新年。年賀状や年賀メールなどで、新年のあいさつとして目上の人にも使えます。ただし年賀状などと同様に、謹賀新年も使用時期のマナーがあります。

謹賀新年は松の内まで

一般的には「謹賀新年を使えるのは松の内まで」とされています。

デジタル大辞泉によると、松の内とは「正月の松飾りを立てておく期間。元日から7日、また15日まで」。1月1日の元日から7日までは松の内に入りますが、8日から15日までは松の内でないとする場合もあります。

かつては松の内といえば15日まで、という考えが一般的でした。しかし近年では松の内を7日までとすることも。また地域によっても異なるので注意が必要です。

ビジネスメールに使用できるか

近年は取引先などへ年賀状のかわりに年賀メールを送る企業も増えました。謹賀新年を使う場合も多いでしょう。

しかし、ビジネスメールへ謹賀新年を使ってもよいかどうかは意見が分かれています。謹賀新年を使うこと自体は間違いでないものの、ビジネスメールへ使うのは違和感があるという声があるのです。また年賀メールを送るのが松の内より遅くなる場合は、とくに使う言葉に気をつけましょう。

謹賀新年を正しく使おう

「謹賀新年」は年賀状などに使う賀詞(新年のあいさつ)の一つです。「丁寧に礼を尽くす」という意味を含むため、目上の人へのあいさつとしても使えます。一方で迎春や賀正は親しい人に使うのがマナー。使い分けが必要だとされています。

謹賀新年は新年のあいさつなので、使えるのは松の内まで。年賀メールも含めて送る時期に注意しましょう。ただし、ビジネスメールで謹賀新年を使うのは違和感がある、という意見もあります。送る相手のことも考えて慎重に検討したほうがよいでしょう。

ビジネスマナーとしても知っておきたい賀詞の使い分け。年賀状、年賀メールを送るとき、気をつけましょう。