ポイント投資とは?Tポイントやdポイント、楽天スーパーポイントで株式投資

ポイント投資とは、ここ2年ほどで注目を集めるようになったサービスで、溜まったポイントを使って投資をできるというもの。2018年10月30日、SBI証券とCCCマーケティングは資本業務提携契約を締結し合弁会社を設立、NTTdocomoのdポイント投資サービス、楽天証券の投資信託ポイント買付サービスなどに続いて「Tポイント投資」サービスを開始することを発表している。

ポイント投資とは?Tポイントやdポイント、楽天スーパーポイントで株式投資

ポイント投資とは

ポイント投資とは、買い物などで溜まったポイントを、消費のためではなく投資のために使うことができるサービスである。NTTdocomoのdポイント投資サービス、楽天証券の投資信託ポイント買付サービスや、Tポイント投資などがある。

なかでもTポイント投資は"後発"だ。2018年10月30日、SBI証券とCCCマーケティングは資本業務提携契約を締結し合弁会社を設立したことを発表。若年層をメインターゲットとし、スマートフォンをメインチャネルとした金融サービスを提供、取引に応じたTポイントの付与およびTポイントを使って金融商品が購入できる「Tポイント投資」サービスを開始した。

SBIネオモバイル証券の設立

>>>ネオモバ公式サイトをチェックする<<<

SBI証券とCCCマーケティングは、合弁会社としてSBIネオモバイル証券を設立し、スマートフォンをメインチャネルとした金融サービス提供を開始することを発表した。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントプログラムを導入。取引に応じてTポイントを付与、またTポイントを使って金融商品を購入できる「Tポイント投資」サービスを提供する。

投資経験が少ないユーザーも利用しやすいサービスを目指すという。Tカードの購買データを活用して、ビッグデータ解析に基づいた投資情報サービスの提供も検討する予定だ。

SBIネオモバイル証券の主なサービス内容は、以下のとおり。


- 取引に応じてTポイントが『貯まる・使える』
- スマートフォンだけで完結するシンプルな取引環境
- 若年層でも始めやすい格安な手数料体系
- Tカードの購買データを活用した独自の投資情報

SBI証券もTポイントプログラムを開始

SBI証券は、2019年7月20日よりTポイントプログラムを開始することを発表した。これによりTポイントで投資信託の買い付けが可能となった。

対象となる取引・サービスは以下のとおり。


- 国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)
- 投資信託取引(投信マイレージ)
- 金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)
- 新規口座開設
- 国内株式入庫
- 各種キャンペーン

「Tポイント投資」は、ぶっちゃけ流行るのか?

メインターゲットは若年層だ。同社によると、年間利用T会員数は6,788万人、20代は1000万人を超えるという。Tカードを利用する20代は、20代人口の82.3%に当たる。(2018年9月末現在)

若年層・投資未経験層の資産形成に注力してきたSBI証券とタッグを組むことで、若年層の「Tポイント投資」を促進する構えだ。

「Tポイントはたまりにくい」との声も

Tポイントはサービス開始から15年を迎え、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、衣料店、家電量販店、携帯電話、ネットショッピング、電気・ガスなど、生活のあらゆる面で利用できるサービスだ。

しかし、ネット上のコメントを見てみると、「Tポイントはたまりにくい」という声も多い。確かに筆者も、Tカードは持ってはいるが、使っているのはファミマだけで、一向にポイントがたまらない。株式投資に使えるほどポイントを保有する20代を、どれくらい見込んでいるのか気になるところだ。

還元率の低いTポイントではなく、dポイントや楽天ポイントをためているという声も目立つ。注目すべきは、両ポイントとも「ポイント投資」サービスを開始している点ではないだろうか。

「ポイント投資」サービス、続々と

dポイント(NTTドコモ)

2018年5月、NTTドコモはdポイントを使った投資サービスを開始している。同社によると、保有するdポイントを使って投資体験ができる新しいサービスだ。

dポイントを「運用ポイント」に交換(追加)すると、運用ポイントが投資信託の基準価額に連動して毎日変動。運用ポイントはいつでもdポイントに交換(引出)することができるという。

運用中のポイントが何ポイントになっているかは、スマホからすぐに確認できる。ポイントの追加や引き出しも、リアルタイムで簡単にでき、ロボアドバイザーによる将来の資産予測が簡単にできるシュミレーター機能付きだ。

楽天スーパーポイント(楽天)

2018年10月、楽天スーパーポイントで投資体験できる「ポイント運用 by 楽天PointClub」が開始された。各種サービスや提携店舗の利用で貯まった楽天スーパーポイントを運用できるサービスだ。

設定した楽天スーパーポイントは、楽天証券で購入可能な投資信託の基準価額に原則連動しており、日々増減する。実際の投資に似た体験が行えて、楽天証券の口座がなくても利用可能だ。

運用で増加した楽天スーパーポイントは、いつでも1ポイント単位で引き出し可能。楽天の各種サービスや提携店舗で利用できる。本格的な資産運用を希望する場合は、楽天証券でポイントを利用した投資信託の購入なども可能という。

ポイント投資で若年層を取り込む

政府や多くの企業が「貯蓄から資産形成」を目指してさまざまな取り組みを行なっているが、ポイント投資もその一つとして注目されている。ポイント投資によって若年層の資産形成は活性化されるのか注目である。

\余ったTポイントで投資できる!/

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。