IBMクラウド市場へ大博打 レッドハット巨額買収でアマゾン、マイクロソフト追随なるか

公開日:
IBMがクラウド市場でアマゾン、マイクロソフトへ勝負を仕掛けようとしている。企業向けLinuxディストリビューションなどを提供しているレッドハット(Red Hat)を340億ドル(約3兆8,400億円)もの巨額資金を投じて買収すると発表したのだ。一時低迷していたIBMだが、ソフトウェアやサービスを主力事業とする方向へ転換して安定を取り戻した。しかし、クラウド市場では1位アマゾンや2位マイクロソフトとの差が開きつつある。そこで打った大博打がレッドハット買収だ。
IBMクラウド市場へ大博打 レッドハット巨額買収でアマゾン、マイクロソフト追随なるか

IBM、レッドハットを340億ドルで買収

今週に入って大きなニュースが飛び込んできた。世界的なIT企業のIBMが、企業向けLinuxディストリビューションと関連サービスなどを手がけるレッドハット(Red Hat)を買収すると発表したのだ。買収に向けての合意はすでになされており、買収手続きは2019年中に完了する見込みという。

レッドハットは企業向けLinux OSの「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」で有名だが、ミドルウェア、仮想化、クラウド、ストレージ、開発プラットフォーム、自動化など、Linux活用に欠かせない周辺技術を多数持っている。また、同社にとっては企業向けサポートサービスが大きな収益源である。

そんなレッドハットを、IBMは何と340億ドル(約3兆8,400億円)もの資金を投じて傘下に収める。IBMにとって過去最大規模の買収だそうで、それほどまでしてレッドハットを手に入れる目的は何なのだろう。

IBMはクラウド企業へ方向転換中

IBMに対し、どのようなイメージがあるだろうか。大型コンピューター(メインフレーム)、初代「Macintosh(Mac)」発売時のアップルから「ビッグブラザー」と皮肉られたビジネス用PC、堅牢性などが評価されて人気を博したノートPCシリーズ「ThinkPad」、ハードディスク(HDD)やフロッピーディスク(FDD)を発明し、米国の特許取得件数1位を20年以上も守っており、「IBMは、技術、特にハードウェア中心の企業」と考える人が多いはずだ。

ところが現在のIBMは、PCおよびPCサーバー事業を中国のレノボグループへ売却するなどして、消費者市場からエンタープライズ市場へ、ソフトウェアからサービス、クラウド、AIへと軸足を移すことを決断。1990年代から2000年代にかけて一時低迷したが、こうした方針転換が奏功して今は安定を取り戻している。

ただ、IBMがコグニティブ(認知)コンピューティングと呼ぶAI「Watson」は技術的に興味深いが、収益源とするにはまだ力不足である。クラウドサービス「IBM Cloud」(旧名称「IBM Bluemix」)は健闘しているものの、アマゾン、マイクロソフト、グーグルの後を追う状況が続いている。大手プレイヤーの寡占状態になりやすいIT関連市場において、この現状は先行き不安だ。

レッドハット買収を発表したプレスリリースのなかでIBMは、1兆ドル(約113兆円)規模という成長著しいクラウド市場において世界ナンバー1のハイブリッド・クラウド・プロバイダーになる、と宣言した。クラウド事業をレッドハットの製品およびサービス群でてこ入れし、今後の柱とすることが狙いなのだ。

クラウド時代、IBMは「その他扱い」に

IBMが狙うクラウド市場の状況を確認しよう。

調査会社ガートナーが4月に発表した予測によると、2018年におけるパブリック・クラウド・サービス市場の売上高は全世界で1,864億ドル(約21兆707億円)になる見通しだそうだ。これは2017年の1,535億ドル(約17兆3,547億円)から21.4%も多い金額である。しかも同市場は今後も順調に成長を続け、2021年に3,025億ドル規模(約34兆1,946億円)まで拡大すると予想している。

大きな将来性が見込まれるクラウド市場では、どんな企業が活躍しているのだろう。調査会社カナリスの調査レポートによると、2017年第4四半期時点の市場シェア1位は、アマゾン傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の32%だった。2位はクラウド・サービス「Azure」を提供するマイクロソフトだが、シェアは14%でAWSの半分にも満たない。3位は8%と少し離されたグーグルで、4位にやっとIBMが4%で登場する。

出典:Canalys / Cloud infrastructure market grows 45% in 2017, but faces challenges in 2018

これら4社はすべて増収したのだが、前年同期比はAWSが45%増、マイクロソフトが98%増、グーグルが85%増と大きく成長したのに対し、IBMは9%増にとどまっている。

その影響なのか2018年第3四半期を対象にしたカナリスの調査では、1位AWS(32%)、2位マイクロソフト(17%)、3位グーグル(8%)までの順位は変わらなかったが、4位に中国のアリババ(4%)が入り、IBMは抜かされた。シェア上位10社を掲載したカナリスのグラフを見ると、IBMは残り5社とまとめられている。

出典:Canalys / Cloud infrastructure spend climbs 46% in Q3 2018 as US-China competition intensifies

メインフレーム全盛期の1960年代から1970年代はIBMの一強状態で、「IBMとその他」という様相を呈していた。そのIBMが、クラウド時代の現在ついに「その他」扱いされてしまったのだ。

IBMはレッドハット買収でアマゾン、マイクロソフト追随なるか

クラウド市場の未来は明るいが、IBMの行く手には雲が垂れ込めている。AWSなどから引き離され、アリババとの差も広げられる状況が続くと、「絶滅へ向かう恐竜」と揶揄(やゆ)されたメインフレームを抱え込んで苦しんでいたのと同じ状況に陥りかねない。

そこで、クラウド展開で強力な武器になるのがレッドハットだ。クラウド上の仮想マシンでRHELを動かすユーザーは多いし、レッドハットのミドルウェアも欠かせない存在である。

買収後レッドハットは、IBMのハイブリッド・クラウド部門へ組み込まれる。ただし、独立性は維持され、現在の経営陣がそのまま運営を続ける。オープンソース企業としての中立性も保たれるという。

IBMとレッドハットは、Linuxやオープンソースの分野で以前から協力関係にあるので、相性も悪くないだろう。レッドハット買収の効果が出るのは当分先だが、クラウド市場がどう反応するか楽しみだ。