【iPhone】iTunes同期方法・できないときの対処法 | 音楽・動画・写真

公開日:

iPhoneが同期できないときの対処法には、iTunes・iPhone双方の再起動、最新版のiTunesのインストール、USBケーブルやポートの不良などが考えられます。音楽を含めたiTunesでのiPhone同期方法を解説し、双方向転送も可能にするiTunes以外での同期方法も紹介します。

iTunesで写真を同期する

iPhoneのカメラロールは「写真」「Aperture」「iPhoto」などのアプリに読み込めます。以下は、Apertureに写真読み込みを行った例で、USBケーブルを接続したiPhone内のカメラロールが表示されています。

iPhoneのカメラロールをコンピューターに保存するのとは別に、コンピューターにある写真やビデオを同期してiPhoneに転送できます。USBケーブルを使ってiPhoneとコンピューターを接続します。iTunesがiPhoneを認識してアイコンが表示されたらクリックし、iPhoneの項目に並んでいる「写真」を選択します。

「写真を同期」にチェックを入れると、iPhoneと同期して転送するためのコピー元が選択できます。

iPhoneに転送したい写真のあるフォルダを選択し「適用」をクリックすれば写真が転送されます。写真アプリを利用している場合は、コピー元を写真にするのも可能です。

iTunesを使わずにiPhoneを同期する

音楽を同期

iTunesのドライブがクラッシュして音楽ライブラリが消えてしまった場合、iPhoneにあるライブラリはコンピューターへ転送できず、同期するとiPhoneの音楽ライブラリも消えてしまいます。

こうした制限をなくしてiPhoneを同期できるソフトウェアをいくつか紹介します。

まずは「iSkysoft iTransfer」です。

iTunesからiPhoneへという、一方的な同期のみならず、iPhoneからiTunesへの音楽転送も可能です。iTransferで管理した音楽を、iPhoneのライブラリに「追加転送」するのも可能で、Windows版もリリースされています。

iTransferと同様の使い方ができるソフトウェアに「SharePod」があります。

どちらも有償のソフトウェアではあるものの、iTuneでは実現できない自在な管理ができるため、ひとつ用意しておくのもいいかもしれません。

写真を同期

コンピューターからiPhoneへの写真転送は、iTunesとの同期で実現できます。
しかし、写真の同期はライブラリを一旦削除して読み込み直すことでリフレッシュされており、特定の写真だけを自在に同期するのは難しいのが現実です。

これらの制限をなくし、iTunesを使わずに写真を同期する方法をいくつか紹介します。

まずは「CopyTrans Photo」です。

ドラッグ&ドロップによる簡単管理ができるのはもちろん、フォーマットをJpgに変換する、ライブラリを作成して管理することもできます。Windows版もリリースされています。

このほかには、Googleドライブにコンピューターから写真をアップし、iOSアプリを使ってiPhoneのカメラロールに保存する方法があります。DropboxやLINEのデスクトップ版でも同様の管理ができるため、サービスを利用している場合は活用してみるのもいいでしょう。

どうしても同期できないときはサポートセンターへ

iPhoneが同期できないときは、基本的な使い方が間違っていないのかを確認する必要があります。本記事では、iTunesとの同期を基本に、その有効活用の方法を基本となる使い方とともに解説し、iTunesでは実現できない、音楽の双方向転送の方法も紹介しました。

それでも同期がうまくいかない場合は、iTunesを最新版に更新してみる、デバイスの再起動を試してみるなどの方法があり、USBケーブル・ポートの不良なども考えられます。最終的にどうしても同期できない場合は、Genius Barに出向くなど、サポートセンターへ相談するべきでしょう。

今さら聞けないiPhoneの使い方徹底解説【完全ガイド】

iPhoneの機種変更基本ガイド

iPhoneの最新機種・最新iOS徹底解説

iPhone便利機能の使い方

iPhone裏ワザ・テクニック・アクセサリーまとめ

※順次追加予定