交際の決め手は顔と性格、夫婦円満の秘訣は「一緒に料理」?11月22日はいい夫婦の日

最終更新日: 公開日:
交際の決め手は顔と性格。結婚後も愛情だけは変わってほしくない。さらに円満な夫婦関係を維持するには「一緒に料理」をするとよいかもしれない。そんな夫婦の本音が伺える調査結果が発表された。11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよい関係を続けていくヒントを探ってみよう。
交際の決め手は顔と性格、夫婦円満の秘訣は「一緒に料理」?11月22日はいい夫婦の日

交際の決め手はやっぱり顔?

ゲンナイ製薬は「パートナーの好きなところに関するアンケート調査」を実施、11月12日に結果を発表した。既婚者が、現在の夫や妻と付き合う決め手となったポイントは何だったのか。そして今後もずっと変わってほしくないことは、など交際時と結婚後の変化を調べている。対象は全国の20代~50代の既婚女性2,090名と、既婚男性100名。

まず「パートナーと交際に至った決め手を教えてください」という質問に対しては、男女ともに「性格が素敵だった」が1位。いずれも半数を超えている。また2位以下をみると、男性は「顔が好みだった」(27%)が2位。女性は「顔が好みだった」(11.1%)、「なりゆき」(10.5%)が2位、3位に。

出典:プレスリリース

「その他」のフリー回答では、男性が「いろいろ合った」「趣味が合った」と相性の一致を答えているのに対し、女性は「告白された」「胃袋をつかまれた」「恐ろしく私に優しかった」「好きというアプローチが激しかった」など、何かをしてもらったことが決め手となった傾向が見られたという。

「愛情」は変わってほしくない

「パートナーの『ここだけは変わってほしくない!』ところを教えてください」との質問に対しては、男女ともに1位「愛情」、2位「性格」だった。

出典:プレスリリース

交際の決め手は顔と性格、結婚後も愛情だけは変わってほしくない。そんな本音が垣間見える調査結果だった。

では、愛情を持続させるにはどうしたらよいのだろうか。ヒントは料理にあるかもしれない。

2人で料理すると夫婦円満に?

食品宅配サービス「Oisix」を運営するオイシックス・ラ・大地は、料理と夫婦関係に関する調査を実施。11月15日に結果を発表した。調査対象は全国の18祭以上の既婚男女550名(男性275名、女性275名)。

「夫婦2人で料理をすることはありますか?(※料理の一部を手伝うことも含む)」との質問には、40.2%の夫婦が「はい」と回答した。はいと回答した人に頻度を尋ねたところ、「月1~2回程度」 が38.9% 、「週1~2回程度」が34.4%と高い割合を示した。

出典:プレスリリース

同調査ではさらに、夫婦で料理することと夫婦円満度合いの相関関係も調べている。夫婦で料理をする人は、しない人より自身の夫婦関係について「とても円満だ」「まぁ円満だ」と回答する割合が約1.2倍となったという。一緒に料理をすることでコミュニケーションが生まれ、夫婦関係に良い影響を与えていると同社は分析している。

出典:プレスリリース