1人で2台の自動走行車を遠隔運転|11月19日世界初の実証実験

公開日:
経済産業省・国土交通省は、自動運転レベル4相当の車両を用いて、11月19日に公道で実証実験を行うことを発表した。遠隔にいる1人の運転者が、2台の自動走行車両を遠隔監視・操作するという実験で、世界初の試みだという。これが成功すれば、無人走行のさまざまな移動サービスの実現に向け、大きな一歩となる。
1人で2台の自動走行車を遠隔運転|11月19日世界初の実証実験

無人自動走行による移動サービス実用化にむけて

経産省・国交省は平成30年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」にもとづき、2020年に無人自動走行による移動サービス実現を目指している。

高齢化や過疎化により、特に地方では、買い物や病院など日常の移動が困難になっている人が多い。とはいえ公共交通機関を増便するコストはなく、運転者不足も深刻だ。

自宅と最寄駅などの「ラストワンマイル」の移動手段が自動化されれば、こうした課題解消に向け大きな一歩となるのは間違いない。

この需要に対し、民間も敏感に反応している。ソフトバンクとトヨタのモビリティ新会社「MONET」設立など、今後もモビリティ業界の動きは活発化しそうだ。

自動運転レベル4の車両を使用

自動運転技術の開発は、産業技術総合研究所に委託しており、今回実証実験に使用するのは自動運転レベル4相当の技術を搭載した車両だ。

自動運転レベルとは、技術に応じて、レベル0「ドライバーがすべての操作を行う状態」から、レベル5「あらゆる状況ですべての操作を自動で行える状態」まで5段階で分けられている。

フォルクスワーゲンホームページ「自動運転の基礎知識」より引用

今回実証実験で使用されるのはレベル4「特定の場所ですべての操作を自動で行う」機能を搭載した車両だという。

遠隔ドライバー1名が2台を同時操作

11月19日、福井県永平寺町の公道において、実証実験は行われる予定だ。遠隔にいる1人の運転者が2台の自動走行車両を監視・操作するという、世界初の試みである。

自動運転車1台につき1人が監視するというのは、サービスとしてはコストがかかりすぎ、現実的ではない。この実証実験によって、遠隔基地から、複数の自動運転車両を管理する仕組みの実用化に向け、大きな前進となるだろう。