Wi-Fiルーター選び方ガイド | 自宅用から海外でも使えるモバイルルーターまで

最終更新日: 公開日:
インターネットを無線化でき、高速なデータ通信が行える「Wi-Fi(無線LAN)ルーター」。最近では家庭用のホームルーターだけでなく、外出先で使うモバイルルーターも人気を集めています。本記事では、そんなWi-Fiルーターを導入するメリットや種類、選び方、おすすめ製品まで解説します。
Wi-Fiルーター選び方ガイド | 自宅用から海外でも使えるモバイルルーターまで

Wi-Fiルーターのメリット

インターネットを無線化でき、高速なデータ通信が行えるWi-Fi(無線LAN)ルーター。しかし、さまざまな種類があるため、どのような基準で選んだらよいか迷っている人もいるのではないでしょうか?

本記事では、そんなWi-Fiルーターについて徹底解説していきます。Wi-Fiルーターの購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

Wi-Fiルーターを導入すべき理由

・ワイヤレスでインターネット接続ができる
・複数のデバイスを同時接続可能
・スマートフォンのデータ通信量削減につながる

Wi-Fiルーターを導入すべき理由としては、まずワイヤレスでパソコンをインターネットに接続できる点が挙げられます。有線LANのように煩わしいケーブル接続が不要のため、自宅のさまざまな場所で自由度高くインターネットが楽しめます。

また、製品によっては同時に何台ものパソコンやスマートフォン、タブレットをインターネットに接続可能です。家族複数人がインターネットを楽しむという家庭にとっては、この点は大きな魅力となるでしょう。

さらにスマートフォンの場合は、外出先でキャリアのデータ通信、家ではWi-Fiと使い分けることでデータ通信量を抑え、月額料金を削減できるものメリットと言えます。

Wi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターは大きく分けて自宅用のホームルーターと外出先で使うモバイルルーターの2つに分類できます。ここからは、それぞれの特徴を解説していきます。

自宅で使えるホームルーター

・家庭やオフィスで使う据え置き型
・アンテナが大きく電波を受信しやすい
・何台ものパソコンやスマートフォンを同時接続できる

ホームルーターは家庭やオフィスで使う一般的な据え置きタイプの製品。外出先に持ち運ぶのは難しいですが、電波を受信しやすいようアンテナが大きく設計されています。複数台のパソコンやスマートフォンをインターネットに同時に接続しやすいのも特徴です。

外出先や海外で使えるモバイルルーター

・外出先などに持ち運んで使うモバイル型
・サイズが小さく持ち運びに最適
・海外対応の製品を選べば海外旅行・出張でも利用できる

モバイルルーターは外出先での使用を想定した小型・軽量の製品。カバンに入れて毎日持ち運ぶことができます。

最近では海外対応の製品、なかでも海外出張・海外旅行者をターゲットにしたレンタル製品(プラン)が数多く用意されています。海外で携帯キャリアのデータ通信を利用すると通信量がかさんでしまいますが、これらを使えば安心です。

Wi-Fiルーターの選び方

ここからはWi-Fiルーターの選び方をポイント別に解説していきます。

自宅の間取りや利用人数で選ぶ

Wi-Fiルーター(ホームルーター)を選ぶ際にまず重要なのは、自宅の間取りや利用人数、同時接続台数など具体的な利用シーンを想定することです。Wi-Fiルーターの製品パッケージにはこうした情報が記載されているため、基準にするのがよいでしょう。

この間取りや利用人数を左右するのが、Wi-Fiルーターに搭載されるアンテナ数です。アンテナが多いほど通信速度が速くなり、より遠くまで電波が届くとされています。ちなみに、現在の最高クラスは「4×4」と表示されるモデルで、これは受信用および送信用のアンテナがそれぞれ4本ずつあるという意味となります。

通信規格で選ぶ

Wi-Fiルーターの選択基準としてもう一つ重要なのが「通信規格」です。現状では以下のような5つの規格があり、それぞれ特徴があります。

通信規格(IEEE802.11) 11ac 11a 11b 11g 11n
最大通信速度 6.4Gbps 54Mbps 11Mbps 54Mbps 600Mbps
周波数帯 5GHz 5GHz 2.4GHz 2.4GHz 5GHz・2.4GHz

なかでも製品を選ぶ際に注目してほしい規格は、電波干渉を受けづらい5GHz帯に対応し、最大6.9Gbpsの高速通信が可能なIEEE802.11acです。とはいえ、最新のWi-FiルーターはほとんどがIEEE802.11ac対応となっているので、これらの製品を選んでおけば問題ありません。

おすすめのホームルーター

最後に、おすすめのWi-Fiルーターをいくつか紹介します。まずは自宅で使えるホームルーターからです。

バッファロー WHR-1166DHP4

IEEE802.11ac+ 2×2アンテナ搭載のWi-Fiルーターです。スマートフォンからでも初期設定や接続設定を簡単に行えるほか、通信の安定性と高速さを高めるビームフォーミング機能にも対応しています。

NEC Aterm WG2600HP3

IEEE802.11ac+4×4アンテナ搭載で最大1733Mbpsの高速通信が可能なWi-Fiルーターです。周囲の電波強度や対応帯域を判別し、2.4GHz帯と5GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分けるバンドステアリング機能も搭載しています。

おすすめのモバイルルーター(キャリア製品)

続いて、おすすめのモバイルルーターを紹介していきます。

UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05

下り最大440Mbps、上り最大30Mbps(ハイスピードモード利用時最大75Mbps)の通信に対応したモバイルルーターです。最大14時間の駆動が可能で、10台までの同時接続にも対応します。

UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX04

UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05のひと世代前のモデル。4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション(CA)技によって、下り最大440Mbpsの高速通信を実現しています。

Wi-Fiルーターの魅力を実感

パソコンやスマートフォン、タブレット、ゲーム機などを無線でインターネット接続できるWi-Fiルーターが今、注目を集めています。その種類も自宅で使えるホームルーターと、外出先や海外に持ち運んで使えるモバイルルーターがあり、用途に応じて選択できます。

そんなWi-Fiルーターを選ぶうえで重要なのは、自宅の間取りや利用人数を確認すること(ホームルーターの場合)、対応通信規格を確認することの2つです。

本記事で解説したこれらポイントを意識しながら、お気に入りのWi-Fiルーターを購入してインターネットライフを充実させましょう。