Uberがソフトバンクグループの配車システムと連携、タクシーの効率配車すすむ

公開日:
ソフトバンクは11月28日、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズと、UberJapanが配車システムの連携を開始することを発表した。Uberが他社の配車システムと連携するのは日本初のことで、これによりUber側でタクシーの状態を把握し、より効率的な配車サービスが可能になるという。
Uberがソフトバンクグループの配車システムと連携、タクシーの効率配車すすむ

ニュースのポイント

1.ソフトバンクグループ会社とUberが国内初のシステム連携
2.これにより、リアルな営業状態をふまえたタクシー配車打診が可能に
3.なぜソフトバンクは、世界の配車企業へ出資するのか

Uberが国内の配車システムと初の連携

ソフトバンクは11月28日、ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズと、UberJapanが配車システムの連携を開始することを発表した。

これにより、タクシー車両の営業状態をふまえた配車打診が可能になり、より効率的な配車ができるという。

リアライズ・モバイル・コミュニケーションズは、クラウド型タクシー配車管理システムSMARTを活用して、タクシーにスマートフォンやタブレット1台だけ搭載すれば配車管理できるシステムを提供しており、フジタクシーグループなどがすでに利用しているという。

出典:リアライズ・モバイル・コミュニケーションズサイトより

2018年9月から、Uberはフジタクシーと協業して名古屋地区でのタクシー配車サービスをスタートしていた。

しかしUber側でタクシーのステータス情報を取得していないため、Uberのドライバーアプリにおいて配車可能であるかどうか、システムとして把握できない状況だったという。

今回の両システム連携で、空車検索時間の短縮など効率的な配車が期待される。

出典:プレスリリース

ソフトバンクのモビリティ戦略は加速

ソフトバンクはこれまで、インドのOla、東南アジアのGrab、中国の滴滴出行、そしてUberなど世界の配車大手企業に投資を行ってきた。競合になる企業のほぼすべてに投資するというこの戦略は、何を意味するのか。

ライド・シェアは現状、法規制により日本で広がりを見せていないが、近い将来に規制は緩和されるともいわれている。このときに、日本で業界のリード企業となるのは、間違いなくソフトバンクだろう。

またソフトバンクは、トヨタとの合弁会社「MONET」で、自動運転技術や地域のモビリティ課題解決ノウハウなどを蓄積し、着々と準備を進めている。

孫社長の狙いは、世界へ日本のモビリティ技術やノウハウを、売り出すことではないだろうか。だからこそ、世界の配車大手との連携強化が必要なのだ。

ソフトバンクが提供する自動運転タクシーが世界で配車されるという未来がくるのは、そう遠くないかもしれない。