LINE MUSICとは - 料金・使い方・ダウンロード方法を解説|無料期間もある!

最終更新日: 公開日:
LINEの定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」の料金プランや機能面、利用するメリット・デメリットについて解説します。3ヶ月の無料トライアル期間もあるので、ぜひ皆さんも活用してみてください。
LINE MUSICとは - 料金・使い方・ダウンロード方法を解説|無料期間もある!

LINE MUSICとは

LINE MUSICとは、LINEが提供する定額制音楽聴き放題サービスです。従来のダウンロード型の音楽サービスは、1曲またはアルバム単位で楽曲を購入するのに対して、LINE MUSICのようなストリーミング型の音楽サービスは、利用する期間に対して課金するため、その期間中は何曲でも音楽を楽しめるのが特徴です。

LINE MUSICは、数ある音楽配信サービスの中でも比較的料金が安めで、5,500万曲もの膨大な楽曲が楽しめることから、利用者が着実に増えてきています。また、学生向けのお得な料金プランなども用意されているため、学生でも気軽に利用できるのもポイントです。

LINE MUSICの利用方法

LINE MUSICを利用するには、まずスマートフォンに専用アプリをダウンロードする必要があります。iOS(iPhone)版とAndroid版が用意されているので、お使いのスマートフォンに応じてダウンロードしてください。

LINE MUSICの料金プラン

ここからはLINE MUSICの料金プランについて解説します。プランの内容および料金は以下のとおりです。

プラン名 ベーシックプラン ※Androidのみ プレミアムプラン ファミリープラン
利用時間 20時間/月 無制限 無制限
月額 500円 960円 1400円
月額(学割) 300円 480円 -
年額 - 9,600円 14,000円

LINE MUSICには、月20時間までの利用が可能な「ベーシックプラン」、毎月時間無制限で利用できる「プレミアムプラン」、最大6人までの家族が利用できる「ファミリープラン」の3つが用意されています。

なお、LINEユーザーは最大3か月の無料トライアルが用意されているので、月額料金を支払って正式に利用する前にぜひ利用してみましょう。

プレミアムプラン

プレミアムプランは月額960円/年額9,600円で5500万曲もの楽曲が時間無制限で聴き放題になるプランです。通勤・通学時間や作業中、自宅など、日常的に何時間も音楽を楽しむという方はこのプランを選ぶのがよいでしょう。

ベーシックプラン

ベーシックプランは20時間/月まで音楽が聴き放題となるAndroid限定のプランです。1日40分程度の音楽リスニングが可能なため、それほど音楽を聴く時間が長くないという人は、月額料金を抑えられるこのプランで十分でしょう

ファミリープラン

ファミリープランは最大6人までのLINEユーザーが利用できるプラン。代表のメンバーはLINEの友だちからファミリーユーザーを指定可能です。月額料金は代表メンバーが支払うかたちになります。家族や友達同士で1人分の月額料金を抑えながらサービスを利用したいという人におすすめです。

LINE MUSICの学割

LINE MUSICには学生限定のお得なプランも用意されています。上の料金表でも示したとおり、ベーシックプランとプレミアムプランの双方に学割が適用され、対象は中学校/高等学校/大学/大学院/短期大学/高等専門学校/専修学校/各種学校に在籍者(年齢制限なし)となります。なお、申し込み時には学生証などの証明書を提出する必要があります。

LINE MUSICの便利な機能

ここからは、LINE MUSICの便利な機能について紹介していきます。

BGMの設定

LINE MUSICにはLINEとの連携機能も備わっています。そのひとつが、LINEのプロフィール欄のBGM設定です。LINEのプロフィール欄の一部に楽曲(歌手名・曲名)が表示されているのを見たことがあると思いますが、これはLINE MUSICから設定可能なのです。

その方法を紹介していきましょう。まずLINE MUSICアプリを起動し、LINEアカウントでログインすることでLINEと連携させます。

続いて、LINEのプロフィール設定でBGMをオンにし、LINE MUSICから好みの音楽を選択します。

BGMがプロフィールに欄に反映されます。

着うた機能

LINE MUSICの有料会員であれば、LINEで電話を受け取った際(着信時)に最大30秒間好きな楽曲を着信音として流せます。ここからはその設定方法を紹介していきましょう。

LINEアプリを起動して「設定(歯車マーク)」から「通話」→「呼出音」を選択します。

続いて、「LINE MUSICで呼出音を作成」を選択。LINE MUSICから好きな楽曲を選択し、保存したい(着信時に流したい)部分をトリミングして設定すれば完了です。

フレンズチョイス

LINE MUSICでは、LINE MUSICを使用しているLINEの友だちが再生した楽曲をピックアップしたカテゴリが生成されます。個人の特定はできませんが、友人が聞いている音楽や再生された回数などがわかります。

カテゴリは基本的に毎日生成されますから、友だちが注目している楽曲を都度チェックできます。今の流行りの音楽を知れるほか、同世代間でどんな楽曲が流行っているのか調べるのにも便利です。

LINE MUSICのメリット

ここからは、LINE MUSICを利用するメリットについて解説していきます。

5,500万曲もの楽曲を聴ける

LINE MUSICの楽曲は、なんと5,500万曲。スマートフォンさえあれば、幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも楽しめます。

機能面では、楽曲の盛り上がるところ(約30秒)を再生する「ハイライト機能」を搭載し、洋楽やアニメソングも豊富。好きなジャンルやアーティストを選択するだけで、好みを自動で分析するレコメンドにも対応しています。

LINEアカウントで登録可能

LINE MUSICはLINEの利用を前提としているアプリのため、LINEのアカウントで登録できます。そのため、ほかの音楽配信アプリや音楽サービスに比べて登録・初期設定が非常に簡単です。

登録のためにいちいち名前や住所を打ち込むのは面倒に感じることが多いので、LINEを利用している人は試してみる価値のあるセービスと言えるのではないでしょうか。

SNSアプリなどでシェアできる

LINE MUSICで配信されている楽曲は、LINEトークやLINEタイムラインのほか、Twitter、Facebookでシェア(共有)できます。方法も非常に簡単で、再生画面のLINEアイコンから友だちやグループを選択するだけです。

LINE MUSICのデメリット

ここまで紹介してきた通り、LINE MUSICは便利で多機能な音楽配信サービスです。いっぽうで、それほど大きな問題ではないものの、デメリットと言える点もあります。

パソコン専用のアプリがない

LINE MUSICは、スマホ版アプリがあるもののパソコン専用のアプリはありません。そのため、PCでLINE MUSICを楽しむ場合は、ブラウザ版を使用します。LINEログインやゲストログインがないので、LINEアカウントで設定したアドレスとパスワードを使ってログインしてください。

ブラウザ版はアプリほど機能面が充実していないため、多少使い勝手の悪さを感じる人がいるかもしれませんが、プレイリストの作成や楽曲検索が楽にできるメリットもあります。

自動課金を止める作業が面倒

LINE MUSICの月額課金は自動更新制となっており、無料期間終了以降は毎月自動的に課金されていきます。契約を延長しない場合は、無料期間終了前にユーザーが自ら更新を停止する必要がありますが、その作業がわかりにくいという声も聞かれます。

具体的には、設定画面からではなく、iTunesなどを通じてApple IDの購読管理ページから更新を停止しなければならなりません。今後改善される可能性はありますが、現状ではどうしても手間がかかる作業となっています。

LINE MUSICを使いこなそう

日本人の多くがメインのコミュニケーションツールとして活用しているLINE。本記事では、そんなLINEが展開する定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のプランや機能面、利用するメリット・デメリットについて解説しました。

LINE MUSICは定額制音楽配信サービスとしては比較的リーズナブル。音楽が楽しめるだけでなく、豊富な機能を備え、LINEと連携させることで、活用の幅を広げられるのも魅力です。

現状、いくつかのデメリットが指摘されてはいるものの、最大3か月の無料トライアルも用意されているので、ぜひこの機会に試してみましょう。

LINEを使う人ならLINE MOBILEで月額料金が超お得に

LINE MOBILE

月のスマホ利用料が気になるなら、最安月額600円から利用できるLINE MOBILEを。
LINE MUSICやLINEで送受信する動画や画像、インスタグラム、ツイッターなどのデータ通信量はカウントされません。

もちろん、余った容量の繰り越しやプレゼントも可能。SIMカードの差し替えだけの簡単乗り換え!

>>>今すぐ料金シミュレーション

待たずに買える!最新iPhoneを公式オンラインショップで購入する方法

「新しいiPhoneが欲しいけど、並ぶのは嫌だし、お店まで行く時間もない…」と悩むアナタは、公式オンラインショップでの購入がオススメです。

キャリアが運営するオンラインショップなので、偽物や不具合のあるiPhoneを購入する危険性もありません。

docomoオンラインショップ

docomoオンラインショップは、店頭で必要な契約時の事務手数料が無料とお得に購入できます。

また「質問したいけど、コールセンターにつながるまで待たされるのが嫌だな…」という人向けにチャットで相談できるサービスも用意されています。いつでも気軽に相談できます。

さらに購入時にはdポイントを1ポイント=1円で利用して、端末やオプション品の購入ができます。

\最新iPhoneを買ってdポイントを1%溜める/

auオンラインショップ


auオンラインショップは、2,500円以上の購入で送料無料です。さらに最短で購入の翌日には届きます。

「急に壊れてしまったけど店に行く時間はない・・」と急ぎの人にはピッタリです。

他にも、auユーザー限定の「三太郎の日」や「auスマートパス」でお得に買物もできます。

\三太郎の日&auスマートパスでお得に使える/

Softbankオンラインショップ


Softbankオンラインショップでは、Tポイントを使ってiPhoneを購入できます。

さらに、ヤフーショッピングでのポイントがいつでも10倍です。お得にネットショッピングできます。

\ヤフーショッピングのポイントがいつでも10倍/

月500円~!お得にiPhoneが使える格安SIMランキングTOP3

「iPhoneは使いたいけど、端末料金や月々の使用料は抑えたい」

というアナタは、格安SIMサービスがおすすめです。わずか月500円~で利用できるので、日々の固定費削減にもつながります。

1位:LINEモバイル


LINEモバイルは、電話を使用しないなら月600円~、電話を使っても月1,100円~利用できるサービスとなります。

数年前に販売されたiPhone7は、29,800円〜から購入可能です。最新のiPhoneを持っている場合は、LINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけで利用できます。

\月600円~でiPhoneを使える/

2位:楽天モバイル

楽天モバイルに乗り換えれば、docomo/au/softbakで使っているiPhoneで使えます。

3年契約・月額1,480円(2GB+10分かけ放題)で利用できる点もメリットです。さらに楽天IDがあれば、月々の利用料金の1%がポイントとして貯めれます。

楽天カード発行のポイントキャンペーンも利用すれば、さらに楽天モバイルをお得に利用もできます。

>>>楽天カードの詳細をチェックする

\月1,480円~(10分かけ放題)でiPhoneを使える/

3位:UQモバイル

UQモバイルは、電話を使わない(データ通信専用)プランは月980円~、電話を使えるプランは2台目以降から月1,480円~で利用できます。

データ容量が月3GBとLINEモバイルの3倍あります。インターネットの利用が多いアナタはUQモバイルがおすすめです。

iPhone7も分割で購入できますし、お持ちのiPhoneにUQモバイルのSIMを差し替えて利用できる点は、LINEモバイルと同様です。

\月3GBが980円~でiPhoneを使える/