山手線新駅「高輪ゲートウェイ」に、2020年開業めざす - JR東日本発表

公開日:
JR東日本は12月4日、山手線新駅の名称を「高輪ゲートウェイ」とすることを発表した。田町〜品川駅間に2020年の開業を予定している。新駅を含む一帯の開発は2019年から2024年にかけて行われる予定。空港アクセスがよい立地を生かし、世界中の企業・人材が集う国際交流拠点の形成をめざすという。
山手線新駅「高輪ゲートウェイ」に、2020年開業めざす - JR東日本発表

JR東日本は12月4日、山手線新駅の名称を「高輪ゲートウェイ(たかなわげーとうぇい/Takanawa Gateway)」にすると発表した。新駅は田町〜品川駅間に2020年開業予定。

新駅の名称については、2018年6月5〜30日の間に一般から案を募集していた。応募総数は6万4,052件、1万3,228種類だったという。なお応募数は、第1位「高輪(たかなわ)」、第2位「芝浦(しばうら)」、第3位「芝浜(しばはま) 」だった。

JR東日本は、新駅名を「高輪ゲートウェイ」と選定した理由を次のように述べている。

 この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。
 新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。
 新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。 (出典:プレスリリース)

高輪ゲートウェイ駅の照明デザインは、東京駅丸の内駅舎のライトアップも手がけた証明デザイナー、面出薫(めんでかおる)氏が担当する。「街のランドマークとなる暖かな光の駅舎」がコンセプトとなるそうだ。

JR東日本は新駅を含む一帯の開発プロジェクトを行っており、9月25日には「品川開発プロジェクト(第1期)」の都市計画概要を発表した。2024年度中の開業をめざす。

計画では、区域内に4街区を形成。駅と街全体を一体的につなぐ空間を創出、都営地下鉄および京急が乗り入れる泉岳寺駅とも行き来できるようにする。また空港アクセスがよいという立地を生かし、国際ビジネス交流拠点としての顔を持たせる。