楽天ペイの使い方 | キャンペーンや使える店は?Edy・ポイントカードと統合視野

最終更新日: 公開日:

楽天の決済サービス「楽天ペイ」。スマホアプリによる実店舗でのコード決済に加え、楽天以外のオンラインショップの支払いにも使える。楽天ペイは、定期的に更新されるキャンペーンや、ポイントの貯めやすさも魅力だ。オフライン、オンラインともに使える店も多い。使い方とあわせて、楽天Edyなどとの統合も見据える楽天ペイの概要をまとめる。

楽天ペイの使い方 | キャンペーンや使える店は?Edy・ポイントカードと統合視野

楽天の各決済導入店舗、120万を突破

楽天は、独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を武器に、楽天カードをはじめ、電子マネー「楽天Edy」、楽天ポイントカードといった決済サービスを提供している。

オンラインショップだけでなく実店舗での決済サービス展開にも積極的に取り組んでおり、2018年8月の発表によると、各サービスの直接契約数は約120万にのぼるという。

楽天ペイ導入店舗が拡大した理由

楽天が楽天ペイアプリをリリースしたのは2016年10月末。これにともない、もともと「楽天スマートペイ」という名称で店舗向けに提供していたクレジットカード決済サービスを「楽天ペイ(実店舗決済)」に改めた。

事業者にとっては、アプリ決済だと専用カードリーダーなどを用意せずともスマートフォンやタブレットで店頭決済できるため、初期費用を抑えられる。

楽天ペイは最短で翌日入金に対応しているのも魅力だ。さらに、各楽天サービス共通の楽天スーパーポイントを適用できるため、ポイント還元を一つのウリにできる。

ポイント二重取りもメリット

消費者にとっては、楽天スーパーポイントを「二重取り」できるのもメリット。楽天ペイでの支払い時、支払い元を楽天カードにしておけば、楽天カード利用分1%プラス楽天ペイ利用分0.5%、計1.5%のポイントを貯められる。

楽天ペイでの支払いは、実店舗に限らず一部オンラインショップでも利用できる。楽天会員にとって、楽天ペイはインターネット上でも、街なかでも手軽に使える便利な支払い手段の一つといえるだろう。

楽天ペイをお得に使うなら楽天カード

  • 100円利用で1%ポイント還元
  • 楽天ペイ/楽天Edy利用分で0.5%ポイント還元
  • 年会費無料・家族カードも5枚まで無料

\年会費永年無料&ポイント還元率1%/

Edy、ポイントカードを楽天Payに統合予定

楽天は2018年8月、楽天Edy、楽天ポイントカードの機能を楽天ペイアプリに統合する構想も発表している。また楽天IDと連携させての個人間送金も可能にするという。いずれも詳細や提供時期は未定だが、楽天内でいわば乱立状態にあるサービスが統合され、わかりやすくなるだろう。

さらに楽天はKDDIと提携し、2019年4月開始予定の「au PAY」で加盟店を共同利用、開拓するとしている。キャッシュレス社会の早期実現に向け一気に対応店舗を拡大する考えだ。