ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング2018発表 人気だったスポットは?

公開日:
ナビタイムジャパンは19日、「2018ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング」を発表した。地方別ランキングでは地域の特色が出ており、人気だったスポットは温泉や神社、歴史的建造物、寺院といった日本を代表する場所が多かった。
ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング2018発表 人気だったスポットは?

(出典:プレスリリース)

ナビタイムジャパンは、「2018ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング」を発表した。

同調査は「NAVITIME」をはじめとするナビゲーションサービスにおいて、2018年に目的地として検索されたスポットなどをもとに地域別・都道府県別に集計したものだ。

「地域別 目的地検索スポットランキング」地域ごとの特色が表れる結果に

各地域において最もよく検索されたスポットに注目してみると、東北地方の「大内宿」、南関東地方の「東京ディズニーリゾート」、中国地方の「出雲大社」、九州地方の「高千穂峡」など地域ごとにカテゴリの異なるスポットが挙がってくる結果に。

これらは、各地域において移動の目的となる集客力の高いスポットであり、地域創生の戦略を立てるうえでも重要となってくるといえるだろう。

出典:プレスリリース 【別紙】「地域別 目的地検索スポット」TOP5

「都道府県別 目的地検索スポットランキング」温泉・神社などが人気上位に

各都道府県のトップ5にランクインしたスポットを見ると、「温泉」と「神社」が最も多い結果に。それぞれ47都道府県中14県でトップ5に挙がり、18スポットがランクイン。

次いで、「歴史的建造物」「寺院」と続き、日本の代表する建築物である神社や寺院がよく検索されていることが判明した。

岩手県「中尊寺」、栃木県「日光東照宮」、大分「別府温泉郷」など、1位になるスポットも多く見受けられた。