HTC VIVE、アイトラッキング搭載「VIVE Pro Eye」新VRデバイス「VIVE Cosmos」などCES2019で発表

公開日:
米国ラスベガス開催のCES2019で、HTC VIVEはアイトラッキングを標準搭載された新しいヘッドセット「VIVE Pro Eye」、VR向けとしては世界初となる無制限サブスクリプションプラン「VIVEPORT Infinity」、アクセスのしやすさ、使いやすさを追求した新ヘッドセット「VIVE COSMOS」向けの開発者キットを公表した。
HTC VIVE、アイトラッキング搭載「VIVE Pro Eye」新VRデバイス「VIVE Cosmos」などCES2019で発表

アイトラッキングを標準搭載した「VIVE Pro Eye」

今回発表された「VIVE Pro Eye」には、アイトラッキングが標準搭載されている。注視するだけでメニューを選べるなど、既存のコントローラーが不要となる操作性の向上が魅力。これにより、より多くの情報収集、VR環境でのパフォーマンス最適化など、ビジネスユーザーにとってもコンテンツ開発者にとっても、メリットは大きい。

また、VIVE Pro Eyeを装着したユーザーの視線やまばたきを、VRM対応アバターの視線やまばたきに自動リンクさせることの可能だという。

引用:プレスリリース

日本では、VRと聞くとゲームなどのエンターテイメントが想起されがちだ。しかし、医療や分子などの研究・学習を立体的にできたり、建設や林業など重機を扱う現場における労災事故のシミュレーションなど、ビジネスシーンでの利用は確実に進みつつある。アイトラッキングによってハンズオンが可能になれば、その利活用はさらに加速するのではないだろうか。

「VIVE Pro Eye」の発売は、2019年第2四半期(4~6月)予定とのこと。

新VRデバイス「VIVE Cosmos」

引用:プレスリリース

VIVEの最新のVRヘッドセット「VIVE Cosmos」も注目を集めている。詳細は発表されていないが、外部のベースステーションが不要で、家と外出先の両方で使用でき、ゲーミングPC以外からも接続することができるという。カメラが4つ装備されておりAR/xRにも対応するのではとも報じられている。

こちらは、開発者キットが2019年の早い時期に提供予定。2019年後半には詳細や価格なども公表予定だ。

VR向けでは世界初、無制限サブスクプラン「Viveport Infinity」

VR向けとしては世界初となる、無制限サブスクリプションサービス「Viveport infinity」も話題を呼んだ。Viveport Infinityのライブラリより500以上のタイトルを無制限でダウンロードして、遊ぶことができるようになるという。サービスの開始は4月5日。

同社はこれまでも「VRのエコシステムを育てたい」というビジョンについて語っている。新旧のVIVEデバイスからに限らず、Oculus RiftやVIVE Waveに参加している他社のデバイスからもアクセス可能になるとのことだ。

引用:プレスリリース

まとめ

昨年11月、ドローンで360度空撮した軍艦島の映像をVRで見ながらエアバイクを漕ぐと、まるで空中散歩しているような感覚を味わえるというコンテンツを体験した。そのときに使われていたのが、VIVE Proだ。このデバイスにはアイトラッキングが搭載されていないため、後ろの風景を見渡すには首や身体を捻らせて視界を動かす必要があった。

ここにアイトラッキングが搭載されたらどうだろう。チラリと視線を動かしただけで、視界に広がる景色が変わるはずだ。もしも、注視すれば「〜できる」という機能が加われば、エアバイクを漕ぎながらゲームや学習も可能となる。ジムでエアバイクを漕ぎながら、VRで学んだり遊んだりできるわけだ。

いまでこそ、頭にかぶると重たいHMD(ヘッドマウントディスプレイ)だが、軽量化は加速度的に進んでいる。翻訳機能などAI活用も始まっている。そしてVIVEに限らず、2019年には「Oculus Quest」の発売が予定されており、マイクロソフト「 HoloLens 2」 の発表にも熱い視線が送られている。

2020年になれば、5Gの本格的な導入が開始される見込み。5Gになれば、これまで数時間かかっていたようなコンテンツのダウンロードも数秒・数分になるといわれている。HMDなんで被って何を見ているのか分からないし、気持ち悪いしオタクっぽい。そんな"固定概念"が、ここ数年でガラリと変わることは間違いないだろう。