飲食店キャッシュレス決済導入進む - POSレジも根強い人気

「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードは飲食店のITツール導入に関する調査を行った。もっとも多く導入されているITツールは「キャッシュレス決済」。また導入され評価が高かったITツールは「POSレジ」「集客メディア」だった。経営者からは、導入によって人件費削減や売上アップに効果があった、海外のお客に対応できたといった声が挙がった。

飲食店キャッシュレス決済導入進む - POSレジも根強い人気

飲食店リサーチサービス「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードは、「飲食店.COM」会員を対象に「飲食店のITツール導入に関する調査」を行った。回答者279人のうち、70.3%が1店舗の経営者。首都圏の店が75.6%、都内の店が56.6%を占める。調査機関が2018年12月25日~2019年1月6日。

IT化進む飲食店

ITツールやサービスの導入状況について尋ねたところ、「キャッシュレス決済」がもっとも多く、55.2%が「導入している」と回答した。次いで、「集客メディア」(49.5%)、「予約台帳」(45.2%)と続く。

同社は、「政府主導で進められているキャッシュレス化の動きにより導入中店舗や導入検討中店舗が増加している」としている。

出典:シンクロ・フード「ITツールの導入状況に関するアンケート調査」


出典:シンクロ・フード「ITツールの導入状況に関するアンケート調査」

評価の高いITツールと導入メリット

続いて、導入してよかったサービスやツールについて尋ねた。もっとも評価の高いツールは「POSレジ」(20.8%)。次いで「集客メディア」(17.9%)、「キャッシュレス決済」(12.5%)、「会計ソフト」(9.7%)と続く。

POSレジは他ツールと比べて導入割合こそ低いものの、満足度は高い。

出典:シンクロ・フード「ITツールの導入状況に関するアンケート調査」

ITツール導入について具体的なメリットを自由形式で尋ねたところ、次のような声が寄せられたという。

<POSレジ>

  • ABC分析が簡単にできる。顧客台帳と連携しているので前回来店時に何を注文したかなどがすぐにわかる。会計トラブルなどで後日連絡が来ても履歴を見てすぐに対応できる。(神奈川県/イタリア料理/1店舗)
  • 人件費一人分浮くと思います。(東京都/居酒屋・ダイニングバー/1店舗)

<集客メディア>

  • 集客メディアにより売上UPにつながった。全体を通じて比較すると昨年と比較し120%以上伸びた。(東京都/カフェ/1店舗)
  • グルメサイトの集客で貸し切りの予約がとれること。(東京都/専門料理/1店舗)

<キャッシュレス決済>

  • 海外のお客さまが多く、入店の際にカードなどの決済は使用できるか?との問い合わせが多く、導入前は使用できないことで帰られることも多々ありましたが、導入後は集客が伸びました。(東京都/バー/1店舗)
  • 新規顧客が増えた、つり銭の用意が楽になる。(東京都/専門料理/1店舗)