CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「現代のコミュニティを可視化する」【連載第2回】

SNSグループやオンラインサロンなど、現代のコミュニティは無数に増え、そのカタチも変化し続けている。しかし、選択肢が増えれば増えるほど、自分にとって必要なコミュニティはどこなのか、どのように付き合うべきなのか、判断は難しくなっている。そこで、CAMPFIRE家入一真氏、村田アルマ氏と一緒に、複雑化するコミュニティについて深く考察する会を開催。全3回の連載第2回は、現代のコミュニティの特徴やオンラインサロンの現状などについて伺った。

CAMPFIRE家入一真×村田アルマ「現代のコミュニティを可視化する」【連載第2回】

家入一真氏:CAMPFIRE代表取締役社長。paperboy&co.(現GMOペパボ)、BASE、partyfactory、XIMERAの創業、「リバ邸」の全国展開、ベンチャーキャピタルNOW設立などを行う。オンラインサロン「寺子屋いえいり」「やさしいかくめいラボ」主催。著書に『なめらかなお金がめぐる社会』(ディスカバー・トゥエンティワン)など。

村田アルマ氏:2016年にCAMPFIREに入社。ファンクラブ開発を経て、2018年5月より事業部長を務める。自身の活動としても、コミュニティの歴史を学ぶ「Community Frogs」というサロンを立ち上げ、深く探求している。

CAMPFIRE家入一真×村田アルマと考える「コミュニティの正解とは」【連載第1回】 | ボクシルマガジン
SNSグループやオンラインサロンなど、現代のコミュニティは無数に増え、そのカタチも変化し続けている。しかし、選択肢...

現代のコミュニティを可視化する

かつては地域・村社会など限定的だったコミュニティは、インターネットの普及や生き方の多様化などで、爆発的に増え、その形も変容している。

そこで、まずは複雑化する現代のコミュニティを可視化するため、CAMPFIRE家入一真氏、村田アルマ氏と一緒に、「学校」「会社」「オンラインサロン」などのコミュニティをマッピングすることにした。

コミュニティが行き過ぎた先にある「悪」

マッピングする際に置いたのは地域(共同性)の強弱、強制力(依存性)の強弱という2つの軸である。

家入氏 この図の中でいうと、ただここにいるだけで良いという場所はどこかな。自主性でも強制力でもなく、ただここにいていいんだよ、って場所。役割もなく、穏やかな気持ちになれる場所。ど真ん中かな。

アルマ氏 居場所ですかね。

家入氏 そうだね、居場所。真ん中だね。

自主性は行き過ぎると自己責任になり、強制力は行き過ぎると思考停止に陥る。良いと思われる言葉の裏には悪い言葉も隠れていて、どっちにも振れすぎると人って疲れてしまうんですよね。

家入氏 もちろん、思考停止がフィットする人もいると思うんですよ。自分で何も考えずに、言われたことをやるのがやりがいという人もいる。それはそれで悪いことではないですよね。

ただ、そこで強制する力が間違った方向に行ったときに、だれも止められなくなってしまう。

オンラインでのつながりも同じで、自分の居心地がいいコミュニティをTwitterとかFacebookとかで作るまではいいんだよね。でもそこで自分たちと違う意見をタイムライン上で見つけると、石を投げ、叩き合ってしまう。

アルマ氏 Instagram(図ではインスタと表記)、Twitter、LINEグループも自主性は強い。でもTwitterやInstagramは匿名でもできるので、実名で参加するFacebookなどに比べてつながりは遠い、とも言えますね。そこが行き過ぎると叩き合いになってしまう。

家入氏 地域の共同性は、地縁・血縁とも言いますが、行き過ぎると逃れられない呪いのようなものになる。僕に相談してくる子の一定数は、親との関係で悩んでいるし、過疎地域ほど親がそれを隠したがるので、問題が根深くなるんです。

逆に、都心って匿名でいられるんですよね。地域の共同性の軸は、地方(実名)⇔都心(匿名)とも置き換えられますね。

家入氏「会社も居場所の一つであってほしい」

アルマ氏 会社に強制力があるって言っちゃうと、時代的に合わないですね。

家入氏 僕は会社は常に真ん中の「居場所」に置きたいと思っていて、そこを目指している。スタッフには会社は居場所である、っていう話はたまにするんですけどね。

アルマ氏 そうですね。選択の自由がありますもんね。

安心して失敗できる空間が「居場所」

アルマ氏 コミュニティとして継続できているオンラインサロン(図ではオンラインサークルと表記)は、だいたいこのあたりでしょうか。自主性があるけれど、叩き合いまでにはいかない場所で、バランスを保っている。

家入氏 オンラインサロンも、ひとくくりにはできないよね。僕のサロンは、みんなに自主性を求めるけれど、挑戦した結果失敗してしまったときに自己責任で片づけたくはない。そういう社会は、僕は違うと思っています。

失敗したときに「ナイスチャレンジだったね」って言える世界にしていきたい。つまり、安心して失敗できる場所が居場所なんだよね。それがあってはじめて人ってチャレンジできると思う。

現代のコミュニティ図  by 家入一真・村田アルマ・Beyond編集部