クジラと泳げる3D映像、声で操作するジャケット 生活を豊かにするテクノロジー - SXSW2019

クジラと一緒に泳ぎたいーー。現実的には困難な夢にもテクノロジーの力で近づけるようになった。米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。本記事では、革新的な取り組みを表彰する「SXSW Interactive Innovation Awards」2019年のファイナリストの中から、「生活を豊かにするテクノロジー」として5つのプロジェクトを紹介する。

クジラと泳げる3D映像、声で操作するジャケット 生活を豊かにするテクノロジー - SXSW2019

革新的なテクノロジーのショーケース「SXSW」

米テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるイベント「South by Southwest(SXSW)」をご存じだろうか。もともとは音楽祭として1987年に始まったのだが、その後1994年に映像コンテンツの扱いを開始し、1998年にはインタラクティブ部門として各種テクノロジーも取り上げるようになった。

今や世界的なイベントであり、革新的な取り組みを表彰する賞「SXSW Interactive Innovation Awards」ではかつてTwitterやAirbnbが選ばれるなど、目を離すことなどできない。2019年の同賞では、最終選考に残った13カテゴリー、全65プロジェクトが3月9日に会場でプレゼンテーションを行い、受賞者が3月11日に発表される。

どのプロジェクトも興味深いが、Beyond(ビヨンド)では注目度の高いカテゴリーに絞って5回シリーズでみていく。第3回の今回は「生活を豊かにするテクノロジー」として、3カテゴリー「Music & Audio Innovation」「Style & Wearable Tech」「Visual Media Experience」の計15プロジェクトから、興味深い5プロジェクトを紹介しよう。

ちなみに各回のテーマは、第1回が「VR/AR」、第2回が「New Economy」だった。

生活を豊かにしてくれる、音や映像、ウェアラブル

今回取り上げる3つのカテゴリーは、それぞれ以下の視点でプロジェクトを選考している。

●Music & Audio Innovation
音楽や映像の視聴方法、制作方法、楽しみ方を変化させ改善する、デバイスやサービス

●Style & Wearable Tech
文字通り「身に着ける」ことで利便性や快適性を改善し、機能や効率、ファッション性を高めるハードウェア

●Visual Media Experience
没入感の高い体験を提供することで、受け身で見るだけの映像を超越したコンテンツの制作と配信にかかわる技術

Beyondは、これらが生活を豊かにするテクノロジーと考え、Music & Audio Innovationから「Westworld: The Maze」、Style & Wearable Techから「Mercury」「Tap」「The Lotus」、Visual Media Experienceから「Ocean Mind Experience」を取り上げる。

スマスピでプレイする音声ゲーム「Westworld: The Maze」

1つ目は、アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Echo」などで遊べる音声対応ゲーム「Westworld: The Maze」。音声アシスタント用アプリ(スキル)の形で提供されており、「Alexa, Open Westworld(アレクサ、Westworldを開いて)」と声をかければプレイできる。

プレーヤーは、開拓時代の米国西部などを舞台にした迷路に入り、音声でやり取りして謎を解いていく。シナリオは1万1,000行におよび、プレーヤーの選択によって60通りのストーリーが作られる。

インタラクティブなクイズ番組とラジオドラマが融合したような、これまでになかったコンテンツだ。また、昔懐かしいゲームブックに似た面もある。

声で操作するヒーター内蔵ジャケット「Mercury」

Mercury Intelligent Heated Jacket」は、スマートなウェアラブルデバイスの1つとして以前Beyondでも取り上げたことがある。ヒーターを内蔵していて寒い冬でも快適に過ごせる上着なのだが、気温や各種センサーで認識する体の動きに応じ、自動的に温度調節してくれる。

スマートフォンとワイヤレス接続し、アプリからコントロールすることが可能だ。しかも、音声アシスタントの「Amazon Alexa」に対応していて、Amazon Echoなどを介して音声でも操作できるという。防水性もあり、洗濯機に入れて丸洗いできるなど、十分な実用性も備えている。

最新Apple Watchは自動で緊急通報――ウェアラブルで医療、障がい者支援へ | ボクシルマガジン
アップルは、最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」でスポーツやヘルスケアという方向性を鮮...

どこでも「Tap」で片手タイピング

Tap」は、5つの指輪が連結したような形のウェアラブル・デバイス。親指から小指まで5本の指にはめると、スマートフォンやPC用のBluetoothキーボードとして機能する。

出典:TAP Systems / Order

Tapを装着した手をテーブルなどの平らな面に置き、あるルールに従って面を軽く叩くように動かすと、アルファベットや数字、記号の入力、マウス操作などが行える。片手で使えるうえ、広いスペースが不要なので、どこでも効率的に文章を書いたりできる。指のジェスチャーをさまざまな機能に割り当てられるため、文章作成用キーボードとしてだけでなく、ゲームコントローラやプレゼン用リモコンなどにも活用可能だ。

出典:TAP Systems / RIGHT HANDED GLOSSARY

音声ライフログをとるウェアラブル「The Lotus」

The Lotus」はクリップで服に挟んだり、リストバンドで腕時計のように身に着けたりして使う、音声ライフログ機能付きウェアラブル・デバイス。スマートフォンと連携して、周囲の音を録音しながらGPSによる位置情報とあわせてクラウド環境へアップロードしてくれる。

用途としては、自宅へ帰る際にThe Lotusを起動して音声ログを家族と共有すれば、トラブルなく家に近づいていることなどが伝えられる。スマートスピーカーのように音声アシスタント機能を使うことや、Bluetoothヘッドセットのようにハンズフリー通話することも可能。

治安の悪い地区を通る必要がある場合など、危険が迫ったときにバッグからスマートフォンを出したりせず素早く助けを呼べる。

クジラと泳げる実物大3D映像「Ocean Mind Experience」

大海原で自由に泳ぐクジラを観察するホエールウォッチングは、生き物の偉大さを肌で感じられる魅力的なアクティビティだ。できれば一緒に泳いでみたいと思うが、そのような行為はクジラたちに刺激を与えるため禁止されていることが多い。

そこで作られたのが、ハワイ周辺に生息するザトウクジラの泳ぐ姿を3D映像で360度ドームに投影する「Ocean Mind Experience」である。巨大なドーム状のスクリーンには、クジラが実物大で映し出される。視界一杯にクジラの姿が広がり、一緒に潜水している気分が味わえるだろう。水中の音もとらえられており、クジラたちの歌によるコミュニケーションが体験できる。

本物でないとはいえ、没入感の高いリアルな映像を見れば、クジラに対する畏敬(いけい)の念が深まる。Ocean Mind Experienceを制作したアクセンチュア・インタラクティブは、海の環境を意識するようになり、地球温暖化や海面上昇、水産資源の乱獲、海洋汚染といった問題への関心が高まることを期待している。

出典:Mackevision、Accenture Interactive / Ocean Mind Experience

最新テクノロジーが導く豊かな生活

ICTや映像技術が高度化し、数十年前には考えられなかったリアルな体験が誰でも手軽に味わえるようになった。TapやThe Lotusのようなウェアラブルデバイスは、インターネットを介すことで友人や家族、世界中の人々とつながる手助けをしてくれる。

こうして最新テクノロジーで得られる体験や関係は、知識を深め知見を広め、豊かな生活へと我々を導いてくれるだろう。

世界が注目VR/AR最新テック5選、医療や福祉支える - SXSW2019 | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...
経済に革新を起こす5プロジェクト - SXSW2019、New Economyファイナリスト | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...