暮らしを変える5つのロボット&ハードウェア - SXSW2019

米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特に、革新的な取り組みを表彰する「SXSW Interactive Innovation Awards」は目が離せない。本記事では、2019年のファイナリスト13カテゴリー、全65プロジェクトのなかから、暮らしを楽しく便利にする「Robotics & Hardware」の5プロジェクトを紹介しよう。

暮らしを変える5つのロボット&ハードウェア - SXSW2019

革新的なテクノロジーのショーケース「SXSW」

米テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるイベント「South by Southwest(SXSW)」をご存じだろうか。もともとは音楽祭として1987年に始まったのだが、その後1994年に映像コンテンツの扱いを開始し、1998年にはインタラクティブ部門として各種テクノロジーも取り上げるようになった。

今や世界的なイベントであり、革新的な取り組みを表彰する賞「SXSW Interactive Innovation Awards」ではかつてTwitterやAirbnbが選ばれるなど、目を離すことなどできない。2019年の同賞では、最終選考に残った13カテゴリー、全65プロジェクトが3月9日に会場でプレゼンテーションを行い、受賞者が3月11日に発表される。

どのプロジェクトも興味深いが、Beyond(ビヨンド)では注目度の高いカテゴリーに絞って5回シリーズでみていく。第4回の今回は暮らしを便利に楽しくする「Robotics & Hardware」の5プロジェクトを紹介しよう。

ちなみに各回のテーマは、第1回が「VR/AR」、第2回が「New Economy」、第3回が「生活を豊かにするテクノロジー」だった。

楽しみや安らぎもロボットで

SXSW Interactive Innovation AwardsのRobotics & Hardwareは、人間の生活を助けるハードウェアやロボットを対象とする部門。2019年のファイナリストには、「Wi-Charge」「Metal X」「My Special Aflac Duck」「Furhat」「eVscope」が選ばれた。

部屋中どこでもワイヤレス充電「Wi-Charge」

多機能なスマートフォンは日常生活のさまざまな場面で活躍するため、いつでも使える状態で手元に置いておきたい。ときおり充電する必要は生じるが、その都度ケーブルを挿すのは面倒だ。置くだけで充電できるQi対応のスマートフォンならケーブル接続は不要なものの、充電中は持って移動できない。そんな不自由さは、「Wi-Charge」で過去の話になる。

Wi-Chargeは、ワイヤレス充電システムの一種だが、充電台のすぐ上でしか充電できないQiと違い、1つの部屋が丸ごと充電エリアになってしまう。充電用の電気エネルギーは、赤外線に変換されてトランスミッターからレシーバーに送信される。つまり、光の形で電力を伝送するのだ。

部屋全体を充電エリアにするワイヤレス充電技術はほかにも存在するが、電波を広く放射するため充電効率が悪い。これに対し、Wi-Chargeはピンポイントでレシーバーに向けてエネルギーを送るため、効率が良いという。部屋のどこででも充電できるので、たとえばスマートフォンを持って歩きながらでも充電可能。赤外線を利用しており、Wi-FiやBluetoothなどの電波と干渉しない点も嬉しい。

スマートフォンやノートPCのように移動を前提とするデバイスだけでなく、当然スマートスピーカーやデスクトップPC、デジタルサイネージなどへの給電も可能だ。動かさないデバイスであっても、電源用の配線をしたくない場合に便利だろう。

出典:Wi-Charge / Applications

製造コストを98%削減する金属3Dプリンター「Metal X」

以前Beyondでも紹介したとおり、自動車などで使われる金属部品も3Dプリンターで製造するようになってきた。HPなどは、金属部品の大量生産が可能な金属3Dプリンター「HP Metal Jet」を開発し、付加製造(AM)時代の波に乗ろうとしている。SXSWでファイナリストに選ばれた「Metal X」も、産業用の金属3Dプリンターである。

金属部品を作る場合、これまでは鋳造や切削といった手間のかかる方法で加工していたが、Metal Xであれば、デザインツールで設計、3Dプリンターで成形、出力物を焼結という3段階の手順で、金属製の部品が完成してしまう。開発元によると、ステンレス部品の製造コストを98%も削減できるという。

出典:Markforged / Metal X

がんの子どもに寄り添う「My Special Aflac Duck」

ロボットは、人の仕事を手伝うものもあれば、ペットロボットやコンパニオンロボットのように人を癒やすものもある。アフラックのアヒル型ロボット「My Special Aflac Duck」は、後者だ。

このロボットは、アフラックのCMでおなじみのアヒルを模しており、小児がんと闘う子どもたちを元気づけたり慰めたりするために開発された。アフラックは、米国でがんと診断された子どもにMy Special Aflac Duckをプレゼントしている。

なでると甘えたり鳴いたりする可愛らしい動作をして、子どもの気持ちを落ち着かせてくれる。さらに、スマートフォンのアプリを使って餌やりや入浴などの世話をすることで、子どもは気が紛れるらしい。カテーテルのようなアクセサリも付属し、子どもはアヒルに治療を施せる。こうしたお医者さんごっこは、治療に対する心の準備になるという。

さらに、付属の「嬉しい」「怖い」「気持ちが悪い」「悲しい」といった感情を示すRFID内蔵カードをアヒルの胸にあてると、アヒルがその感情を動作で表現する。自分の気持ちをうまく伝えられない子どもにとって、大きな助けになるだろう。

出典:Aflac / My Special Aflac Duck

自然な対面コミュニケーションをとる接客ロボット「Furhat」

Furhat」は、空港やショッピングモール、病院、オフィスなどでの案内業務を得意とするロボット。語学学習などにも使えるという。

人間の胸から上だけを模した胸像のようなロボットで、対面コミュニケーションができる。カメラで話し相手を認識して顔をそちらへ向け、頭を自然に動かすようすを見ていると、本物の人間と対話している気分になる。

顔に相当するマスクは交換式で、さまざまな顔に変えられる。顔の内部からアニメーションを投影する機能も備え、目の動きやまばたき、唇の動き、表情の変化などを再現し、より自然なコミュニケーションを可能にする。

スマホで操作する天体望遠鏡「eVscope」

冬の星空は美しく、いつまでも飽きずに見ていられる。望遠鏡があれば、肉眼ではとらえられない惑星の細かい表面や、暗くて見えない星雲の姿も楽しめる。とはいえ、知識がないと天体望遠鏡は使いにくい。しかし、スマートフォンから操作できる「eVscope」なら、初めての人でも手軽に星空観察ができる。

eVscopeは、口径4.5インチ(約11.4cm)、焦点距離450mmの反射望遠鏡。目で接眼レンズをのぞく普通の望遠鏡と異なり、eVscopeは有機LED(OLED)ディスプレイに表示される映像を見る。センサーでとらえた光を画像処理して強調するため、同サイズの望遠鏡では見えないはずの天体も、eVscopeなら観測できるそうだ。

天体望遠鏡に慣れていないと、目的の天体を視野に入れることすら難しい。eVscopeはスマートフォンから操作可能で、アプリで見たい天体を選ぶだけで自動的にそちらへ向く。さらに、地球外生命の発見を目指している非営利組織SETI Instituteと連携しており、SETIの観測依頼に協力する仕組みも備えている。

出典:Unistellar / Press

あらゆる場面でロボットと共生する未来

人工知能(AI)やロボットに仕事が奪われる、と心配する声がある一方、AIやロボットによる仕事代替に期待する人も多い。単純作業を機械に任せて、よりクリエイティブな仕事に集中したい、と考えるからだろう。

また、ロボットは仕事だけでなく、生活を楽しくしたり、楽にしたり、My Special Aflac Duckのようにただ寄り添ったりと、その用途は多彩だ。SXSWで取り上げられたようなロボットが、生活のさまざまな場面で共生できる日が待ち遠しい。

世界が注目VR/AR最新テック5選、医療や福祉支える - SXSW2019 | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...
経済に革新を起こす5プロジェクト - SXSW2019、New Economyファイナリスト | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...
クジラと泳げる3D映像、声で操作するジャケット 生活を豊かにするテクノロジー - SXSW2019 | ボクシルマガジン
クジラと一緒に泳ぎたいーー。現実的には困難な夢にもテクノロジーの力で近づけるようになった。米国で毎年3月に開催され...