AIが患者の安全を守り子どもをワクワクさせる - SXSW2019、AI & Machine Learningファイナリスト

米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特に、革新的な取り組みを表彰する「SXSW Interactive Innovation Awards」は目が離せない。本記事では、2019年のファイナリスト13カテゴリー、全65プロジェクトのなかから、何かと注目されることの多い人工知能に関する「AI & Machine Learning」を紹介しよう。

AIが患者の安全を守り子どもをワクワクさせる - SXSW2019、AI & Machine Learningファイナリスト

革新的なテクノロジーのショーケース「SXSW」

米テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるイベント「South by Southwest(SXSW)」をご存じだろうか。もともとは音楽祭として1987年に始まったのだが、その後1994年に映像コンテンツの扱いを開始し、1998年にはインタラクティブ部門として各種テクノロジーも取り上げるようになった。

今や世界的なイベントであり、革新的な取り組みを表彰する賞「SXSW Interactive Innovation Awards」ではかつてTwitterやAirbnbが選ばれるなど、目を離すことなどできない。2019年の同賞では、最終選考に残った13カテゴリー、全65プロジェクトが3月9日に会場でプレゼンテーションを行い、受賞者が3月11日に発表される。

どのプロジェクトも興味深いが、Beyond(ビヨンド)では注目度の高いカテゴリーに絞って5回シリーズでみていく。第5回の今回は、何かと注目されることの多い人工知能(AI)に関する「AI & Machine Learning」の5プロジェクトを紹介しよう。

ちなみに各回のテーマは、第1回が「VR/AR」、第2回が「New Economy」、第3回が「生活を豊かにするテクノロジー」、第4回が「暮らしを変えるロボットなど」だった。

AIを応用する取り組みがSXSWファイナリストに

機械学習(マシンラーニング)や深層学習(ディープラーニング)といった、いわゆるAIに分類される技術は、ここ数年で目覚しい発展を遂げた。AI自体の研究や開発だけでなく、AIをさまざまな分野に応用しようとする取り組みも盛んだ。

ここでは、AI & Machine Learningカテゴリーのファイナリスト「AE110」「Animaker」「iN」「Livio AI」「Textio Hire」の概要をまとめる。

人間のように周囲を把握するセンサー「AE110」

自動運転車に欠かせない技術の1つに、レーザー式距離計測センサー、LiDAR(ライダー)がある。これに対し、SXSWで革新的と評価されたエーアイ(AEye)の「AE110」は、LiDARと似ているが、「Intelligent Detection and Ranging(iDAR)」と呼ぶ独自技術により、自動運転車に人間と同様の認知能力を与えるという。

AE110は、LiDARで得た情報とカメラでとらえた周囲の映像を組み合わせて解析し、現在のLiDARを上回る正確さを達成するとしている。自動運転車だけでなく、自動ブレーキなどの先進運転支援システム(ADAS)を搭載する際にも有効だろう。

人間が周囲の状況を把握する場合、探索、捕捉、追尾という3段階で処理する。つまり、何らかの対象物を探し、対象物の特徴で特定し、必要に応じて見つけた対象物を追い続ける、という手順を繰り返す。エーアイによると、iDARはこうした人間の認知能力を模倣することで、LiDAR単体よりも高精度で高効率なセンサーシステムを実現させたそうだ。

レゴの動物がアニメになって動き出す「Animaker」

Animaker」は、レゴブロックで組み立てた動物から、その動物のアニメーションを生成できるシステム。レゴを使って好きな動物の形を作り、それを3Dスキャナーで読み込ませると、AIが解析してその場でゾウやワニ、ラクダ、ワシといった動物のアニメに変換する。

ブロックで何かを作る楽しさ、それがAIに認識される驚き、作った動物がアニメで動き出す喜びが体験できる。博物館や科学館などの体験コーナーに導入したら、子どもに限らず大人の来館者にも好評を博すだろう。

入院患者の安全をAIで守る「iN」

病気や怪我で入院している患者のなかには、自分で体を動かすことが難しい人もいる。そのような人は、じっとしたままベッドに横たわっていると床ずれを起こしてしまうため、定期的に寝返りを打たせてもらわなければならない。また、何かのはずみでベッドから落ちる事故もあり、看護師や医師が見回るだけでは発見が遅れてしまう。

そうした問題の解決を目指すシステムが、病室の状況を監視する「iN」だ。iNを病室の壁に取り付けておくと、センサーで患者や病院スタッフの入室を認識して、適切なタイミングで見回っているかどうか確認する。そして、巡回を忘れるなどした場合には教えてくれる。患者の動きも監視しており、もしもベッドから落ちればすぐに通知される。

補聴器を“超えた”ウェアラブルデバイス「Livio AI」

Livio AI」は難聴の人を助ける補聴器なのだが、単に音を聴き取りやすくするだけではない。スマートフォンと連携してスマートイヤフォンのような機能まで提供する、一種のウェアラブルデバイスだ。

補聴器としては、状況に合わせて音質を自動調整できる。スマートフォンのアプリを介してGPSなどから得られる位置情報も利用し、あらかじめ登録しておいた場所に入ると、その場所に合わせたモードに切り替わる。

体の動きなどをとらえるセンサーも内蔵しており、歩数を数える活動量計にもなる。さらに、ハンズフリー通話するためのBluetoothヘッドセット、音楽などを無線で楽しむBluetoothイヤフォンとしても機能する。

驚くことに、Livio AI用アプリは通訳機能まで備え、27言語の会話をその場で翻訳できる。

求職者の心を動かす推敲ツール「Textio Hire」

文字による情報伝達は、記録に残しやすいメリットがある反面、書き手の意図をうまく伝えられないこともあり、扱いの難しいコミュニケーション手段だ。文章に入れる言葉を1つ選び間違えただけで、大きな誤解を与えてしまいかねない。例文集を参考にするにしても、決まったパターン以外の状況だと役立たないことが多い。

しかし、今はAIによる文章推敲システムが存在する。SXSWで選ばれた「Textio Hire」はそうしたシステムの1つで、企業の人事部門で作る求職者向け文章を推敲してくれる。

求職者やスカウト対象者向けに人間の書いた文章を読み込ませると、Textio HireはAIで解析し、効果的な内容かどうかスコアで評価する。しかも、文章の改善点が示され、アドバイスに従って直せば、入社したいと相手に思わせる文章へブラッシュアップされていく。

当たり前のように使われ始めたAI

AIについては、長らくSFの世界にしか存在しない夢の技術と考えられていたが、生活のいろいろな場面で活用され始めている。これまでBeyondでも、特許クリエイターといった視点から取り上げてきた。すでに、AIが当たり前の時代になりつつあるのだ。

AI特許出願トップ5に東芝、NEC - 教育機関は中国独り勝ち | ボクシルマガジン
世界知的所有権機関(WIPO)が初めてAI関連の特許出願数などを調査した。日本企業は出願件数が多く、世界トップ5に...
人工知能がクリエイターになる時代 - 映像も音楽も小説も創作、AI絵画4900万円も | ボクシルマガジン
ニューヨークで開かれたオークションで、AI(人工知能)の描いた絵画が43万ドル(約4,887万円)で落札された。A...
世界が注目VR/AR最新テック5選、医療や福祉支える - SXSW2019 | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...
経済に革新を起こす5プロジェクト - SXSW2019、New Economyファイナリスト | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...
クジラと泳げる3D映像、声で操作するジャケット 生活を豊かにするテクノロジー - SXSW2019 | ボクシルマガジン
クジラと一緒に泳ぎたいーー。現実的には困難な夢にもテクノロジーの力で近づけるようになった。米国で毎年3月に開催され...
暮らしを変える5つのロボット&ハードウェア - SXSW2019 | ボクシルマガジン
米国で毎年3月に開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」では多くの新しいテクノロジーが紹介される。特...