自動運転で火元へ走る消防ロボット、三菱重工が開発 - 接近困難な火災現場を想定

三菱重工業が、自動運転で火元へ走り放水する消防ロボットシステムを発表した。石油コンビナートなど隊員の接近が困難な火災現場での活用を想定している。放水砲ロボットなど複数のロボットで構成されており、1台の専用車にのせて現場へ移動できる。

自動運転で火元へ走る消防ロボット、三菱重工が開発 - 接近困難な火災現場を想定

三菱重工業は、石油コンビナートなど消防隊員の接近が困難な火災現場での活用を想定した“実践”配備型消防ロボットシステムを発表した。複数のロボットを組み合わせたもので、自動運転で火元へ走り放水する。3月22日に都内で実演を公開した。

同システムは、消防庁消防大学校消防研究センターが平成26年度(2014年度)から5年計画で進めている「エネルギー・産業基盤災害対応のための消防ロボットシステムの研究開発」プロジェクトの一貫として開発された。

自走可能な「放水砲ロボット」と「ホース延長ロボット」に、偵察・監視ロボット(飛行型および走行型2機種)、指令システムをあわせて「消防ロボットシステム」を構成、1台の専用運搬車両にのせて現場へ移動できる。

放水砲ロボットとホース延長ロボットは、農業用小型バギーを改造した専用車体にGPSやレーザーセンサーを搭載しており、互いを消防用ホースで接続した状態で、自動運転により火元へ向けて走行する。

火元到着後は放水砲ロボットをその場に残し、ホース延長ロボットがポンプ車や消火栓などの水源までホースを地面に敷設しながら走行。最長300mの消防用ホースを搭載でき、曲がり角などでも的確にホースを敷設できるという。

放水砲ロボットは、放水または泡放射を行う放水砲を備え、1.0メガパスカル(MPa)の圧力で1分間に4,000リットル放水可能とのこと。

バギーを改造した放水砲ロボット(出典:プレスリリース)

放水砲ロボットの主な仕様
寸法(外形):長さ:2,170mm、幅:1,460mm、高さ:2,070mm
質量  :1,600kg
移動方式:4輪駆動前輪操舵方式
移動速度:7.2km/h(2m/sec)
搭載センサー:RTK-GPS、RIDAR、IMU、オドメトリ
機能性能:地図上の指定位置まで自律で走行、20kW/m2の輻射熱環境での活動を想定した設計 消火冷却のための水および泡放射(1MPaの圧力で4,000リットル/分)