全国初LINEで住民票申請、手数料もLINE Payでキャッシュレス決済 - 市川市が実証実験

公開日:
LINEアプリ上で住民票の写しなどを申請できる全国初の取り組みが、千葉県市川市で始まった。手数料の決済にはLINE Payを活用。申請から支払いまでをLINEのみで実現する。利便性向上とともに職員の負担軽減も目指している。
全国初LINEで住民票申請、手数料もLINE Payでキャッシュレス決済 - 市川市が実証実験

全国初、LINEで住民票申請

LINEと千葉県市川市は、地域ICT化推進事業に関する包括連携協定を締結。LINEアプリから住民票の写しなどを申請できる実証実験を3月19日に始めた。また4月からは施設窓口でのLINE Pay支払いも導入する。

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」や先端技術を活用した地域課題の解決に積極的に取り組んでおり、多くの自治体と提携している。市川市との取り組みでは、まず「市川市LINE公式アカウント」(LINE ID @ichikawa-city)を開設。市の情報発信を強化した。あわせて6月30日までの間、LINE上で住民票の写しなどを申請できる全国初の取り組みを行っている。

申請は同アカウントのトーク画面でユーザーが質問に答えるかたちで進めていく。LINEに登録した電話番号、メールアドレスなどの情報を連携すると、申請時の入力を省けるメリットもある。手数料はモバイル決済サービス「LINE Pay」でキャッシュレス決済。申請した書類は後日自宅へ郵送される。

申請から手数料の支払いまですべてワンストップで完結することで、市民の利便性向上とともに、行政が行う事務作業の効率化や職員の負担を軽減することが狙い。将来的には、ほかの手続きにも横展開できるシステム構築を目指すという。

さらに、4月10日よりLINE Payによる窓口支払いも順次導入する。市民体育館など全14か所での対応を予定している。

LINEは、行政サービスの新たなモデルケースを創出するなど、今後も自治体との連携・支援を積極的に行っていくとしている。

【特集】LINEの基本的な使い方・裏ワザ徹底解説!

基本的な使い方を知りたい人向け

PCで使いたい人向け

裏技・テクニック

※順次追加予定