新元号「令和(れいわ)」に決定|平成最後の1か月、企業は改元対応進める

4月1日11時40分過ぎ、菅官房長官の会見が行われ、新元号は「令和(読み方:れいわ)」と発表された。改元は5月1日で、企業各社は平成最後の1か月、システム改修など改元対応へのスタートを切ることになる。

新元号「令和(れいわ)」に決定|平成最後の1か月、企業は改元対応進める

新元号は令和(れいわ)、菅官房長官が発表

4月1日11時40分過ぎより記者会見が行われ、平成に代わる新元号が発表された。新元号は「令和(読み方:れいわ)」。菅義偉官房長官が平成の例にならい、毛筆で書かれた2文字を掲げた。出典は万葉集だという。

新元号に込められたメッセージや選定の理由については、正午過ぎに首相談話として発表される予定。また菅官房長官は、新元号が広く国民に親しまれるためには、他の案と比較することは適当でないとし、他の案を明らかにすることは差し控えるとの見解を示した。

出典:内閣広報室ライブ配信

新元号発表まで、今朝から懇談会や意見聴取などが行われ、慎重な議論が重ねられてきた。

【新元号発表までの動き】

  • 9時30分 「元号に関する懇談会」開始 ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授や前経団連会長の榊原定征氏など、有識者9名が集まり、新元号の原案となる数案への意見聴取
    • 10時8分 懇談会終了
    • 10時14分 菅官房長官が総理大臣官邸から衆院議長公邸へ出発
    • 10時20分 菅官房長官が衆院議長公邸で衆参正副議長からの意見聴取
    • 10時38分 菅官房長官が衆院議長公邸を出発
    • 10時42分 菅官房長官が総理大臣官邸に到着
    • 10時45分 安倍総理大臣執務室で菅官房長官らが説明
    • 11時00分 全閣僚会議開始、その後臨時閣議で新元号決定
    • 11時25分 臨時閣議終了
    • 11時40分過ぎ 新元号発表

なお、会見のようすは、官邸の各SNSアカウントでライブ配信された。会見開始予定時刻の11時30分ころには、YouTubeで14万人、Twitterで9万人など、多くの人が発表の瞬間を見守った。

新元号公表をライブ配信、Twitter、YouTube、インスタなど - 政府発表 | ボクシルマガジン
政府は、4月1日に行う新元号発表の会見を、各SNSの首相官邸アカウントでライブ配信する。Twitter、Faceb...

マイクロソフトなど各社が改元対応へ

産経ニュースによれば、政府は当初4月11日に新元号発表を検討していたものの、マイクロソフト社の全世界統一のソフト更新が4月は10日に行われることを受け、改修作業への影響を考慮。結果、4月1日に発表する方針で固まったという。

マイクロソフト社は同社サイトで改元に関する取り組みを発表。経済産業省主催のシステム改修説明会をすでに全国で行っており、4月5日に東京での追加開催も決定している。

また、改元で特に注意しておくべき点については、以下のとおり。

・データの送信元、送信先の間における相互運用や、データ交換における処理の方法は慎重に調査・検討する必要がある。送受信双方の関係を明らかにし、更新順番も慎重に計画すべき。

・日付フォーマット変換 、新元号を一文字で記した合字、合字を含めた元号の並べ替えロジックの見直し、元年という表記とそのデータが及ぼす影響などは事前に考慮が必要。

4月30日~ 5月2日の3日間は電話のサポート窓口を設け、対応するという。

他にも、IBMは「2019年 新元号対応に関するガイド ~IBMシステム製品~」を公表。三菱UFJ銀行は、同社サイトで「平成が記載されている帳票・書式類はそのまま使用できるのか」などの想定されるQ&Aをまとめている。

経産省が3月14日に公表した、民間企業の改元対応についての調査によれば、回答した2,797社中約6割が和暦使用部分の調査・確認が完了していると回答しており、大きな混乱は生じていないようすだ。

平成最後の1か月。新元号発表をうけ、各社対応を進める。