農業ロボット開発・レグミン野毛慶弘「恐れず挑戦できる環境があった」【母の日連載】

最終更新日: 公開日:

5月12日(日)は母の日。普段はなかなか言えない「感謝」を伝える日として、浸透しています。そこでBeyondでは、起業家や業界をリードする方、ユニークなキャリアをお持ちの6人に依頼し、「母への手紙」を綴っていただきました。育ってきた環境やお母さまとのエピソードは、今の自分の生き方にどのような影響を与えたのか。これまでの自分や環境を前向きに受け入れながら、今をイキイキと生きる6人の物語。連載3日目はレグミン野毛慶弘さんです。

農業ロボット開発・レグミン野毛慶弘「恐れず挑戦できる環境があった」【母の日連載】
手紙を書いた人:野毛慶弘(のげよしひろ)(株)レグミン代表取締役Co-CEO&Co-Founder。慶應義塾大学商学部卒業。大学時代は体育会野球部に所属。静岡銀行在職期間中、3基幹店舗を経験。退職後、実家の畑作業を行う傍ら地元中堅スーパー青果部に勤務し青果の取り扱いや販売などを学ぶ。

人とロボットの協業で農業を変えたい

少子高齢化が社会問題化する中、とりわけ高齢化が進むのが農業だ。農業ベンチャーLegmin(レグミン)で、この課題に取り組もうとしているのが、代表を務める成勢卓裕さんと、同じく代表であり、今回の手紙の執筆者である野毛慶弘さん。

子どものころ、農家だった祖父母の手伝いをしていたという野毛さん。日本の農業に対する危機感は強い。

農業は労働時間の割に収益性が低く、重労働。そして農機具による事故の危険もあり、労働環境に対するイメージはよくないのが現状だ。また、農業へ従事したいと考える若者は増えているものの、実際には初期の設備投資や知識の習得などハードルは高いのだという。

出典:レグミンホームページ

レグミンでは、自律走行型ロボットを使った作業効率化や、画像解析による作物育成支援システムなどを構築。静岡県清水町との提携で実証実験もスタートした。知識が少ない人でも、テクノロジーを駆使して生産性・収益性の高い農業を可能にするため、野毛さんは日々奮闘している。

また、レグミン創業にはお母さまの影響もあったという。

「母は料理が好きで、祖父母や父が作る野菜を嬉しそうに料理していました。そこから僕もいろいろな人に野菜を届けたいと思うようになりました」(野毛さん)

「母の日」を前に、今も野毛さんやレグミンを支えているというお母さまへの想いを、手紙に綴っていただいた。

母へ

母はレグミン社の影のコストカッター

母へ手紙を書くのは人生で初めてですね。
恥ずかしいのですが、いただいた良い機会ですので手紙を書きたいと思います。

毎日のおいしいご飯や最寄り駅への送り迎え、ワイシャツのアイロンがけなどをありがとうございます。母のおかげで食費や交通費などがかなり浮いており、仕事の経費が圧縮できております。笑

母の経費削減に積極的に取り組む姿勢、レグミン社の影のコストカッターと言っても過言ではありません。平素大変お世話になっております。

野球に明け暮れた少年時代

さて、私は小学2年生から大学4年生まで野球をやっていました。
中学時代はクラブチームに所属しており、母は週4日、自宅からグラウンドへの送り迎えをしてくれていました。

土日は毎回、お弁当を作ってくれていましたね。クラブチームの練習がない日は自主練習(ティーバッティングのトス)を手伝ってくれていました。

中学生の時がピークでしたが、小学生の時も高校生の時も大学生の時もずっと、手厚い支援をしてくれていました。

ちなみに兄と姉、私の3兄弟は全員スポーツをやっていたので、みんなが学生だったころ、母は超多忙な日々を過ごしていたことでしょう。全国大会などで全国各地に連れていけたので、少し親孝行ができたと思っています。

「挑戦」できるのは、母の変わらない支援があったから

母から教えられたことや叱られた経験、褒められた経験を思い返したのですが特に思い浮かびません。母から勉強しなさい、野球の練習をしなさいなどの言葉を聞いた記憶がないのです。

それは、やりたいことをやらせてくれて、どんな結果であれいつも変わらない支援をしてくれていたということだと思います。

野球をはじめたいと言った時、クラブチームや神奈川県の私立高校、大学で野球をやりたいと言った時。そして静岡銀行で働きたいと言った時も、農業やりたいと言った時も。いつもいつも受け入れてくれました。

私が今、やりたい事業をできているのは母がいたからだと思います。
母のおかげで、やりたいことが見つかった時に躊躇(ちゅうちょ)なく挑戦できています。

日本の農業をより良くするためにこれからも頑張って、必ず結果を出します。
これからもご迷惑をおかけしますが、今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

慶弘

(企画・編集/安住久美子)