LINEスタバカードでキャッシュレス決済、使い方とできること - LINE Payも全店導入へ

公開日:

スターバックスとLINEは4月8日、デジタル領域で提携する取り組みを発表した。スタバのプリペイドカードをデジタル化し、LINE上で発行、店頭でキャッシュレス決済できる「LINE スターバックス カード」を展開。ほか、LINE公式アカウントを開設し、LINE Payの全店導入を進めることも公表した。

LINEスタバカードでキャッシュレス決済、使い方とできること - LINE Payも全店導入へ

スタバ×LINE、本格始動

スターバックス コーヒー ジャパン(以下、スターバックス)とLINEは4月8日、デジタル領域における提携について具体的な取り組みを発表した。2018年12月に発表していたもので、コミュニケーションとキャッシュレスを主軸とする取り組みを加速させる。

取り組み内容は大きくわけて2つある。まず1つ目は「LINE スターバックス カード」の提供開始。2つ目は、LINE Payによるコード決済の全店導入だ。

LINE スターバックス カードとは

スターバックス カードは、店頭での支払い時に使えるプリペイドカード。物理カードのほか、スマートフォンをかざして決済できるモバイル版や、キーホルダー型がある。今回リリースされたLINE スターバックス カードもこの一つ。LINEキャラクターがデザインされたバーチャルカードをLINE上から発行、店頭での支払いに利用できる。

LINE スターバックス カードを作成するとリワードのポイント(Star)を貯められる。無料の会員サービス「My Starbucks」アカウントと連携すれば、貯まったStarを商品と交換できるチケットも発行できるようになる。

LINE スターバックス カードの使い方

LINE スターバックス カードの作成方法、支払い方法(決済方法)、チャージ方法(入金方法)は次のとおり。

作成方法

まずLINE スターバックス カードを作成(発行)する方法は2つある。いずれも作成過程で既存のMy Starbucksアカウントと連携できる。

  1. LINEウォレットから作成
    LINEアプリの「ウォレット」タブ内にある「マイカード」から「LINE Starbucks Card」を選んでタップし、規約に同意すると、発行作業へ進める。

  2. LINE公式アカウントから作成
    スターバックスの「LINE公式アカウント」を友だち追加し、メッセージ画面下部のメニューから「LINE スターバックス カード」を選択、作成。画面の案内に従って作業を進める。

LINE スターバックス カード作成手順イメージ(出典:プレスリリース)

支払い方法

コード決済に使用するバーコードは、次の2つの方法で表示できる。

  1. LINEウォレットから表示
    LINEウォレット内のマイカードから「LINE Starbucks Card」をタップする。

  2. LINE公式アカウントから表示
    スターバックスの「LINE公式アカウント」内のメニューから決済用コードを表示する。

チャージ方法

同カードはプリペイド制なので利用には事前のチャージ(入金)が必要。チャージ方法は、LINE Payか店頭の2種類ある。

  1. LINE Payからチャージ
    LINEウォレット内のマイカードから「LINE Starbucks Card」をタップ、画面内の「LINE Payで入金」を押すとLINE Pay残高からチャージできる。企業カードにLINE Payからチャージできる機能はこれが初めて。

  2. 店頭でチャージ
    ほかのスターバックス カード同様、店頭でもチャージできる。現金かクレジットカードに対応している。

全店舗でLINE Pay決済可能に

キャッシュレス推進の取り組みとして、原則国内のスターバックス全店舗でLINE Payのコード決済を導入する。2018年末より一部店舗で試験導入していたが、今後導入店舗を拡大し、全店舗での導入を目指すとのこと。

また今後、LINE公式アカウントを活用したパーソナライゼーションにも力を入れていくという。「お気に入りの1杯」を探せる機能や、フードペアリングを提案する機能などを提供する予定。

両社は、2015年よりLINE上の友だちにプレゼントを贈れる「LINEギフト」で協業。この2月28日にオープンした「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」では店頭に近づくと「LINE」で通知を受け取れる「LINE Beacon」を活用した企画を実施するなど、コミュニケーションを軸とするデジタル体験提供を進めてきた。今回の提携でコミュニケーションとキャッシュレスの連携を強固にし、さらなる相乗効果を目指すとしている。