「Beyond」を運営するスマートキャンプ、東京本社オフィス移転のお知らせ

公開日:

SaaS比較サイト「BOXIL(ボクシル)」やビジネスメディア「Beyond(ビヨンド)」などを運営するスマートキャンプは6月17日、東京本社オフィスの移転を発表しました。新オフィスの稼働は6月24日よりスタートし、さらなる事業拡大を目指していきます。

「Beyond」を運営するスマートキャンプ、東京本社オフィス移転のお知らせ

オフィス移転の背景

SaaS比較サイト「BOXIL(ボクシル)」やビジネスメディア「Beyond(ビヨンド)」などを運営するスマートキャンプは6月24日、事業・組織の拡大にともない東京本社オフィスを移転します。

スマートキャンプは2017年9月にクロスサイド田町ビル(60坪)から徳栄ビル(120坪)に移転し、社員数は2017年9月の約30名から2019年5月末までに約60名まで拡大しました。

2019年度はさらなる成長を目指し社員数を100名まで拡大する予定で、徳栄ビルの2倍以上の広さのある三田43MTビル(250坪)に移転いたします。

■新オフィス住所:
〒108-0073 東京都港区三田3−13−16 三田43MTビル13階
■稼働開始日:
2019年6月24日(月)

オフィスのコンセプト・こだわり

社名にある「キャンプ」という言葉がつけられた背景には「キャンプではいろいろな人が集まってテントを張ったり、料理を作ったり、協力して1つの目標を果たすことから、メンバーもそうなってほしい」という願いが込められています。この願いを「時間の流れを感じるキャンプ場」と題してデザインコンセプトにしました。

時間を感じる要素として会議室の壁の色、そして壁に描かれた太陽や月のアイコンがあります。会議室の名前も「AM9」や「PM3」など、時間を感じやすい名前になっており、太陽アイコンの位置もそれぞれの会議室で異なります。

キャンプでも昼は炊事、夕は設営など、時間によって行う作業が変わることから、さわやかな会話をしたいときは「朝デザイン」の部屋、じっくりと話したいときは「夜デザイン」の部屋など、気分や用途でも会議室を選べるようなデザインとなっています。

新卒・中途採用について

スマートキャンプではさらなる事業の拡大に向けて、積極的に採用活動を行っています(会社説明資料はこちら)。また主要メンバーとのカジュアル面談を行える機会を用意しました。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

  • どの職種がフィットするかわからないが、今後のビジョン、事業展開が気になる
  • どんな経験がスマートキャンプで積めるのか具体的に聞いてみたい
  • なにか面白そうだからまずは話を聞いてみたい

スマートキャンプ 会社説明資料:
https://speakerdeck.com/smartcamp/smartcamp-company-info

主要メンバー直通 カジュアル面談エントリーページ:
https://forms.gle/88CCFCBtGYZyfQpC7