SBI証券がTポイントと連携 - 投資信託取引などで小額ポイント投資が可能に

最終更新日: 公開日:

SBI証券は、投資信託取引や国内株式現物取引などでTポイント利用できる「Tポイントプログラム」を7月20日より開始することを発表した。約7,000万人の年間利用者を有するTポイントと連携することで、投資初心者の取り込みを狙う。

SBI証券がTポイントと連携 - 投資信託取引などで小額ポイント投資が可能に

SBI証券は7月3日、Tポイント・ジャパンと業務提携契約を締結し「Tポイントプログラム」を7月20日より開始すると発表した。

Tポイントプログラムにより、Tポイントを利用して投資信託商品に投資できる「Tポイント投資」や、国内株式現物の取引額などに応じてTポイントを貯めることが可能となる。

Tポイントは年間6,946万人が利用する共通ポイントサービス。Tポイントプログラムを導入することで、資産形成初心者の取り込みを狙う。

Tポイントで投資する

Tポイントを使っての投資では、投資信託の買付代金の全額、または一部にTポイントが利用可能となる。対象サービスは金額指定の買付。ただし、積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外となる。

1ポイント1円相当で、利用上限はなし、最低1ポイントから利用可能。

Tポイントを貯める

SBI証券ではさらに、対象となる取引やサービスを利用することでTポイントを貯められるようになる。対象となる取引・サービスは以下の通り。

  • 国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)
  • 投資信託取引(投信マイレージ)
  • 金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)
  • 新規口座開設
  • 国内株式入庫
  • 各種キャンペーン

プレゼントキャンペーンを実施

Tポイントプログラムの開始を記念して、SBI証券は以下のキャンペーンを実施する。

  • 20名にTポイントを100万ポイントプレゼント
  • 口座開設で、20万ポイントの期間固定Tポイントを100名で山分け
  • 「Tカード番号登録」で、期間固定Tポイント100ポイントプレゼント(※先着6万名)

\無料で口座開設してTポイントを貯める!/

ネオモバでは国内株式を扱う

SBI証券は、2018年10月にCCCマーケティングとの合弁会社であるSBIネオモバイル証券を設立した。

同社が提供するサービス「ネオモバ」は、Tポイントを利用し国内株式を購入できるサービスである。今回のSBI証券のTポイントプログラム開始により、Tポイント投資の対象となる商品が拡大した。

SBIネオモバイル証券

>>>ネオモバ公式サイトをチェックする<<<

ネオモバは、保有しているTポイントを1pt=1円分で投資できるサービス。1単元単位での株式購入もできるため、少ないポイントでも投資が可能。利用には月額200円必要であるが、200円分のTポイントがプレゼントされるので実質の月額料金は0円で利用できる。

※約定代金合計額(1ヵ月)が50万円以下に限る

\余ったTポイントで投資できる!/

参照:SBI証券プレスリリース

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。