Tポイント投資とは | ネオモバとSBI証券の違い・特徴

最終更新日: 公開日:
ポイント投資が流行していますがTカードを使うともらえるTポイントでも投資ができます。国内株式はネオモバ、投資信託はSBI証券を利用すればTポイントを使った投資ができます。本記事ではTポイントを使った投資について、ネオモバ、SBI証券のそれぞれのTポイント投資サービスの違いや特徴について解説します。
Tポイント投資とは | ネオモバとSBI証券の違い・特徴
SBIネオモバイル証券 THEO+ docomo 楽天証券
Tポイントを使って投資が実践でき、1株ごとの購入が可能 月額1万円から投資が可能。AIが最適な投資プランを提案してくれる。 取引手数料が最低0円から。楽天市場でもらえるポイントもアップ。

>>>【最新】稼げる副業おすすめランキングはこちら

Tポイントを使った投資とは

2019年に注目されているサービスの1つとして「ポイント投資」があります。ポイント投資とは楽天ポイントやdポイントのようなポイントを使って投資や資産運用を行うサービスです。

本記事ではポイント投資サービスの中でも特にTカードを使った際に付与されるTポイントを利用したポイント投資サービスについて紹介します。

そもそもポイント投資が何か気になる方は次の記事も合わせてご確認ください。

国内株式と投資信託

Tポイント投資では、ネオモバを使って国内株式に投資する方法と、SBI証券を使って投資信託を購入する方法の2つの投資方法があります。

国内株式はその名のとおり、国内に上場しているトヨタやNTTなどの株式を購入する投資手法です。保有している株に応じて株主優待や配当金がもらえますし、優良株を買えば収益が大きく上がる可能性があります。ただし、業績の下降や突然の不祥事によって株価が大きく値を下げる可能性もあります。

投信信託とは投資信託会社に対してお金を預けることを指します。投資信託会社で金融のプロが商品毎の運用方針に従って、本人に代わって資産運用をしてくれます。投資信託商品は投資運用方針によって同じ会社でも、株式中心、債券中心、海外株中心などさまざまなコースがあります。プロが能動的に資産運用してくれるため手間はかかりませんが、運用には手数料が発生します。

国内株式ならネオモバ

ネオモバとはSBIネオモバイル証券が提供しているTポイントを使った株式投資サービスで、2019年4月10日からサービスが開始しました。ネオモバには次のような特徴があります。

1株から購入可能

ネオモバでは、Tポイント1ポイント=1円で計算して、1株の購入金額以上のポイントを保有しているならばTポイントと株式を交換できます。ポイントが足りない場合は現金でも購入できます。

普通に株式を購入する場合は、単元株と言って最低何株以上でなければ購入できないというルールが定められている場合があります。そのため、1株数千円の値段の株でも数十万円分単位で購入しなければならないこともあります。

ネオモバを使用すれば単元株に関わりなく1株単位で好きな株式が購入できます。

手数料は実質20円

1か月の手数料は約定料金によって異なりますが、一番安いプランは約定代金が合計50万円以下の場合で、200円(税抜)となっています。

ネオモバを使用すると毎月Tポイントが固定で200ポイント受け取れるので、200円の消費税である20円分だけで資産運用ができるということです。

ちなみにここで取得したTポイントは使用期限が定められており、他のサービスやネオモバのサービス利用料には使用できないので注意してください。

スマホアプリも登場

ネオモバはスマートフォンで簡単に口座開設から株式購入までいろいろな手続きができます。「誰でも使いやすく」をモットーにユーザーインターフェースを作り込み、3ステップで簡単に株式の注文が可能です。

ちなみにインターネット上で使用できるWebサービスもありますが、2019年9月28日からアプリ版も公開されました。

アプリ版のリリースにあたって「株式の定期買付」「資産推移グラフ」2つの新規機能が追加されました。

株式の定期買付機能は、指定の株式を定期的(月に5日まで)、定額(100円から)で自動で買い付けられる機能です。買付は現金でもTポイントでも可能です。

資産推移グラフは、投資成績を確認しやすいように過去90日までの保有資産をグラフ化、保有株式だけではなく保有資金の一元管理もできる機能です。

初心者向けの投資システム

ネオモバは初心者向けの投資システムです。

単元株にこだわらず1株単位で株式を購入できますし、手数料も一番安ければ実質20円と格安の設定になっています。また、現金だけではなく普段の買い物で自然と貯まるTポイントを使って株式を購入できるので、お金を使わずに株式を買い増すことも可能です。

さらに最短3ステップで株式を購入できますし、資産の保有状況も簡単に把握できるようにインターフェースも洗練されています。

投資初心者はまずネオモバを利用したTポイント投資から始めても良いでしょう。

投資信託ならSBI証券

SBI証券を利用すればTポイントで投資信託が購入できます。SBI証券では2019年9月20日からTポイントによる投資信託購入サービスを開始しました。

詳しく知りたい方は次の記事をお読みください。

Tポイントで投資信託を購入

SBI証券では日常の買い物で貯めたTポイントを使用して投信が購入できます。また、SBI証券で投資信託を取引する際も、取引額に応じてTポイントが付与されます。

Tポイントを使用したり、貯めたりする場合はSBI証券のシステムにログインして、保有しているTポイントカードの番号登録が必要です。

ちなみに、SBI証券のポイントプログラムは原則としてTポイントに切り替わっているので、SBIポイントは付与されなくなりました。IPOチャレンジポイントだけは引き続き、付与されますし利用可能です。

SBI証券で発生する手数料

SBI証券で投資信託を購入・運用する際の手数料は次のとおりとなります。(例外として外貨建MMF、MMF・中期国債ファンドは無料です。)

申込手数料 基準価額に対して、最大4.0%(税込4.4%)
信託報酬 純資産総額に対して、最大年率3.1%(税込3.41%)
信託財産留保額 買付時の基準価額に対して最大0.6%、換金時の基準価額に対して最大3.5%(非課税)

具体的なファンドの手数料は購入する投資信託によって異なります。

さまざまなキャンペーンを実施中

SBI証券では抽選で20名に100万円相当のTポイントを配布、20万円相当のTポイントを100人で山分けなど、定期的にTポイントを使ったお得なキャンペーンを開催しています。

Tポイントを効率的に貯めたい、Tポイントを使って投資をしたい方はキャンペーンについてこまめにチェックして、効率よくTポイントを増やして投資した方が良いでしょう。

Tポイント投資の評判

実際にTポイント投資をしている方の評判、口コミを分析したところ、Tポイント投資には次の2つの特徴があることがわかりました。それぞれについて詳しく説明します。

  • 投資の勉強になる
  • NISA・iDeCoに対応していない(ネオモバ)

投資の勉強になる

少額かつリスクが少ないので投資の勉強になります。貯まったTポイントだけで運用していれば持ち出しのお金は発生しませんし、上手く投資益をあげると現金を獲得できます。

いきなり高額の現金を使った投資が怖いという場合は、まずTポイント投資から、株式、投資信託による資産運用に徐々に慣れていくと良いでしょう。

NISA・iDeCoに対応していない(ネオモバ)

ネオモバのデメリットとしてNISA・iDeCoに対応していません。

NISA口座で取引すると毎年120万円までの非課税枠が設けられて5円間は非課税で資産運用ができます。iDeCoを利用すると掛け金は全額所得控除、運用益は非課税で年金や一時金を受け取るときも大きく控除を受けられます。

現金を使っての資産運用で残る利益を少しでも増やしたいなら、NISA・iDeCoに対応している口座で運用した方が良いでしょう。

Tポイントで投資に挑戦してみる?

Tポイント投資には株式を購入するパターンと投資信託を購入するパターンがあり、それぞれ利用すべきサービスが異なるので注意してください。

いずれのサービスを利用しても、普段買い物をしていると自然に貯められるTポイントを使っての少額での投資・資産運用ができるので投資初心者にはおすすめのサービスです。Tポイントだけで投資をするならば、当然現金は必要ありません。

Tポイントが貯まっていて使い道がない、投資に興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

ポイント投資よりたくさんのお金を投資したいならFXも。おすすめ2選

「もっとたくさんの資金で投資にチャレンジしたい」というあなたはFXもおすすめです。

FXは円・ドル・ユーロなどの通貨を売買する投資方法となります。FXの個人口座では資金(証拠金)の最大25倍レバレッジを利かせた取引ができます。おすすめのFXサービスを2つ紹介します。

LINE FX

LINE FXは、LINEのアプリの「ウォレット」から取引画面を開けます。外出先でも気軽にFX取引ができます。また通貨ペアによっては、スプレッドが低く抑えられている点もメリットです。

その他、為替の急変動や経済指標などの情報がLINEに届くので、情報収集も手軽になり取引タイミングも逃しにくくなります。取引手数料・口座開設費用はともに0円なので、まずは口座開設してみましょう。

DMM FX

DMM FXは、取引手数料・口座維持手数料・ロスカット手数料など各種取引手数料が無料です。また取引画面やアプリの使い勝手もよく、取引結果をグラフ化して分析する"取引通信簿"の機能が標準搭載されています。

サポートも充実しており、電話・メールはもちろんのことLINEでの問い合わせにも対応しています。取引ごとにポイントが貯まり、貯めたポイントを口座にキャッシュバックできます。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。