年収400万の手取り額を調査 | 貯金額・家賃相場・住宅ローンの目安は?

最終更新日: 公開日:
年収400万円の手取り額や生活水準について紹介しています。気になる手取り額をはじめ貯金額、家賃の相場、住宅ローンの目安まで、年収400万円の生活水準に加え結婚生活や女性だとどのような職種があるのか、あらゆる観点から年収400万円の生活事情を解説します。
年収400万の手取り額を調査 | 貯金額・家賃相場・住宅ローンの目安は?

年収300万円 年収400万円 年収500万円

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>年収アップを実現する転職エージェントおすすめランキングはこちら

年収400万円の手取り額と貯金額

年収400万円の気になる手取り額や貯金額について説明します。

年収400万円の手取り額

年収400万円の手取り額は290万円〜330万円程度です。月収に換算すると33万円程度です。

年収は保険料や税金などが引かれる前の総支給額を表した数字であり、年収400万円であっても丸々400万円が手元に入ってくるわけではありません。

実際に手元に入ってくる金額は「手取り」であり、給与から税金や社会保険料が差し引かれた金額となります。差し引かれる税金や社会保険料の種類については、次の章で詳しく紹介していきます。

年収400万円の貯金額

年収400万円の人の平均貯金額は月3万円〜6万円となっています。ただし、家賃やボーナスの額、独身/既婚など生活スタイルの違いにより貯金額は異なってきます。

独身の場合、年収が400万円もあれば、よほど浪費をしない限り毎月安定して貯金を行えます。

しかし、結婚しているとなると毎月の生活費だけでも独身時代以上に支出が多くなり、子供がいる場合は養育費も必要です。支出が自然と増えるため、貯金を行うのは容易ではなくなるでしょう。

年収400万円の住民税・税金

給与から差し引かれるのは、税金や社会保険料は主に次の6つとなっています。

  • 住民税
  • 所得税
  • 健康保険料
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険

各差し引き額のおおよその目安は、住民税24.1万円程度、所得税13.8万円程度、健康保険料20万円程度、厚生年金支払額35万円程度となっています。

また、独自の給与控除が設けられている場合もあり、勤め先によってはさらに差し引きされる項目が増える場合もあります。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

年収400万円の割合

年代 割合
20代 19.1%
30代 24.9%
40代 20.5%
50代 14.9%

民間給与実態統計調査によると正社員で働いている人の中で年収400万円を稼いでいる人の割合は12.1%となっています。

性別別に見ると男性が15.6%、女性が9.2%となっており、男性の割合は女性の割合の2倍近くにも上ることがわかります。

年齢別の割合を見てみると、20代に比べて30代の割合が5%近く増加しています。20代で年収400万円は高収入の部類に入ります。

30代は社会人経験年数もある程度重ね役職に就くチャンスも増えてくる年代です。収入が増えてくる時期でもあり、若手の20代に比べて400万円の収入を手にする人の割合が増加しています。

年収400万円の平均家賃

年収400万円の人の家賃の目安額は6万円〜8万円です。ただし、独身であるのか結婚しているのか、個人の生活スタイルによっても家賃に割ける金額は異なります。独身の場合はお金に余裕があるので、10万円ほどの賃貸に住むことも可能です。

一方、結婚している場合は家族全員分の生活費や養育費など支出も多いため、最大でも7万円までに家賃を設定した方が良いでしょう。

また、居住エリアによっても家賃は大きく異なり、都心と地方では同じ間取りであっても価格に大きな開きがあります。どうしても家賃を抑えたい場合は、地方に住むのも一つの方法です。

年収400万円の住宅ローン

年収400万円で住宅ローンを組む場合の借入額や返済額の目安など、住宅ローンを組む際のポイントについて解説します。

住宅ローンの目安と限度額

住宅ローンの限度額は年収の7倍となっており、年収400万円の場合は400万円×7で2,800万円が限度額です。

ただし、年収400万円と一括りにいっても独身であるのか結婚しているのかなど、個人によって生活状況が異なり毎月住宅ローンに支払える金額も異なってきます。

一般的に住宅ローンの望ましい金額は年収の5倍とされているため、年収400万円の場合、年収400万円×5で2,000万円程度の住宅ローン額が理想的と言えます。

月々の負担が少ない返済額

住宅ローンを組む際は限度額いっぱいに借り入れを行うのではなく、無理なく返済できる額で借り入れを行う必要があります。

先ほど紹介したように住宅ローンの目安となる金額は年収の5倍であり、年収400万円の場合は2,000万円程度となっています。

また、一月の返済金額は8万円のプランが理想的です。年収400万円の人の家賃の目安は8万円程度となっており、8万円であれば毎月の家賃の支払いと同額となるため無理なく返済を行えます。

年収400万円の生活水準

年収400万円で結婚生活を送れるのか、解説します。結婚を考えるうえで「年収」は自身にとっても相手にとっても重要なことなので、参考にしてみてください。

年収400万円は結婚できないのか

女性は結婚相手を選ぶうえで、「高収入」な男性を求める傾向があります。残念ながら年収300万円〜400万円では、女性から結婚対象外と考えられてしまうことも珍しくはありません。

しかし、年収400万円という数字はけっして低い数字ではなく、一般的な年収額です。共働きや節約など条件はつくものの、結婚生活が送れない年収ではありません。

女性の社会進出も進み結婚後も仕事を続ける女性は珍しくなく、必ずしも共働きの条件がマイナスに働くわけではありません。条件が合う相手がいれば、年収400万円でも結婚は十分に可能です。

年収400万円で一人暮らし(独身)の場合

年収400万円の場合、家賃を8万円以内に設定すれば、十分に余裕のある生活が送れます。

家賃の目安は手取りの3分の1の金額が望ましいとされており、年収400万円の平均月収は25万円となるため8万円が目安です。家賃を差し引いても手元には17万円が残り、そこから毎月必要となる生活費を十分に捻出できます。

また、自炊をするといった節約を行えば、さらに支出が減り趣味や貯金に多くのお金を回せます。

>年収アップにつながる転職エージェントのおすすめをチェック

女性の年収400万円の仕事

年収400万円を稼ぐ女性の割合は男性に比べて少ないものの、実際に収入を得ている人もいます。年収400万円を稼ぎだす女性の気になる職業は、主に次の職業です。

地方公務員や看護師、経理に関しては平均的に給与が高いうえ、職場の環境も整っています。また、産休や育休制度が充実している傾向にあるので、長期に渡って活躍し、さらなる年収アップも目指しやすい職業です。

IT技術者と不動産販売営業に関しては残業の多さや高いノルマの設定など、けっして楽とは言えない労働環境が多く見られます。離職率が高く人手不足が続いているため、高額な給与設定を行い人材を獲得している背景があり、高い年収は望めるものの勤務を続けていくのは容易ではありません。

本業だけで年収400万円が達成できなかったとしても、副業で収入を増やすことも可能です。また、資格を取得しキャリアアップを目指すことで、収入アップにつながります。

年収アップを目指すなら転職も視野に

年収400万円は多くの人が属する収入階層であり、一般的な収入額となっています。

独身や既婚の違いにもよりますが、普通の生活を行っていくうえでお金に困ることはなく、貯金も十分に行えます。

また、ローンを組んで車や住宅の購入を行うことも可能です。自分の手取り額は適正な金額であるのか、一度一般的な手取り額と見比べてみましょう。

>>転職サイト・エージェント人気ランキングおすすめ10選はこちら
>>30代向けおすすめ転職エージェント比較はこちら

マンツーマン支援が受けられる「ゲキサポ!転職」

転職エージェントより徹底した転職支援を受けたい方は「ゲキサポ!転職」の利用がおすすめです。目標のキャリアを実現するために、プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで支援してくれます。

ゲキサポ!転職

・専属トレーナーがマンツーマンで支援
・年収150万アップの事例あり
・徹底した自己分析の支援

ゲキサポ!転職は、プロのキャリアアドバイザーが短期集中のマンツーマンで転職を支援してくれるサービスです。「自己分析が苦手」「転職活動がうまく進まない」「キャリア設計がわからない」など転職の悩みを相談できます。

専属トレーナーとのキャリアトレーニングや無制限のチャット相談、独自の自己分析支援などサポート体制は充実です。無料のカウンセリングも実施されているので、まずは相談してみるといいでしょう。





自分の年収、本当に適切?無料の年収診断でチェックしよう

転職するかどうか判断する前に、「今の年収が適切かどうかわからない」「年収が低いと思っているけど市場価値ってどのくらいなの?」というようにお悩みの方もいると思います。

そういうときには転職サイトの無料年収診断サービスを使ってみましょう。サイトに登録し、いくつかの質問に答えるだけで自身の市場価値を算出してくれます。

年収が不安・不満なら副業もおすすめ

年収400万円で、「現状の給料に不満があるけど転職はしたくない」「職場や環境には満足しているけど年収がちょっと…」という方は、副業を始めてみるのも一つの手段です。

大企業、中小企業問わず副業を認めている会社は増えてきています。スマホやPCから手軽にできて、種類によっては数万〜数十万稼げるものもあるので、ぜひ検討してみてください。

クラウドワークス ママワークス サグーワークス
会員登録数100万人超え
資格・学歴・スキル不要
主婦特化の在宅仕事多数
在宅ワーク講座を無料視聴可
記事のライティングや校閲に特化した案件を紹介
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。