マイケルペイジの評判・口コミまとめ | 調査結果からわかる特徴とメリット

最終更新日: 公開日:
マイケルペイジは利用するべき転職エージェントなのか、口コミや評判が気になっている方も多いでしょう。本記事ではマイケルペイジの評判口コミからわかる特徴や登録するべきメリットについてまとめているので、ぜひ参考にしてください。
マイケルペイジの評判・口コミまとめ | 調査結果からわかる特徴とメリット
1位 リクルートエージェント 2位 ビズリーチ 3位 JACリクルートメント

「マイケルペイジは本当に外資系に強いのか」「サポートはどこまでしてくるのか」など、利用する前にマイケルペイジの評判や口コミが知りたい方も多いと思います。

マイケルペイジは高収入の外資求人に強いハイキャリア向けの転職サービスです。高収入求人が多い、外資系の専門性が高いなどの評判や口コミが多いです。

反対に敷居が高い、市場価値によっては門前払いを受けるなどの悪い評判や口コミもあります。

本記事では、独自に調査したマイケルペイジの評判や口コミを参考に、利用するメリットとデメリット、おすすめできる方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マイケルペイジの評判まとめ

独自に調査したマイケルペイジの口コミ評判アンケートの結果、「マイケルペイジ」の評価は次のとおりでした。

評価 コメント
総合評価 ハイクラスの転職向けエージェント
求人量・質 外資系の高収入求人に強い
提案力 外資系の専門性が高い
サポート体制 専門性や年収の高さで変わる可能性あり

調査結果をまとめるとメリット・デメリットは次のとおりでした。

メリット デメリット
・専門性が高い
・スピード感が高い
・敷居が高め
・市場価値によっては門前払い

外資系の転職に関して専門性が高く、スピード感もあるので、ハイクラスの転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

マイケルペイジの公式サイトはこちら

マイケルペイジは典型的な外資系エージェント

東京都港区の神谷町にオフィスを構えるマイケルペイジは、典型的な外資系転職エージェントの一つで、外資系企業のハイクラス求人に特化した人材紹介サービスを展開しています。

ハイクラス求人がそろっていますが、英語力が必要です。経歴やスキルが基準に満たないと低評価された場合は、思うように求人を紹介してくれない可能性もあります。

ただし、外資系のハイクラス求人への転職を狙うのなら、必ず登録しておきたい転職エージェントの1つです。

マイケルペイジの評判・口コミ

マイケルペイジの評判や口コミを調査した結果、次のような特徴がありました。

  • ハイクラスの外資系エージェント
  • レベルによっては対応がドライ
  • 海外企業の求人も保有

それぞれの特徴について説明します。

ハイクラスの外資系エージェント

マイケルペイジはハイクラスの外資系エージェントです。高年収や充実した福利厚生など待遇の良い求人がそろっており、キャリアアップも狙えますが、求職者の能力は高いレベルを要求されます。

良くも悪くも能力のある人に対してのサポートは丁寧です。能力のある人ならば良い求人案件を紹介してもらい、すぐに内定を獲得できるでしょう。

対応はドライ

能力のある人には丁寧なサポートを行いますが、能力が一定のレベル以下と思われる人材に対してはドライな一面があります。

内定獲得が難しいと判断されればサポートがおろそかになり、良い求人をなかなか紹介してもらえない可能性もあります。

ただし、マイケルペイジだけではなくハイクラスの外資系エージェントは、どこの企業も少なからずこのような傾向があります

海外企業の求人も

外資系企業なので、日本の転職エージェントでは取り扱えないような海外の求人もたくさん保有しています。

ただし、日常会話レベルではなく、ビジネスで使用できるレベルの高い英語力が求められます。語学力に自信があり、海外企業で働いてみたいと思う方はぜひ挑戦してみてください。

マイケルペイジのメリット

マイケルペイジは外資系企業への転職サポートの専門性が高く、スピード感もあるので、一定以上のスキルがあれば転職の頼もしい味方になります。

  • 外資系企業の転職に関する専門性が高い
  • 外資系特有のドライさのためスピード感がある

それぞれのメリットについて説明します。

専門性が高い

マイケルペイジでは対応する転職者を絞ることによって、専門性が高い転職エージェントサービスを実現しています。大手転職エージェントのようにピンからキリまで幅広い求人に対応していますが、誰でも気軽に利用できる転職エージェントではありません。

外資のハイクラス求人に求められる、経歴やスキルを保有している人材なら、外資系企業の転職に関する専門的な知識がない大手エージェントよりも、確実な転職サポートが期待できます。

スピード感がある

マイケルペイジは外資系転職エージェントにありがちなドライさを持っており、ドライということはそれだけスピード感が高いことになります。

転職エージェントは転職を成功させないと企業から報酬をもらえないので、いろいろな手法で早期に転職を成功させようとします。

特にドライな企業であるほど、本人の希望に関わらず決まりそうな企業を紹介してくるでしょう。事情があり早めの転職を目指している方には向いている転職サービスです。

マイケルペイジのデメリット

マイケルペイズはハイクラスの外資系求人の転職エージェントなので、基準に満たないと判断された場合は門前払いとなる可能性もあります。

  • 他の転職エージェントと比較して敷居が高い
  • 市場価値によっては門前払いを受ける

自信がない場合は後述する、または他のエージェントの利用も検討した方が良いでしょう。

30・40代・管理職向けハイクラス転職サイトの紹介はこちら

登録のハードルが高い

マイケルペイジのデメリットとして挙げられるのが、登録のハードルが高いです。英語のスペシャリストとしてのスキルを求められるので、好待遇の求人が期待できます。

その反面、他の転職エージェントと比較すると、利用する求職者の方も少し大変だと感じるかもしれません。

敷居が高いと感じた場合には、マイケルペイジだけではなく他の転職エージェントも合わせて利用した方が、転職に成功しやすくなります。

市場価値によっては門前払い

敷居が高いことに関連して、転職市場における価値の低い人材は門前払いを受ける可能性があります。エージェントと連絡をとってもレスポンスが遅かったり、求人を紹介してもらえなかったりすることもあるでしょう。

マイケルペイジに限らず、外資系ハイクラス求人の転職エージェントは、内定を獲得しやそうな人材は手厚くサポートして、内定が難しい人材への対応はあっさりしている傾向があります。


マイケルペイジ以外のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

マイケルペイジの利用がおすすめな方

マイケルペイジは、なるべく年収700万円以上で外資系・ハイクラスの転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

しかし、外資系・ハイクラスの転職はコンサルトとの相性が需要になるので、他エージェントとの併用をおすすめします。

マイケルペイジと併用したい転職エージェントは次のとおりです。

それ以外の転職エージェントを検討したい方は、次の記事を参考にしてみてください。

>>>外資系転職に強いエージェント比較7選はこちら

マイケルペイジに似た転職エージェント

確実な転職を目指すなら、マイケルペイジだけに転職エージェントを絞るのは辞めておいた方が良いでしょう。

マイケルペイジと似た特徴を持つ転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録して利用してみてください。

JACリクルートメント(JAC Recruitment)

マイケルペイジと同様に外資系ハイクラス求人に強い転職エージェントです。日本の大手優良企業の紹介もしており、ミドル層の転職エージェントサービスも行っているので、JACリクルートメントの方が敷居はやや低いです。

マイケルペイジから連絡がない、マイケルペイジ以外のエージェントも合わせて利用したいという場合は登録することをおすすめします。

JACリクルートメントのサービス詳細や、口コミ・評判、利用者の評判はこちら

ビズリーチ(BIZREACH)

外資系求人に限らずハイクラス求人を取り扱っている転職エージェントサービスです。日経・外資系問わずに、ハイクラス求人に挑戦したいという方におすすめです。

登録は無料で、一定以上の年収要件を満たした有料会員になると自分から求人を選んで直接応募も可能になります。

また、通常のスカウトメールだけではなく、企業からの面接が確約されているプラチナスカウトメールが送られてくることもあります。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

ロバート・ウォルターズ

マイケルペイジよりも外資系転職エージェントの特徴が強く、ハードルが高いと言われているのが、ロバート・ウォルターズです。

英語力やスキル、キャリアなどについて転職エージェントのお眼鏡にかなうと、非常にスムーズに転職ができると言われています。

英語力・スキルやキャリアなどに自信がある方はマイケルペイジとセットで登録しておいた方が良いでしょう。

ロバート・ウォルターズの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

マイケルペイジと異なる転職エージェント

外資系・ハイクラス求人を扱っているマイケルペイジと異なった特徴を持つ転職エージェントもたくさん存在します。中でも代表的なエージェントサービスを3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手転職エージェントサービスで、約10万件の非公開求人を保有している国内屈指の転職エージェントです。

ハイクラス求人だけではなく、ピンからキリまでさまざまなレベル、年収、待遇の求人の紹介を受けられます。

業界No.1の相談拠点数を持ち、土日・祝日、平日20時以降でも必要に応じて面談をしてくれるので、転職エージェントサービスの中でも特に使い勝手の良いサービスの1つです。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは先ほど紹介したリクルートエージェントと比較すると、規模はやや小さいですが、サポートが充実していて、若手社員の転職には定評があります。

また、新卒採用のマイナビというサービスを行っていることにより、さまざまな企業とのコネクションを持っています。

マイナビエージェントしか保有していない独自の求人案件も保有していると言われており、リクルートエージェントと同様に幅広い転職案件に対応しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

パソナキャリア

累計25万人の転職を成功させた転職エージェントサービスであり、転職実績が豊富なだけではなく、転職者の7割近くが年収アップに成功しています。

リクルートエージェントと単純に求人数で比較すると劣りますが、求人の質では劣ってはいません。

年齢やキャリア・スキルなどに関わらず、すべての求職者に対して親身かつ丁寧に転職サポートしてくれます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

マイケルペイジでハイクラス転職を

マイケルペイジは、外資系のハイキャリア求人に特化した転職エージェントです。

いわゆる外資系エージェントらしくドライ、ビジネスライクな部分があり、効率を重視していて市場価値が低い人材からの応募はやや放置気味になるかもしれません。

代わりに、価値の高い人材は手厚いサポートでスピード感を持って転職できると評判です。

良くも悪くも向き不向きがあるので、転職活動を進める際は「JACリクルートメント」や「ロバート・ウォルターズ」と併用して利用しましょう。

それ以外の転職エージェントを検討したい方は、次の記事を参考にしてみてください。

>>>外資系転職に強いエージェント比較7選はこちら

マイケルペイジ以外の転職サービス

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。