副業の確定申告やり方と時期 - いくらから払う必要が?しないとバレるのかも解説

最終更新日: 公開日:
20万円以上から払う義務が発生する副業の確定申告について、対象になる人ややり方、いつまでにしなければならないのかを解説。また、会社員が確定申告をするメリットについても説明するので、副業を考えている方もご覧ください。
副業の確定申告やり方と時期 - いくらから払う必要が?しないとバレるのかも解説

2020年(令和元年)の確定申告期間は、2020年2月17日から4月16日までとされていましたが、申告が難しい場合には17日以降も期間を区切らず柔軟に対応しているようです。

17日以降に申告する場合、税務署で職員に申し出て延長申請書に記入することが必要になるほか、インターネットを使って申告できる「e-Tax」や郵送を利用する場合には、申告書の余白や特記事項の欄などに、「延長申請」と記載する必要があります。

フリーランスや、会社員をしながら副業をされている方、個人事業主向けに、確定申告に役立つ情報をまとめました。確定申告をする必要があるのかも含め、チェックしてみてください。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

確定申告とは?

確定申告といえば、1年間の収入に必要な経費がどれぐらいだったか、そして両者の差引きによって最終的にいくらの儲けが出たのかを申告書として税務署に報告するための一連の作業のことをいいます。この確定申告によって、自営業者やフリーランサーは自らの所得を明らかにできます。

しかし、普段は本業として会社勤めをしているサラリーマンや、アルバイトやパートに出ている人の場合、最終的な所得額を算出するための経費にあたる部分が決まっています。

また、自分で申告をする機会がないために、何が所得でどんなものが経費となるのかがわからない場合もあるでしょう。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

副業の定義

確定申告をするにあたっては、まず副業の定義についても明らかにしておかなくてはならないでしょう。

実は「副業」については厳密な定義というものは存在していません。

ただし、一般的に会社勤めなどの本業をもっている人が、それと並行して別の収入も得ることを副業と考えることが多く、主に会社員であることを前提とした表現となっています。

もとより自由に仕事を請けられるフリーランスが同時並行で仕事をしても、それは「複業」や「ダブルワーク」であって「副業」というわけではありません。あくまでも主たる仕事をもっている人がその収入を補うためにする補助的な仕事として副業があるわけです。

具体的な副業の例

副業の例として、週末に居酒屋やレストランでアルバイトをする場合や、本業が終わった後にWebライターとして記事を書いたり、自分のブログを作成してアフィリエイト収入を得たりする場合などが挙げられます。

サイトを運営する人がサイト内で電子書籍のようなコンテンツや物販を行っても、それは副業の範囲内となります。

そして副業は、税制上は内容によって所得の区分が変わってきます。そのため、確定申告をする際には、副業の種類によって用意する書類が変わってくることに注意しなければいけません。

副業と所得の種類

副業の大まかな種類と所得区分ですが、上述のように本業のほかにアルバイトなどで給与をもらっている場合は「給与所得」となり、サイト経由で物販を行うなど、自分のビジネスとして収入を得ている場合は「事業所得」となります。

その他、アフィリエイトやネット記事の執筆料など、少額の場合は「雑所得」として区分されます。これら副業からの収入があった場合、会社員は必ず確定申告をしなければならないのでしょうか。

副業をはじめて間もない方は、「できれば面倒な確定申告はしたくない…」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は副業をはじめたからといって、必ずしも確定申告をしなければならないというわけではありません。

副業で確定申告が必要なのは?

副業において確定申告が必要になるのは、次の条件に当てはまる場合となります。

  • 給与を1か所から受けていて、ほかの所得金額が年に20万円を超えている場合
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超えている場合

※ただし、給与所得の収入金額の合計額から所得控除の合計額を差し引いた残りの金額が150万円以下で、さらに各種の所得金額の合計額が20万円以下の場合、申告は不要となります。

このように、本業から給与所得を得ている以外に、副業から給与所得を得ているのか、あるいはそれ以外の事業所得や雑所得などを得ているのかで扱いが変わってきます。より厳密には国税庁のホームページをご覧ください。

現在企業に勤めている方であれば、所得税や住民税に関しては会社が事務作業をしてくれているため、自分自身でやることは年末の源泉調整のみです。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

副業によって給与所得を得ている場合

本業の企業勤めによって給与収入があり、さらに副業によっても給与所得を得ている場合、必ず確定申告が必要となります。

会社からもらう給与明細を見ればわかりますが、毎月給与から所得税や住民税などの諸税が引かれています。それらと同様に、副業の収入にも所得税の支払い義務が発生します。

会社からの給与だけであれば、会社が天引きしてくれるため、年末調整などをすれば終わりですが、副業の場合には追加で税金を支払わなくてはいけない可能性があることを理解しておきましょう。

たとえば、平日は本業の正社員として企業勤めをして、週末に副業としてアルバイトをしているような場合、副業からの収入金額によらず確定申告をしなければいけません。

また本業と副業、2か所以上から給与収入を得ている場合、合算して確定申告をする必要があり、副業からの収入が給与収入ならば、たとえそれが20万円以下であっても確定申告をする必要があります。

副業により事業所得や雑所得を得ている場合

本業の企業勤めによって給与収入があり、さらにアルバイトやパートではなく、たとえばクラウドワークや自分のWebサイトからの物販収入などの事業所得や雑所得の場合は、所得が年間20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

さらに、事業所得や雑所得では、実際の売上から経費を差し引いたものが所得となるので、仮に売上が20万円を大きく超える額だったとしても、経費を差し引いて20万円以下であれば確定申告が不要となります。

副業パターン別の確定申告

アルバイト

本業だけでは生活に余裕がなく、アルバイトなどの副業をしている人もいるでしょう。本業の他にアルバイトなどの副業をする場合、アルバイト先からも給与をもらうことになるので、本業とは別に確定申告をする必要があります。

アルバイトをしている場合は、本業の給与の源泉徴収票と、副業先での給与の源泉徴収票の支払い額を合算し、そこから控除額等を差し引いて、課税の対象となる所得額を算出します。そこから、源泉徴収される税額を割り出すのです。

もし二つ以上の仕事を掛け持ちしている場合は、各仕事先の源泉徴収票をすべて持って税務署に行きましょう。

フリーマーケット

次に、自分で作った作品やいらなくなったものなどをフリーマーケットに出して収益を得たとします。これは「雑所得」という区分に分類されます。この場合、利益を得たのがどういう人かによって、確定申告の有無が変わってきます。

自分は職に就かず、配偶者の扶養に入っている専業主婦のような人がフリーマーケットに出品して利益を得た場合は、基本的に確定申告の必要はありません。また、販売者が会社に勤めて給与をもらっている場合は、売り上げが20万以下なら申告の必要はなく、20万円を1円でも越えれば確定申告の必要があります。

ブログのアフィリエイト収入

また、ブログをやっている人は、広告を貼り付けたりして収入を得ている人もいると思います。いわゆる「アフィリエイト収入」と呼ばれるものです。これも「雑所得」であり、フリーマーケット同様、経費を差し引いた所得が20万円以下ならば確定申告は必要ありません。

この場合の「経費」には、使用サイトのドメイン代などが含まれます。また、ブログ記事のために遠方に出かけたなら、交通費等も含めてOKです。

株の売買

株の売買で得た所得は「譲渡所得」に分類されます。株の売買も前述の2件と同様、基本的には20万円以上かどうかによって確定申告の必要性が変わってきます。

ただ、取引に使った口座が源泉徴収口座なのかそうでないのかによっても、確定申告が必要かどうかが変わってくるので注意しましょう。

源泉徴収口座の場合、証券会社が源泉徴収を行ってくれるので、仮に収入が20万円を越えていたとしても、確定申告の必要はありません。そして、源泉徴収口座でない場合は、収入が20万円以下ならば確定申告の必要がなく、1円でも上回れば確定申告をしなければなりません。

不動産収入

マンションを持っている人の場合、部屋を人に貸して家賃収入を得ている人もいると思います。その収入は「不動産所得」に分類されます。不動産所得の場合、基本的に確定申告が必要です。

本業がある場合、給与と不動産所得を合算して、控除額等を差し引いた額を確定申告します。ただし、本職の方で年末調整をした場合は、不動産所得とその他の給与以外の所得で20万円以下ならば確定申告をする必要はありません。

>>>確定申告サービスの特徴・詳細を知りたい方はこちら

サラリーマンの確定申告と所得税

上述の基準を受けて、本業をもっているサラリーマンが副業をした場合の確定申告について、具体的な所得税の計算式をみていきましょう。

所得税の計算式

所得税の計算は次のように行います。

  • 自分の「所得金額」を明らかにする。
  • 「所得金額」から「所得控除」を差引して「課税所得金額」を求める。
  • 「課税所得金額」に税率を掛け、実際に納める税金額を求める。

これが一般的な所得税額の計算方法ですが、これも副業が給与所得なのか、事業所得や雑所得なのかで考え方が変わってきます。

副業で給与所得を得ている場合

給与所得の場合は、だれかに雇われて給料をもらっているわけですから、もらう側は必要となった経費を考える必要はありません。

したがって、副業で給与所得を得ている場合、所得金額から「所得控除」を差し引いた「課税所得金額」が0になる場合、納める税金はなくなります。

「所得控除」というのは、私たちが日常生活を過ごすうえで必要となると考えられる諸々の要素に対して控除されるもので、扶養控除や医療費控除、保険料を支払っている場合などに関する控除があります。

給与所得を得ている場合は給与所得控除も受けられ、給与収入の額に対して一定額が差し引かれます。要するにこれが会社員の必要経費というわけです。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

事業所得や雑所得の場合

副業で事業所得や雑所得を得ている場合は、給与所得控除がない代わりに、収入を得るために必要となった経費を差し引けます。

当然、売上よりも経費が多い場合は所得金額が0となるため、副業に関して税金を納める必要はありませんし「売上-経費」が20万円以下となる場合、確定申告の必要はありません。
また、確定申告を青色申告で行っている場合は、経費にさらに「青色申告特別控除」に相当する分を加えられます。

青色申告に関しては、こちらの記事で詳しく扱っているので、ぜひ参考にしてください。

確定申告をするメリット

次に、副業をしている会社員が確定申告をするメリットについて解説しておきましょう。
会社が年末調整をしてくれる会社員のなかには、これまで確定申告をしたことのない方や、面倒だと思う方もいるかもれません。

当然、上述のように、副業が事業所得や雑所得であり、経費を引いた分が20万円以下の場合には確定申告の必要はありません。ただし、確定申告によって払いすぎていた税金が戻ってくるケースがあることも覚えておきましょう。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

還付金として過払い金が戻ってくる

税務署で所得の申告をすることによって税金を納めるわけですが、本業が会社員の場合、確定申告によって逆に還付金を受け取れるケースも少なくありません。

本業が会社勤めのサラリーマンの場合、会社が本人に代わって年末調整をしてくれます。ただ、そこで計算された所得税の金額と、自分で所得税を計算しなおした場合では、後者の方が税額が少なくなることがあるのです。

もし所得から控除できる類のもので、勤めている企業が把握できないようなものがあれば、自ら確定申告することによって、還付金として過払い分を取り戻せるようになる可能性が出てきます。

会社員が還付金を受け取れるケースについて簡単に挙げます。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

医療費控除

医療費控除とは、怪我や病気の治療にかかった医療費の一部を、所得税から控除することをいいます。

自分だけなく家族のために支払った医療費の負担額も控除でき、年間に医療費などの実質負担が10万円を超えた場合、その年の所得額から上限200万円以内で控除可能です。

ちなみに、年間の所得金額が200万円未満の場合は、所得金額の5%の額を超えた時点で医療費控除が受けられるようになっています。

雑費控除

雑損控除とは、自分の資産が災害・盗難などによって大きな被害を受けた場合に、損失の一部を所得から控除できるものです。対象となる資産は納税者本人か、配偶者などの親族となり、総所得金額が38万円以下の場合に適用されます。

ただし、これには事業用の資産や、生活するうえで必ずしも必要のないものは含まれないので注意しましょう。

寄付金控除

寄付金控除は、個人が公益団体に対して寄付した場合、寄付した額について所得控除などの税額控除を受けられる制度です。

寄付金控除には「所得控除方式」と「税額控除方式」の2つの計算方法があり、納税者本人がどちらかを選択できます。所得税額や寄付金の額によって、どちらが納税者に有利になるかは変わってきくるため、慎重に選択する必要があります。

詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

住宅借入金特別控除

住宅借入金特別控除とは、個人が住宅ローンを利用してマイホームの新築や増改築などを行った際、年末残高の合計額などをもとに計算した額を所得税額から控除できる制度です。

住宅ローンを組んだことのない人にとってはよくわからないかもしれませんが、要は住宅ローンに関わる利息の支払いが大きな負担となるケースが多いため、住宅ローンの約1%程度は税金から控除して負担を軽減させる制度と捉えてください。

住宅借入金特別控除が利用できる場合、控除額がそのまま返ってくる可能性があるので、他の控除制度と比べて還付金が大きな額になるケースが多いです。
利用できる人は、面倒がらずに確定申告をするようにしましょう。

確定申告をしないとバレるのか

もし確定申告が必要な方が申告せずに放置した場合どうなるか説明をしておきましょう。

上述のように、副業が事業所得や雑所得であり、1年間の収入が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

なかには本業以外の収入が20万円を超えている場合でも、何もせず放置している人もいるようです。

しかし、そういう人でも税務署の調査によって、いずれは所得額を正しく申告していなかったことがわかってしまいます。

特に近年は副業をする会社員が増加傾向にあるため、国税庁は、今後ますますそういった申告漏れの調査に乗り出してくることが予想されます。

>>>副業の確定申告が簡単にできる確定申告ソフトTOP3をチェックする

無申告加算税の恐怖

もし必要であるにもかかわらず確定申告を意図的にしていなかったり、忘れて放置してしまっていたりすると「無申告加算税」というものが課せられます。

これは申告しなければならない所得があったにもかかわらず、申告期限後も放置していたことに対するペナルティとして課せられる税であり、青色申告者でも白色申告者でも関係ありません。

無申告課税は、納税すべき税額が50万円までは15%、それを超えた分に関しては20%にあたる分の税額を納めなければならなくなります。

他にも利子税や不納付加算税といった付帯税も納めなければならない可能性もあるので、確定申告は期限内にしっかり行うようにしましょう。

申告をしなければ会社には副業はバレない?

副業を考えている会社員のなかには、会社にバレるのではないかと危惧している人もいるでしょう。

確かに、確定申告をすると本業以外の収入があることを勤めている会社に把握されるしまう可能性が高いです。住民税の特別徴収や所得税の増額などによって会社にバレてしまいます。これは手渡しでも振込でも関係なくバレるため、会社に秘密で副業を始めることはおすすめできません

したがって、事前に勤めている企業に副業の許可をもらっておくことがベストといえます。

人によっては、確定申告をすることで会社にバレてしまう可能性があることから、副業の確定申告をしないままにしておこうとする人もいます。

しかし上述のように、必要であるにもかかわらず確定申告をしなければ、相応のペナルティを課せられます。

そういうことのないように、必要な方はしっかりと確定申告をするようにしましょう。
近年は副業を許してくれる企業も増えているため、下手に隠し立てをせずに、しっかりと許可をもらって副業をするのがよいでしょう。

確定申告が初めてでも安心のサービス

確定申告の際に、必要な書類や、情報の記載などを全面的にサポートしてくれるおすすめの会計サービスを紹介します。

副収入がある方、フリーランスや個人事業主で「はじめて確定申告をされる方」は、 freee弥生青色申告 弥生白色申告 などの確定申告ソフトの中でもチャット・電話・画面共有操作といったサポートサービスもつかえるプランがおすすめです。どんな書類や手続きが必要かなのか含めて知るためにも活用すると、安心してスムーズに確定申告を完了させられます。

また確定申告を経験して作業を効率化したい方は、サポートなしのコストを抑えたプランがおすすめです。
各サービス、無料お試し期間があるものやトライアル価格のサービス使ってみて、自分に合うものを選んでみてください。

サービス名 無料トライアル内容 サービス内容
freee 30日無料お試しプラン(2,380円 / 月(税抜) 約確定申告書の作成・出力のほか、メール・チャットサポート、写真からの取り込み
弥生青色申告 ベーシックプラン:6,000円(税抜)/年 確定申告書のカンタン作成、電話・メール・チャットサポートが利用できます
弥生白色申告 ベーシックプラン:6,000円(税抜)/年 確定申告書のカンタン作成、電話・メール・チャットサポートが利用できます

freee

freee - freee株式会社

■ポイント1:確定申告の作業を大幅に短縮

freeeは、質問に答えていくだけで確定申告に必要な書類を作成できるため、はじめて確定申告をする方でも簡単に利用できます。

■ポイント2:スマートフォンで確定申告が可能

スマートフォンの専用アプリからも確定申告が可能です。また、レシートを写真で撮るだけで経費の計算もしてくれます。

■ポイント3:書類の提出までサポート

簡単に書類を作成してくれるだけでなく、提出までサポートしてくれるため、自宅で確定申告の作業を完結できます。

■ポイント4:freeeアプリストアで外部サービスと連携

freeeアプリストアはfreeeの連携アプリとユーザーが繋がるプラットフォームです。外部サービス連携や拡張機能のアプリを選んで連携することで、 freeeを便利に利用できます。

\無料で副業の税額診断が可能。はじめての確定申告も安心/

■一分で終わる無料税額診断

副業で利益を出した場合、納税額を把握する必要があります。freeeでは、登録不要で簡単に税額診断ができます。

やり方は、本業の見込み年収副業の見込み年収副業の経費の3点を記入するだけです。配偶者・扶養家族有無医療費・税控除額を記入するとより詳細に試算できます。

めんどうな計算は一切不要で、所得税住民税社会保険料個人事業税の金額が詳細に出てくるので、ぜひ利用してみましょう。

やよいの白色/青色申告オンライン

やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンライン

■ポイント1:電話サポート付が8,000円~と3社で最安

やよい白色/青色申告オンラインの電話サポート付きプラン(ベーシックプラン)の料金プランは白色申告で8,000円/年、青色申告で12,000円/年とfreeeやMFクラウド会計と比較しても最安です。

■ポイント2:クラウド申告ソフトでのシェアが55.4%でNo.1

クラウド申告ソフトシェアが55.4でNO.1の利用率です。(2018年3月MM総研によるクラウド会計ソフトの利用状況調査)2人に1人がやよいの会計ソフトを使用しています。

■ポイント3:業界最大規模の座席数740席のカスタマーサポート

他会計ソフトと比較しても座席数740席とカスタマーサポートが充実しています。電話サポート付きのベーシックプランを選べば「仕訳」「会計ソフトの使用方法」の相談も可能です。

\電話サポート付きプランが8,000円~/年と安い!/

クラウド確定申告(マネーフォワード)

■ポイント1:5つのサービスがセットのプランが2,900円~/月と最大72.1%お得になる

マネーフォワード クラウド会計独自のマネーフォワードクラウドバリューパックは確定申告・請求書・経費・給与・マイナンバーの5つのサービスを2,900円/月~利用できます。

■ポイント2:電話サポート付プランが17,200円/年

やよいの会計ソフトと比較すると価格は高いですが、17,200円/年で電話サポート付きプランを選べます。確定申告の経験が少ない人には、電話サポートプランは必須です。

■ポイント3:無料で利用可能なフリープランが使える

クラウド確定申告は完全無料で使えるフリープランが用意されています。年間仕訳件数が50件と制限がありますが、仕訳件数が少ない人にとっては有り難いサービスです。

\仕訳件数50件以下なら無料で使える!/

確定申告の方法と注意点

自分で確定申告をする方法は2つあります。提出を急いでいる方や、はじめて確定申告をする方は、パターン1がおすすめです。

はじめて確定申告をする方の確定申告【パターン1】

  1. 確定申告書の作成

freeeなど、確定申告をカンタンに済ませられるサービスでフォームにそって必要項目を入力し、確定申告書を作成。

2.確定申告書の提出

提出方法は、「書類を印刷」して、税務署に郵送または窓口に提出Web上で提出ができる「e-Tax」をつかった提出から選べます。

「e-Tax」で提出する場合、税務署に行く必要はなくなりますが次の2点準備が必要です。

  • ICチップ付きのマイナンバーカードまたは住民カードが必要
  • 専用のICカードリーダの購入が必要(1000〜5000円程度で購入可能)

※Androidのスマートフォンでは一部、カードリーダ機能を搭載しているものもあります。

国税庁のサービスを利用して提出【パターン2】

  1. 確定申告書の作成

国税庁「確定申告書等作成コーナー」で確定申告書を作成

  1. 確定申告書の提出

提出方法は、「書類を印刷」して、税務署に郵送または窓口に提出Web上で提出ができる「e-Tax」をつかった提出から選べます。

「e-Tax」で提出する場合、税務署に行く必要はなくなりますが、次の2点準備が必要です。

  • ICチップ付きのマイナンバーカードまたは住民カードが必要
  • 専用のICカードリーダの購入が必要(1000〜5000円程度で購入可能)

※Androidのスマートフォンでは一部、カードリーダ機能を搭載しているものもあります。

副業収入が20万円未満でも住民税には要注意

住民税はすべての収入を基準に算出されるため、副業での所得金額が20万円未満でも申告が必要です。もし確定申告を行っていれば同時に住民税への申告もされますが、もし確定申告をしていない場合には、直接住民税の申告を行わなくてはなりません。

副業における確定申告の仕組みを理解して、正しい対応を

会社勤めが本業のサラリーマンが、副業によって事業所得や雑所得を得ている場合、その額が20万円を超えると確定申告が必要となってきます。

また、副業からの収入も給与所得だった場合はそれだけで確定申告の対象となるため注意しましょう。

たとえ小遣い稼ぎのつもりで副業をしていたとしても、人によっては額が大きくなって確定申告の必要が出てくる可能性があるので、気になる人はぜひ自分の副業の収入をチェックしてみましょう。

ここまで確認して、確定申告の必要があるとわかったら、税務署へ行きましょう。基本的に必要なものは、給与所得者で確定申告の必要があるなら所得の源泉徴収票社会保険料控除の証明書医療費の明細住宅ローンの控除証明書などです。

個人事業主が確定申告を行う場合も基本的には上記と同様で社会保険控除の証明書、医療費控除証明書、住宅ローン控除証明書などです。別に給与所得がある場合は、源泉徴収票も必要です。

ただ、個人事業主の場合は白色申告なら既述のもので問題ありませんが、青色申告は追加で青色申告決算書が必要です。

どの証明書が必要なのかがわからなければ、税務署に直接聞いてみるのも一つの手段です。