5Gで何が変わる?4K・8Kのライブ映像や自動運転、無人レジ

最終更新日: 公開日:
5Gが普及すれば、身の回りの大半をIoT化し家事や仕事を自動化できる未来が予想されます。また、自動運転やスポーツ観戦、ゲーム、ショッピングといった分野にも大きな影響を与えます。5Gによって何が変わるのかを解説します。
5Gで何が変わる?4K・8Kのライブ映像や自動運転、無人レジ

5Gが起こす革新

5Gとは第5世代の移動通信システムのことで、現在主流の4Gと比べて次の点が進化しています。

  • 大容量かつ高速な通信
  • 遅延の大幅な軽減
  • 多数のデバイスを同時接続

5Gは自動運転や遠隔治療といった技術に応用できます。また、高精度かつリアルタイムの映像が必要なVR/ARでも活用されるでしょう。4K・8Kといった大容量の映像コンテンツをストレスなく送受信できるため、エンターテイメント分野も発展するのではないかと予測されています。

5Gの概要をさらに知りたいは、次の記事をチェックしてください。

5Gと4Gの違い

4Gから5Gに変わることで、通信速度は20倍、遅延は10分の1、デバイスの同時に接続できる台数は10倍になるといわれています。これまで30秒以上かかっていた動画のダウンロードがたった3秒で完了するなど、いままで不便だった多くのポイントが5Gによって解決します。

5Gは2020年3月にスタート

日本では5Gが2020年3月から大手キャリアによってスタートしており、ドコモやauからは5G対応のWi-Fiルーターもリリースされています。

各キャリアの5Gへの対応や、サービスのリリース状況は、次の記事を参考にしてください。

生活・ビジネスがIoT化

5GによってIoTが実現し、スマートホームやスマートオフィスが可能になります。スマートフォンやパソコン、タブレットだけでなく、家電をはじめとした身の回りの電子機器を離れた場所から操作可能です。そのため今までの生活や働き方に大きな変化をもたらすといわれています。

新たなビジネスの誕生

4Gが発表されたとき、IT分野において多くのビジネスが生まれました。同様に、今回の5Gでも新たなビジネスが誕生すると考えられています。5Gでは高速かつ大容量の通信が可能になるため、画期的なビジネスが登場することはほぼ間違いありません。今では想像できないことが気づけば当たり前になっている可能性は十分にあります。

たとえば、ドローンを利用したビジネスは、通信が安定しなければ飛行可能距離に制限があります。しかし5Gにより長距離飛行が可能になるとサービスの幅が広がります。

5Gで変わること

5Gによって、変化が期待される項目をいくつか紹介します。ライブ映像やスポーツ観戦といったエンターテイメント分野をはじめ、医療やショッピングなど多くの面で変化が生まれるでしょう。

4K・8Kのライブ配信

ライブ配信は4Kあるいは8Kが一般的になるでしょう。速度制限や画質劣化といった、4Gにおける動画視聴時の不満は多くが解決されます。そのため動画ビジネスはより活性化するでしょう。5Gの高速大容量の通信を活かしたコンテンツに期待がなさています。

5Gによって実現する4Kや8Kといった解像度の解説は、次の記事で確認できます。

ゲームのクラウド化

5Gによって高精度な映像をリアルタイムで配信できる、eスポーツがさらに発展するといわれています。通信容量やタイムラグが改善されるため、ゲーム業界は大きな変化を迎えるでしょう。

ソフトを事前に購入したりデータをインストールしたりしていたゲームタイトルも、クラウドでプレイできるようになるでしょう。もしクラウドでゲームが完結するのであれば、専用機器が不要になる可能性もあります。また、ゲーム分野におけるサブスクリプション(継続課金)化も広がるとの予測があります。

スポーツ観戦をリアルに行う

5Gによって、スポーツ観戦をよりリアルにストレスなく楽しめます。チケットの紛失で困ることや映像の遅延によるイライラは解消されるでしょう。試合中に選手を分析するシステムが構築されればエンターテイメント性がさらに高まります。

また、AR/VRの技術と掛け合わされば、観戦の仕方も変わると予想されます。たとえば、スタジアム映像とCGアニメーションを組み合わせ、ファンタジックな空間で選手たちがプレイしている演出も設定可能です。

無人レジの普及

5GとAIを組み合わせたネットワークの構築によって、無人レジや商品流通に大きな影響を与えます。

無人レジの実現は、スーパーマーケットはもちろん、人手不足で対応が難しいとされているコンビニの24時間営業も解決できるでしょう。またレジ作業が不要になることで、従業員を顧客満足度の改善に専念させられます。

遠隔治療をどこからでも行える

5Gは医療分野に大きな変革をもたらします。デバイスが反応するまでの遅延時間を限りなく0になるため、遠隔地医療が近い将来実現されるでしょう。

高精度の画像により遠隔治療が世界中どこからでも可能になると予測されます。特定の病気に対して専門医のいない国でも、遠隔治療によって外国の専門医が手術できる未来もそう遠くないはずです。

遠隔治療に通常の5Gに加え、特定の地域内にて利用できるローカル5Gが活用されていくでしょう。ローカル5Gの解説は下の記事にて行っています。

テレビはスマートフォンで見る時代へ

動画配信サイトの普及によってテレビ離れが指摘されている昨今、5Gの普及によってスマートフォンで動画を視聴するケースはさらに増えるでしょう。

テレビ局では、スマートフォンでテレビを見られるようにする動きが起きています。NHKでは「NHKプラス」というサービスを2020年3月から始め、放送と同時にインターネットでも視聴できるようになりました。将来的にはテレビをスマートフォンやタブレットで視聴することが当たり前になるかもしれません。

5Gによって今の生活は大きく変わる

5Gの本格導入によって今の生活から何が変わるのか、具体例を挙げて紹介しました。5Gの実現は私たちの生活を大きく変えます。自動運転や遠隔操作による治療など、これまで想像できなかった世界になる可能性を秘めています。

産業分野だけでなく、私たちの生活も徐々に変わることが予想されます。生活の変化に対応できるように、5Gについて理解を深めておきましょう。