ライター・英日翻訳家 森本進也

IT、経営、マーケティング領域において国内外の最新トレンドを追っています。ビジネス書の書評・要約も手がけています。詳細はこちらを参照。

執筆記事数: 4
製造業の新たな生存戦略「メイカーのエコシステム化」SOLIDWORKS、シーメンスも
製造業の新たな生存戦略「メイカーのエコシステム化」SOLIDWORKS、シーメンスも
近年、Google、Appleなど自社プラットフォームにパートナー企業を巻き込み成長するIT企業の躍進が目立つ。製造業においてもパートナー企業を巻き込みながらエコシステムを創出しビジネス基盤を盤石にする企業が出現している。2月4~7日まで米国ロサンゼルスで開催されたSOLIDWORKS World2018 で、製造業で進むエコシステム創出の動向が明らかになった。
2020.08.07 10:42
スタートアップ・スタジオが、世界経済の「重心」を変える
スタートアップ・スタジオが、世界経済の「重心」を変える
失敗を最小限に抑える新たな組織形態「スタートアップ・スタジオ」が話題となって久しい。新たなイノベーション創出モデルとして先進国のみならず新興国でも注目されるスタートアップ・スタジオは、欧米、中南米、アジアを含む世界中で同時多発的に増殖中だ。今回は、中南米などの新興国でスタートアップスタジオが躍進する背景とその影響について考察をまとめた。
2018.04.11 06:30
中国の信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用・セサミクレジット)」が普及したワケ
中国の信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用・セサミクレジット)」が普及したワケ
中国における信用スコアの普及が話題となっている。従来、金融業界で利用されてきたクレジットスコアは、あくまでもクローズドな情報であったが、現在の中国における信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用、セサミ・クレジット)」はよりオープンに利用され、一般人の生活や行動様式を変えつつあるという。
2018.02.06 12:30
アマゾンはなぜ勝ち続けられるのか?ジェフ・べゾスに学ぶ「後悔を最小限にする思考」
アマゾンはなぜ勝ち続けられるのか?ジェフ・べゾスに学ぶ「後悔を最小限にする思考」
ECサービス最大手として君臨するアマゾン。しかし、2000年前後はアマゾンと似たECサービスが雨後の筍のごとく誕生し消えていった。 アマゾンはEC業界で圧倒的な立場を築き上げたわけだが、その要因の一つが、CEOジェフ・ベゾスの行なってきた「とある思考」だ。
2017.11.28 00:34