経営・投資

経営資源とは | ヒトモノカネ情報を有効活用・配分する方法 - 経営手法
経営資源とは | ヒトモノカネ情報を有効活用・配分する方法 - 経営手法
経営資源はヒト・モノ・カネ・情報から構成されています。これらをプロダクト・ポートフォリオ・マネジメントという方法をもとに、「問題児」や「花形」などに適切に配分することによって、より効率の良い経営を行うことができます。経営資源は経営者なら必ず知っておきましょう。
2020.06.16 18:34
楽天証券のポイント投資のやり方|投資信託の購入方法・初心者ガイドまとめ
楽天証券のポイント投資のやり方|投資信託の購入方法・初心者ガイドまとめ
楽天証券ポイント投資とは、楽天証券のサービスで楽天スーパーポイントを使って100ポイント(≒100円)から投資信託を購入できるサービスです。楽天証券の口座と楽天スーパーポイントさえあれば誰でも気軽に投資信託を使った資産運用ができます。楽天証券ポイント投資のやり方について説明します。
2019.12.10 16:41
セゾンポイント運用のやり方・評判・口コミ | 5つのコースでどれがおすすめ?
セゾンポイント運用のやり方・評判・口コミ | 5つのコースでどれがおすすめ?
セゾンポイント運用は投資信託と連動して永久不滅ポイントを増減させる疑似的に投資が体験できるサービスです。本記事ではセゾンポイント運用の概要とやり方と共に、評判・口コミから分析したメリット・デメリットについて解説します。また、5つの投資コースそれぞれの特徴についても説明します。
2019.10.30 10:41
セゾン「永久不滅ポイント」とは?交換方法・還元率 - 賢い貯め方と運用サービスも
セゾン「永久不滅ポイント」とは?交換方法・還元率 - 賢い貯め方と運用サービスも
セゾン「永久不滅ポイント」はセゾンカードやUCカードを利用すると付与されるポイントのことを指します。ポイントには有効期限がなく、アイテムや電子マネーと交換できます。本記事では永久不滅ポイントの概要について説明し、ポイントの交換方法や還元率、賢い貯め方、増やし方について解説します。
2019.10.04 11:41
インヴァストカードの評判 | 還元率や年会費 - 自動ポイント投資の魅力とは
インヴァストカードの評判 | 還元率や年会費 - 自動ポイント投資の魅力とは
カード利用で貯まったポイントを利用して、自動で資産運用を行ってくれるインヴァストカードについて紹介します。ポイントの現金化から投資まですべて自動で行われるので、投資の知識がなくても気軽に資産運用を行えます。気になる還元率や年会費、そして自動ポイント投資の魅力まで紹介するので、ポイント投資が気になる方はぜひ参考にしてください。
2019.10.03 13:52
楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースの違いとは|メリット・デメリット徹底比較
楽天証券ポイントコースと楽天スーパーポイントコースの違いとは|メリット・デメリット徹底比較
楽天証券を利用する際のポイントには楽天証券ポイント、楽天スーパーポイントの2種類があります。結論的には楽天スーパーポイントの方がお得ですが、なぜそうなるのか、お得に楽天ポイント投資をするためにはどうすれば良いのかについて説明します。
2019.09.30 17:03
「オープン・イノベーション」でゲームチェンジャーは生まれるか
「オープン・イノベーション」でゲームチェンジャーは生まれるか
企業間の連携を推進するオープン・イノベーションへの取り組みが活発化している。ソフトバンクとトヨタの共同出資会社であるMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は3月28日、「MONETコンソーシアム」設立を発表した。JR東日本、サントリー、三菱地所など計88社が参加し、各社が持つ技術や知見を持ちより、モビリティイノベーションを目指すという。オープン・イノベーションが必要とされる背景や、現場レベルでの課題などを調査データからまとめた。
2019.04.09 15:03
飲食店向け食材ECベンチャー八面六臂、松田雅也代表は「資金調達後の危機」をどう乗り切ったか
飲食店向け食材ECベンチャー八面六臂、松田雅也代表は「資金調達後の危機」をどう乗り切ったか
柳谷智宣のホットベンチャー・ケーススタディ。今回は、飲食店向けの総合食品EC事業を手がける八面六臂(はちめんろっぴ)代表取締役松田雅也氏にインタビューを実施。同社の歴史を振り返りながら、創業の経緯から急成長期、資金調達後に起こった組織の危機、第二創業期を迎えた現在と今後の展開について話を聞きました。
2018.09.03 05:00
CSランキング野村證券がトップ 個人投資家の資産運用、ネット証券はSBIが人気
CSランキング野村證券がトップ 個人投資家の資産運用、ネット証券はSBIが人気
CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの専門機関であるJ.D.パワー ジャパンは7月11日、2018年個人資産運用顧客満足度調査の結果を発表した。それによると、証券会社や銀行など金融機関の業態による満足度格差が顕著になっているという。また満足度ランキングでは、対面証券部門で野村證券、ネット証券部門でSBI証券がトップとなった。
2018.07.18 14:15