会計ソフトの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
この資料は14ページあります。続きは請求してください。

お役立ちガイドが無料で読めます!


何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは会計ソフトのサービスについてまとめています。
利用規約に同意の上
ダウンロード後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
掲載企業:
freee株式会社,
弥生株式会社

会計ソフトサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
連携金融機関
クラウド会計ソフトにおいて重要ポイントは連携金融機関のバリエーションです。このバリエーションが豊富であればあるほど、手間が省けて業務効率が向上します。連携金融機関が少ないとて入力する必要があり、ミスを犯す危険性が高まります。クラウド会計ソフトでは、費用を抑えることも大事ですが、業務効率がどれだけ向上するかが重要になってきます。
2
サポート体制
会計業務は、今では自動仕訳やデータエクスポートの技術の進歩により、専門知識が必要なくなってきています。しかし、時折自動でできずに、人の手によって入力しなければならないことがあります。また、自動で入力されたものを修正するときがあります。このときにサポートを利用することになるので、サポート体制は見落としがちですが重要な比較ポイントです。
3
使用感
クラウド会計ソフトは毎日利用するシステムです。使用感は非常に重要です。

会計ソフトサービスの一覧


手間なし
費用なし
会計ソフト
6
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
会計ソフト
6
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


会計ソフトの基礎知識


1
クラウド会計ソフトとは

初心者には難しい会計業務をワンストップで効率的かつ、簡単に行うことが出来るのがクラウド会計ソフトです。
会計に関する知識が必要とされる会計業務ですが、仕分けの自動化や計算の自動化などにより、初心者でも会計業務を行えるようになります。
クラウドサービスなのでブラウザ上で利用します。そのため、常に最新のシステムを利用でき、データもクラウドサーバー上で扱われます。

2
クラウド会計ソフトの基本性能

・仕分け入力
・帳簿の出力
・決算書への出力
・税務報告
・予算管理
・経費精算
・債権・債務管理
財務会計や債券・債務管理、管理会計の業務に対応するクラウド会計ソフトです。
初心者にはハードルの高い会計業務ですが、会計管理サービスを利用すれば、操作の分かりやすさや多様なヘルプ機能により、簡単に会計業務を行えます。決算処理や税務報告までもワンストップで行えます。青色申告や確定申告などの煩雑な作業まで行えるクラウド会計ソフトもあります。
上記の業務は会社の経営状況を指し示す指標となります。しかし、従来のシステムでは税理士からの書類待ちで時間が取られる、タイムラグが生じていました。しかし、クラウドサービスならレポートをいつでも出力できるようになるため、最新情報をもとに経営判断を下せます。
また、特商法など会計制度に関する法律は比較的頻繁に改正が行われますが、クラウドサービスならば、常に最新のシステムを利用できるため、法改正にも柔軟に対応可能です。データはクラウドサーバー上に保管されるため、データ消失のリスクを減らすことも出来ます。

3
クラウド会計ソフトはなぜ必要か

・業務効率化
毎月、経理データを入力していれば、経理担当者に大きな負担になり、社内の生産性が落ちてしまいます。負担軽減・生産性向上のために、簡単に会計業務を行えるクラウド会計ソフトは重要なツールとなるでしょう。
・正しい経営判断を迅速に下すため。
会計データを見ることによって、自社の経営状況を客観的に見ることが可能になります。そして、リアルタイムの経営状況を常に見られるようにしておくことも重要です。正しい意思決定・業績評価を行うためにも、簡単かつ迅速にレポートを作成出来るクラウド会計ソフトは経営者の強い味方になります。

4
クラウド会計ソフトを導入するメリット

・WEB明細の自動取得
・レポート作成
・クラウド上で管理されるため、管理者が何もせずとも、機能拡張やバージョンアップが可能。
・管理者が新たにプログラムを用意する必要がない。
・新しい端末を導入する際も、端末ごとに設定をする必要がなく、端末導入が簡略化される。
・大量のデータを参照する場合にも、高性能なクラウドサーバー上で処理される。
WEB上で経費支払いなどを行うことが多い方にとって、WEB明細の自動取得はメリとの大きな機能です。面倒な経理データの入力業務が省略され、簡単に帳簿を作成することができます。また、一部サービスでは明細毎に科目を事前に設定できるため、明細の取得と同時に仕分けまで自動的に行われます。
経理・会計に関するレポートを簡単に作成できるため、素早い業績評価が可能になります。税理士に提出した場合のタイムラグが無くなります。また、最新のデータをもとに経営判断を下せます。
クラウドサービスなので、利用者は常に最新のシステムを利用することができ、法改正にも柔軟に対応可能です。管理者の管理業務の負担も減らすことができます。
バックオフィス業務の効率化は経営者も、これから会社設立を考えている方にとってもメリットが大きいです。

5
クラウド会計ソフトを導入する際のデメリット

・サーバーからのレスポンスを待ち作業が終わらなければ、次の作業へと進むことが出来ません。
・サーバーのハイスペック化や分散化が必要。
・セキュリティに対するケア要素が多い。
・ランニングコスト
クラウドサーバーの利用はメリットが多い反面、セキュリティやサーバーからのレスポンスなどにデメリットが生じます。
サーバー上で全て完結するため、サービスを利用している間は、常にサーバーに負荷がかかります。もちろん、同時利用者が多いほど、サーバーへの負荷も大きくなります。自社サーバーのハイスペック化や分散化などを行う必要な場合があります。もし、サーバーへの負荷がそのスペックを超えれば、レスポンスは遅くなり、サービス利用者の作業効率も落ちてしまいます。簡単に会計業務を行える会計管理クラウドサービスにも関わらず、サーバーの性能が追い付かないがために、却って作業効率が落ちたという事態を避けるためにも、サーバーに対する処置は必要かもしれません。
また、費用面に関しては、クラウド会計ソフトの支払は月額です。クラウド会計ソフトはシステムの移行に大変な労力がかかるため、同じシステムを長期間利用することになります。そのため、ランニングコストが長期間かかってしまいます。

6
クラウド会計ソフトの比較するべきポイント

・操作性、使い勝手
膨大な量のデータを処理することになるクラウド会計ソフトを選ぶうえで、会計業務を素早く終えるためにも操作性は非常に重要です。また、クラウド会計ソフトによって入力項目は異なるので、自社に必要な入力項目を適切にそろえているシステムを選ぶことも操作性の観点から重要です。
操作性を確かめるためにも試用期間を確認するのもいいかもしれません。
・料金
初期費用ももちろん重要ですが、月額費用はとても重要です。クラウド会計ソフトは長期間利用することになるため、ランニングコストが馬鹿になりません。長期間使うことを前提に、費用を考えましょう。
・対応金融機関・カード会社
WEB明細がクラウド会計ソフトのメリットですが、サービスによって取り扱い金融機関が異なります。自社が必要とする金融機関に対応しているかは必ず確認しましょう。

7
クラウド会計ソフトの導入に成功するため、失敗しないためのポイント

・「誰のためのクラウド会計ソフトか?」を明らかにする。
クラウド会計ソフトは利用者と管理者が求める機能にギャップが生じやすいサービスと言えます。例えば、利用者は面倒な作業を避けて効率的に伝票入力を行いたいと考えます。しかし、管理者は煩雑な管理はしたくないと考え、利用者側にある程度の要望を出します。
このようなギャップを導入前に確認し、ニーズをすり合わせることが必要でしょう。
・自社に必要な機能要件を事前に確認する。
これはどのサービスにも共通して言えることでないでしょうか。クラウド会計ソフトのメリットとして、WEB明細の自動取得が挙げられますが、経費支払いが現金・ATM振込みがメインの方にとっては、このメリットを享受できず、費用対効果が低くなってしまいます。企業ごとに必要な機能要件を決めてからサービスを選定しましょう。
・クラウドサーバーの安全性
経理データの流出は避けなければなりません。お客様のデータを扱う会計事務所であればなおさらでしょう。そのため、データを扱うクラウドサーバーの安全性は必ず確認しましょう。